icon-planeグルメブログ「おいしいマレーシア」

 

今回はアンパンにあるイタリア料理店Saporeさんのご紹介。イタリア南部プーリア州出身のシェフが「伝統的なお料理」にこだわる、マレーシアにはめずらしいお店です。(編集部Y)

 

グルメなチャイニーズに評判のSaporeさんで、お食事してきました。

イタリアン&地中海料理の本格派レストランです。

場所はアンパン。ジャランアンパンとMRR2が交差する近く、住宅街隣のショップロットの並びにあります。専用の駐車場は2台。車で行くときは電話予約をしてパーキングのキープをお願いすると良さそうです。

落ち着いた雰囲気の店内。キャンドルの置かれたテーブル席のほか、カウンター席もあります。メニューはこんな感じ。シンプルなメニューでお料理の想像がつきやすいのでオーダーもしやすいですね。セットメニューはその内容がきちんと表記されていました。ワインもたくさん揃えられています。

 

最初に頂いたのはフォカチャ。

 

伝統的なレシピで毎朝焼いているそう。程よいもっちり感と塩気、ほのかな香ばしさが食欲をそそります。

次にパプリカのサラミ。クセの無い食べやすいお味。お酒が飲みたいですね。見た目もすごくキレイです。

そして、ベビーオクトパスのトマト煮。

煮込まれていたタコのやわらかさにびっくり!濃厚なのにしつこくなく、スプーンを口に運ぶ手が止まらなくなってしまいました。トマトスープが苦手な子どもでもイケるのでは?と思います。

ブルスケッタも頂きました 

こんな風にサーブしていただくと、テンションがあがりますね。バケットはやわらかめ。やっぱり生ハムとトマトの相性ばっちりですね。

メインに頂いたのは、パスタ。カルボナーラがオススメと聞きオーダー

写真で伝わるでしょうか?こんなにさっくさくのポークチップは初めて食べました。グランチャーレという豚のほお肉の脂身の塩づけだそうです。ソースはペコリーノ・ロマーノというヤギのミルクから作ったチーズを使っているそう。日本人の想像するカルボナーラとは違って、イタリアの伝統的なレシピを忠実に再現したかなりの本格派です。パスタの茹で具合はもちろん最高。黒胡椒もちょうど良い感じ。少し塩気が強い大人の味です。せっかくなのでグランチャーレのお写真も。

ちなみにこんな写真も撮らせてくださいました!子豚のロースト。低温で12時間焼いたあと3時間程度かけて乾燥させ、最後に高温で焼き上げることで、パリッパリのクリスピーな一品に仕上がるそうです。子豚とはいえ、なかなかの迫力。大きさをお伝えするためフォークと撮ってみました。

最後にデザート 

バニラクリームブリュレを頂きました。これまたお洒落な感じでサーブしていただけます。

プレートが大きいのでクリームブリュレが小さく見えるかもしれませんが、そんなことないです。このプレートかなり大きいのでボリュームもばっちり。お口の中でほどける甘さに幸せな気分に浸れます。添えてあるフルーツが良いアクセントに。

最後に少し、シェフとお話することができました。イタリア南部プーリア州の首都バリ出身のファビオ氏です。とにかく他のお店では味わえない「伝統的なお料理」にこだわられているとのこと。その意気込みは、お料理を通じて充分伝わってきます。

ランチはだいたい一人50RM程度が目安です。.「こんなに本格的なイタリアン・地中海料理をこの価格で味わえるなんて最高!」というのが率直な感想。アルコールメニューも豊富で、デートに最適ですが、シェフいわく家族連れも歓迎とのこと。時間をかけてゆっくり食事を楽しみたいときにオススメ。記念日の利用にも良いかもしれません。

【Sapore】 の基本情報はこちらから↓

http://www.malaysia-magazine.com/kl/gourmet/Sapore/

 

