icon-plane【知っておきたい外国人観光客に対する免税システム】

【知っておきたい外国人観光客に対する免税システム】

 

2015年4月から導入されるマレーシアのGST レシートをお忘れなく

 

マレーシアで2015年4月より物品サービス税(GST)が導入されます。

こちらのGST制度では、外国人も物品購入時にはGSTを支払う必要がありますが、

一部の条件を満たした場合、免税システムを利用する事により

GSTの払い戻しを受けるというものです。GSTの導入時期が迫っている事もあり、

外国人観光客に対するGSTの周知活動を実施中。現在発表されているシステムを

もう一度おさらいしてみましょう。

 

 

 

【免税システムを受けるための条件】

 

・まずTRS登録販売店で購入すること。

・マレーシアの国籍、およびマレーシアの永住権を所有しておらず、有効な

パスポートを保持している事

・対象商品の購入日からさかのぼって過去3ヶ月以内にマレーシアで雇用されていない事。

・マレーシア国内にある以下の8つの国際空港のうち、いずれかの空路でマレーシアから

出国する事。

 

−クアラルンプール国際空港

−ペナン国際空港

−ランカウイ国際空港

−コタキナバル国際空港

−クチン国際空港

−セナイ国際空港(ジョホールバル)

−スバン国際空港

−マラッカ国際空港

 

・マレーシア出国日からさかのぼって過去3ヶ月以内に申請する商品を購入している事。

・同一販売店での合計購入額が消費税を含め300RMをこえる場合は、異なる日に購入して

合計300RM以上になれば可能。

 

 

【免税システム対象外の製品概要】

 

・ビール、ワイン、スピリッツ、麦芽酒

・タバコ、タバコ製品

・貴金属、宝石

・購入後に全て、あるいは部分的にマレーシアで消費されているもの

※衣類で税府請求書がついている場合を除く。

・法律上輸入が禁止されているもの

・機内持ち込み手荷物もしくはチェックイン預け荷物としてマレーシア国内へ

持ち出されないもの。

 

 

【購入する店舗(登録販売店)で必要となる手続きの概要】

 

・有効なパスポートの提示(GST還付請求の権利を有する事の証明)

・購入した対象製品のTAXinvoice(領収書)の原本、もしくはレシートの受け取り

・消費税(GST)払い戻し請求用紙(原本)の受け取り

 

 

【消費税(GST)払い戻し手続きの概要】

 

国際空港にはGST税関払い戻し申請カウンターがあるので、そこで以下の物を提出します。

−観光客の国際パスポート原本

−航空券または搭乗券(出国の証拠として必要)

−購入品(宝石及び貴金属等は密封したビニール袋に梱包済み)

−TAXINVOICEまたは領収証の原本

 

※上記の内容は変更の可能性があります。

都度カウンターにて免税システムを確認しましょう。