icon-planeマレーシアのお土産に最適な店「クニャクニャ」(Kerepek Kunyakunya)

マレーシアのお土産に最適な店「クニャクニャ」(Kerepek Kunyakunya)

 

マレーシアのスーパーマーケットやガソリンスタンドなどで、透明の袋や赤い蓋のついたプラスチックケースに入ったスナック菓子を見かけることはないだろうか。これはマレーシアでは昔から作られているお菓子。今回はセランゴール州観光局の紹介で、クアラ・セランゴールにある「クニャクニャ」を取材した。

 

クアラ・セランゴールにある「クニャクニャ」はマレーシアの伝統的なスナック菓子屋ケーキを製造・販売する店だ。各種バナナやタピオカの揚げ物、バナナやパイナップルを使ったケーキなどが楽しめる。

 

 

マレーシアにはこうしたローカルスナックを売る店は少なくない。ジャガイモやタピオカ、バナナなどのローカル素材が多く、田舎に行くと自宅で作っている家庭も少なくないのだそう。値段は大手メーカーのスナック菓子に比べると少し高めだが、イスラム教の断食月明けのお祭りや、中華正月などに供されることが多い伝統的なお菓子だ。

 

バナナスナックにもいろいろな種類が

 

似たような店は多いが、この「クニャクニャ」はセランゴール州政府の公認の店で、推薦を受けて行った。KunyaKunyaとは「むしゃむしゃ」「もぐもぐ」のような食べているときのマレー語の擬音なのだそう。

 

店に入って右側にはたくさんの試食コーナーがある。意外に見かけと味が一致しないものもある。試食してから買うのがオススメだ。一番人気は玉ねぎのスナック「K Gawang」。オリジナルとチキン味があり、このチキン味に特に人気があるという。タピオカやバナナの揚げ菓子は、マレーシアのお土産にも良い(ただし、あまり長いこと保存していると味が落ちるので、すぐにあげるのがオススメだ)。バナナと一口に言っても大きさはさまざまで、中には全く甘さを感じないものもあった。

 

 

また、この店ではお菓子作りの厨房の見学も可能。訪れたときは、厨房では2人の女性が働いており、玉ねぎのスナックを大鍋で揚げているところや、イチゴジャムの入った小さなカステラを作っているところを見せてくれた。玉ねぎのスナックは、専用の器械に入れると生地が薄くスライスされて出てくるので、これをざっと揚げて味をまぶし、袋詰めするというシンプルな行程だ。

 


 

一袋8-20RMほどで、サイズや素材によっても違いがある。クアラセランゴールの観光帰りに、お土産を買いに立ち寄るには最適だ。なお、オンラインでも販売してくれるそうだ。

 

 

Kerepek KunyaKunya

Lot: 207 Bt 7,
Jalan Besar Tanjung Karang,
45500 Tanjung Karang.
Selangor Darul Ehsan
0176619525

https://www.facebook.com/kunyakunyaofficial/

https://www.facebook.com/kunyakunyaofficial/

017-661 9525