投稿日:2017/07/03  Posted in イタリアン | Leave a comment

スバン・ジャヤでも賑やかなSS15の隅っこにあるインド料理レストラン。マレーシアでは少数派の北インド、それもパンジャビ地方の料理を出してくれます。繊細な味で予約しないと入れないほどの人気店です。

 

スバン・ジャヤSS15にあるインド料理のお店です。  
「Punjabi Cuisine」とあるヒゲを生やしたインド人のいる看板が目印です。 場所はスバンSS15ですが、隅っこの方、スバン・メディカルのちょうど向かい側のショップロットに位置しています。
南インドの人の多いマレーシアにあって、数多くはない北インド料理ですが、このパンジャビ料理はさらにその中でも少ない「パンジャビ地域」の料理が売りです。

  パンジャビ(パンジャーブ)とはインド北西部からパキスタン北東部にまたがる地域です。 パンジャブ人は、パキスタンの最大民族でもありますが、このあたり、民族や宗教が入り乱れてるんです。 1947年にインド・パキスタン分離独立が起こり、ヒンドゥーとシク教のパンジャーブ人はパキスタンからインドに移動したんだそう。 このお店は多くの人がシク教徒だそうで、ターバンを巻いている人もいました。

 

店内は明るくて清潔で、街のママックとはだいぶ雰囲気が違い、ちょっとしたカフェのようです。 店の入り口ではチャパティを焼いています。 勤勉で知られるシク教徒の皆さんがキビキビ働いてます。

 

 

メニューを見ると、日本人にも馴染み深いタンドーリ・チキンやチャパティ、ナンやラッシーと言ったラインナップ。お値段はママックよりは張りますが、それでもセットが15-20RM程度とリーズナブルです。 基本的に注文した料理は全部美味しかったのですが、素材の味が生きた繊細でヘルシーな料理の数々が楽しめます。

 

 

このキューカンバー・ラッシー(きゅうりのラッシー)が絶品。日本でおなじみのラッシーよりもちょっと軽い、あわ立てたタイプのラッシーで、塩味の加減が絶妙でした。あまりに美味しかったので、お代わりしてしまいました。 看板料理のチャパティ、こちらもさっぱりしていて美味しいです。

 

 

セット料理はタンドリ・チキンにしました。チキンが柔らかく、味がなかまでしっかり染み込んでいます。辛さも程よく、これいくらでも食べられる……。セットには、甘いお米のデザートと、ヨーグルトをベースにしたサラダ、ダルカレーが付いてきました。

 

特に美味しかったのが、単品で注文した友人オススメのナスのカレー(写真の左)。ナスのカレーと言われなければ、何のカレーだかわからないけれど、丁寧に煮込まれた様々な野菜が甘くてとにかく美味でした。

 

味にうるさいマレーシア人にも大人気で、今では予約しないと入れないほどの人気店。 行って見てください。

 

投稿日:2017/05/15  Posted in インド料理 | Leave a comment

雑誌やメディアに取り上げられる大人気「チャーシューライス」

 

マレー人はご存知イスラム教徒ですので豚肉を食べませんが、マレーシアチャイニーズの皆さんは、豚肉が当然大好き!その中でも、各メディアや雑誌にも紹介されている「チャーシューライス」の名店【Restoran Spring Golden】に行ってきました。

場所はシャーアラムのセクション25。日系の工場がたくさんあるので、わかる方にはわかる場所。

この日は土曜日だったので、なんとか席を確保できました。

それでも、土曜の午前中からこの人の多さ。ただ、お持ち帰りのお客さんはたくさん外で待っていましたね。

早速、チャーシューライスを注文。

もう。見るからに美味しいそう。。。。チャーシューは外がパリッパリで中は口の中で溶けてしまうほど柔らかい。

味はとても濃厚で、手間をかけて作られているのが食べただけで感じられます。サイドに添えられているパクチーがまた合うんですよ。。。パクチーと一緒に食べると脂っこいのが苦手な人でも余裕で食べられます。

本当にすごく柔らかいので子供でも喜んで食べれそうでした。

チャーシューにライスとスープがついて【RM8.60】(約260円)と値段もとってもリーズナブル。

平日のランチタイムには行列ができるので、人が多いのが苦手な方は、土日も営業していますので週末の午前中に行くのがおすすめです!

