icon-plane【スタダイス広場】TheStadthuys

【スタダイス広場】TheStadthuys

 

500年の歴史の紐をといてみる、スタダイス広場。

 

日本では通称「オランダ広場」と呼ばれるこちらの広場、

他に「Stadthuys」とも言われます。地元の人達がこの広場を呼ぶ時には、

「クロックタワー」。マラッカで一番のランドマークです。

 

 

じつに様々な愛称で親しまれているんですね♪

それもそのはず、この広場は様々な歴史的建築物が集合しているんです。

 

旅行雑誌でもおなじみの赤い教会は「セント クライシス教会」

そしてその横に建てられているのが「Stadthuys」(スタダイス)

※写真2枚はWIKIより

 

スタダイス広場が作られたのは、オランダ統治時代であった1650年。

1641年にポルトガル支配から、オランダの植民地になった9年後に建てられました。

当時はオランダ領の統領の邸宅でしたが、現在は博物館として機能しています。

ここではマラッカ王国〜ポルトガル統治〜オランダ統治、その後イギリス統治、

日本の侵略を経て、独立に至るまでの複雑な歴史を紐解くことが出来ます。

この統一感ある町並みも、一気に出来た訳ではないんですねー。

他に涼しい気持ちにさせてくれる広場の噴水は、

1904年にビクトリア女王即位60周年を記念し、建築されました。

 

 

セントフランシスコ教会から、このスタダイス広場までは、まっすぐ行くと2、3分で

届いてしまう距離ですが、この2つを結ぶ間の建物は全て赤く塗られており、

とってもノスタルジック。この辺りの町並みは、どこを切り取っても素敵で、

映画さながらの雰囲気です♪

 

 

裏手にはマラッカリバーが広がり、これもまた異国情緒がたっぷり。

 

 

さてこちらの見所は、博物館はもちろん、その周囲を彩る華やかなトライショー。

そう、ここはトライショーがあつまる集合場所でもあります。

 

 

まずは徒歩圏内に博物館などが多数あるため、それらを鑑賞してから

トライショーに乗るのがオススメ。歴史的建築物が多く見られるマラッカ観光。

スタートはまずここからです。

 

昼も素敵なスタダイスですが、夜もこれまた非常にエキゾチック。

デコレーションされたトライショーから音楽が鳴り響き、ひらひらと蝶のように舞っています。

さらに小鳥達が夜遅くまで大音量で泣いているため、なんだか自分がどこにいるのかわからなくなる程、

摩訶不思議な世界を体験出来ます。

 

 

【オランダ広場(TheStadthuys )】

The Stadthuys Jalan Gereja 75000 Melaka

☎606-284-1934

開館 9am-6pm 金曜12pm-2:45pm(月曜休館)

入場料 5RM 子供2RM

MAP


大きな地図で見る