icon-plane【基本情報】ペナン

【基本情報】ペナン

 

ペナンはマレーシア観光で人気なエリアの1つ。マレー半島の北部に位置し、首都クアラルンプールからは飛行機で1時間ほどの島です。マレーシア観光においてクアラルンプールの次に観光客に人気なエリアです。「東洋の真珠」とも称され、海側はリゾート地としても有名です。

 

見どころ

ペナンは島ですが、半島とは橋で繋がっており、陸路で行くことができます。
ペナンの一番の見所は2008年7月にユネスコ世界遺産に登録されたジョージタウン。
ジョージタウンには文化の融合を感じる独特の街並みが広がっています。イギリス植民地時代の面影、中華文化の影響……街中の建物を見て散歩するだけでも楽しめます。さまざまな様式の寺院や古い建物のほか、最近では町中に溢れるストリート・アートも人気です。

 

 

一方で海側にはリゾートホテルが並ぶ一帯があり、マリンスポーツも楽しめます。

 

歴史

イギリス植民地時代には「プリンスオブウェールズ」と呼ばれ、貿易が盛んに行われていた歴史があります。その面影は街の中に強く残っています。また、ペナンは文化の交流地としての歴史もあります。そのためマレー、中華、インド式の文化に強く影響を受け、その文化の融合は建物が物語っています。

 

主な観光地

 

市内交通

ペナンの交通手段はバスが中心。観光には市内の中を走っている「ラピッドペナンバス」がオススメです。約50路線が通っており、運賃も1.4-4リンギット(2019年時点)と比較的安いです。しかし車内には両替機がないため小銭の用意が必要です。
タクシーも通っており、メーター制ではなく交渉制。、ジョージタウン市内の移動は約10−15リンギットが相場となっています。また、マレーシア各地で使われている配車アプリ、グラブも通っています。

 

ペナンへのアクセス

2019年3月現在、日本からペナン島までの直行便は運行していません。マレーシア国内からであればクアラルンプールから飛行機で約1時間、バスであればTBSバスターミナルから約5時間半、電車であればKLセントラルから丸々4時間でペナンに着きます。