icon-plane気候と服装

気候と服装

 

年間を通じて暖かく過ごしやすいマレーシア

 

赤道に近いマレーシアは、年間を通じて暖かい亜熱帯気候となっています。平均気温は27℃〜33℃。ビーチリゾートの乾期では毎日30℃を超えますが、国内の高原リゾートなどは涼しく、常春の気候となっており、朝晩はジャケットが必要なこともしばしばあります。国内の季節は乾期と雨期にわかれており、雨期には毎日夕方頃に激しいスコールが降ります。雨期でも1日中雨が続くことはまれで、雨期のスコール後の夜は涼しく快適です。

 

 

旅行のベストシーズン

 

年間を通してベスト

マレー半島西海岸及び南部では1年を通して旅行が楽しめる。 雨季も一日中雨が降っていることは少ない。

クアラルンプール ・イポー・ペナン・マラッカ・ジョホール

 

雨期以外のシーズンがオススメ

マレー半島西海岸のランカウイやパンコール島・ペナン島のリゾートも一年中楽しめるが、雨季(12月〜2月)は雨が多くなるので、海を満喫するなら乾期がオススメ。

ランカウイ・パンコール 

 

東マレーシア 東マレーシアでは、10ー3月にかけて、北東モンスーンの影響で、雨が多くなるが、年間を通してダイビングは可能。

コタキナバル・サンダカン

 

雨期クローズ

マレー半島東海岸では10月から3月にかけて北東モンスーンの影響を受け雨が多い。洪水も頻繁に起きており、ダイビングもできず、宿泊施設などもクローズする。 

レダン島 ティオマン島

 

マレーシアで注意したい季節

ヘイズ

マレーシアでは主にインドネシアの焼畑農業などの影響で、ときにヘイズと呼ばれる大気汚染が起きる。ヘイズ中は大気が焦げ臭い匂いになり、視界も煙で見えにくくなる上、健康上も良くない。指数が高い時期には学校が休校になったり、フライトがキャンセルされたりすることも。

ヘイズは雨の少ない時期に多く、近年では、2−3月、6月、8ー11月に起きている。渡航前に念のため、新聞などでヘイズのニュースが出ていないかチェックしておこう。(マレーシアマガジンでもヘイズの情報をお知らせしています) 洪水 雨季(11-2月)にかけて、マレー半島の東海岸では雨の日が増え、洪水が起きることが多いので注意。交通機関が分断されたり、家が浸水したりすることもある。 

【毎日のヘイズ指数】

http://www.malaysia-magazine.com/haze.php

 

 

服装

 

マレーシアでの服装はT-シャツ・ズボンの軽装。日中は強い日差しのため、帽子やサングラスは必須。逆にショッピングセンターやレストラン、電車内は冷房が強いため、ジョールや薄手のジャケットなどを持参した方が無難。ゲンティンハイランド、キャメロンハイランドなどの高原では、厚手のトレーナーや首を覆うショールなどがあると快適に過ごせる。

 

 

また、気候とは別にイスラム教色が強い東海岸エリアなどでは、ムスリムに配慮し、短パンや肌の露出が多いワンピースなどは避けたほうが無難。観光客が多い都市部では、各民族が自由にファッションを楽しんでいる。都市部のホテルやリゾート地では、ビキニを着て日光浴を楽しむ旅行客も多い。他にモスクなどに観光で訪れる場合は、モスク内でローブをレンタルしているので、軽装で訪れても可。男性の場合は膝より上のショートパンツを着用している場合、ローブの着用を求められる。