icon-plane海外旅行保険付きクレジットカードの選び方

海外旅行保険付きクレジットカードの選び方

 

海外旅行へ行くにも、今や安いツアーやLCC(格安飛行機)の台頭で、国内旅行のように費用も手軽になりました。でも、旅先で思いがけず病気やケガに見舞われたら、楽しいはずの旅行も台無しですね。

 

◇クレジットカードの海外旅行保険が便利な理由


海外ですと治療費も高額で思わぬ出費にもつながります。そんなときに便利なのが、実はクレジットカードなのです。

 

クレジットカードには、海外での治療費やその他の補償が付帯しており、出費をカバーしてくれます。
しかし、便利なのはこれだけではありません。

 

知り合いのいない海外で言葉が通じない中、病気や怪我のトラブルに見舞われると、どうしたらいいかわからなくなってしまいます。
そんなとき、クレジットカードがあれば、「日本語でのトラブル解決サービス」が利用できるのです。日本語オペレーターサービスがトラブルの相談に乗ってくれたら、心細さもカバーされます。

 

◇カードで旅費を払わないと保険が使えないケースも

 

海外旅行保険が付帯するクレジットカードの便利さは、わかっていただいたと思います。
実はクレジットカードの付帯保険には、自動付帯と利用付帯の2種類の付帯条件があります。

 

・自動付帯は、クレジットカードを持っているだけで保険が適用されます。
・利用付帯は、旅行の費用をカード利用すると保険が適用されます。

 

利用付帯の旅行費用とは、ツアーやパック旅行の費用と出国するまでの公共交通機関(航空機や電車、船、バス、タクシー)の費用のことです。これらの支払いをクレジットカードで行うことを条件に、海外旅行中の補償(保険)が適用されます。(カードによっては、海外で公共交通機関の料金を払った場合でも、その日から最長90日間補償が受けられるものもあります)

 

自動付帯は、文字通りカード加入しているだけで、保険(補償)が適用されます。また、自動付帯のカードが複数あれば、死亡障害・後遺障害の補償以外の補償は、その枚数分加算されます。

 

◇海外旅行保険付きクレジットカード選びのヒント

 

クレジット会社によって、補償される内容や金額がそれぞれ異なりますから、クレジットカードを選ぶときに、一番大切なのは傷害・疾病治療費用の補償額を確認することです。なるべく高額な補償がついているものを選ばれることをおすすめします。

 

選ぶときのポイントは、海外でのキャッシュレス診療を受けられるかどうかです。

 

現在はほとんどのカードがキャッシュレス診療を受けられますが、受けられないカードもあります。
キャッシュレスで診療を受けられないとなりますと、当然自分でまずは支払いを済ませた後に、クレジットカードの会社に申請することになりますので、少し手続きが面倒になります。事前に確認しておきましょう。

 

また、海外旅行傷害保険以外にも、海外旅行サービスとして、他人のものを壊して損害を与えてしまった時の賠償責任、旅行中に盗難にあうとか持ち物を壊された時などは携行品損害、遭難場所や病院搬送のヘリなどの運搬費用、家族友人に助けに来てもらう救援者費用というサービスがクレジットカードについているものもあります。

 

それぞれの特徴を吟味して、加入するクレジットカードを選びましょう。

 

◇マレーシア旅行者への3つのアドバイス

 

クレジットカードの補償(海外旅行保険)について紹介してきましたが、マレーシアへお越しの際のクレジットカード選びのポイントをお伝えしておきます。

 

1.マレーシアでは、Diners Club、Amexが使えない場合が多く、空港や大きなホテルなど利用できる場所が、かなり限定されるようです。
2.世界で主要な国際ブランドのクレジットカードは、VISA、MasterCard、JCB、Diners Club、Amexと5つのブランドがありますが、日常的な使用であれば使用可能な場所(国・店舗)が多いVISA、MasterCardをおすすめします

3.トラベラーズチェックは、マレーシアでは使用できる店舗がかなり限られる上に、サインする手間もかかり、換金にも時間がかかります。と言っても、現金を大量に持ち歩くのも不安というときに、クレジットカードは便利です。また、ちょっとした現金が必要な時なども、クレジットカードでのキャッシングをした方が、手数料や交換為替レートを考えると1番お得になる場合があります

 

クレジットカードを味方につけて、旅行を楽しんでくださいねー。