絶品チャーシューライス!是非食べてみてください!

 

【Restoran Spring Golden】

営業時間:9:30am-2:00pm 無休

TEL:019-337-9319

 

投稿日:2017/03/21  Posted in 中華料理 | Leave a comment

多くのローカルOLさんが通うランチ

今回紹介するのは、マレーシア1の繁華街、Bukit BintangPavilionの裏にある「Wisma Cosway」の隣のホーカー(屋台)です。

写真左の緑の看板から階段を降りた路地に屋台が並んでいます。

 

階段を降りると、本当に路地に屋台とテーブルが並んでいるだけなんですが、ランチの時間に行くとこんな風に、ものすごい人でごった返しています。特に、OLさんが多い!

こちらの屋台、5店舗並んでいるのですが、一番人気はこちら

並んでいるのが女性ばかり。「ベジタリアン ヘルシーフード」と看板に書いていますが、その名の通り、マレーシアで人気の「ナシカンダー」のベジタリアンバージョン。バイキング形式ですが、全てのおかずが野菜です。最近はマレーシアでも健康に気をつける人が多くなってきたように思えます。美味しいけど、高カロリーなマレーシアンフードがヘルシーになれば我々日本人ももっと気軽に食べれますね!

こちらの店以外では、「Nasi Ayam」と「wantan mee」が人気です。今回はこちらの2品を注文しました。

見ているだけで、お腹が空いてしまう見た目の「Nasi Ayam」と

 

愛想の良いおばあちゃんが丁寧に茹でてくれる「wantan mee」

 

見た目からもう、美味そうなこの二皿にキンジョーも大喜びです。

 

「Nasi Ayam」は少し辛いですが、濃厚な味付けにやっぱりチキンが激ウマ。キンジョーはダイエット中にもかかわらず、

「これは仕事っすよねー」とか適当なことを言って綺麗に残さず平らげていました。

「wantan mee」も非常にベーシックな味ですが、これぞ「wantan mee」な味で、ローカルに人気な理由がよくわかりました。

人気の秘密は当然、価格にもあります。

・Nasi Ayam 6RM(約170円)

・wantan mee 5.5RM(約160円)

ローカルのランチはこのくらいの価格が人気ですね。

 

Pavilionのすぐ裏手の人気屋台通り、皆さんも是非言って見てください。

 

投稿日:2017/03/14  Posted in ジャンクフード | Leave a comment

美味しいナシレマといえば、絶対外せないのがこちらの【VILLAGE PARK RESTAURANT】

ローカルの友人に聞いても、必ず名前が出て来るほどの超有名店です。

MAP

日本人にも人気のTTDIからすぐ近くです。この辺のショップロットは飲食店が多く、ランチの時間などは、かなりの人で賑わっています。ちょっと車を止めるのには苦労するかもしれません。。

さてさて、肝心のナシレマはというと

こちらのナシレマの特徴は、何と言ってもチキンです。外はパリパリ、中はジューシー!絶品です!

ナシレマの要とも言える「サンバル」は辛すぎず、味噌のように濃厚で日本人の口にも合います。

ライスは少し少なめです。足りない人は、ライスだけお代わりできますので、遠慮なく店員さんへ

頼みましょう。お米の炊き加減もまた絶妙で、サンバルをつけるといくらでも食べてしまいそう。。

僕は、この店に来たらナシレマしか注文しないのですが、他にもいろいろローカルフードが揃っています

今回注文したのは一番上にある「Nasi Lemak Ayam Goreng」9RM

屋台などで売っている「三角ナシレマ」よりは少し高いですが、美味しいので大満足です。

今回は、吉本住みます芸人のSDキンジョー君と行ったのですが、彼も大満足で、ここぞとばかりに

お代わりしまくりでしたよ。

営業時間などは以下の通り

ローカルおすすめ、人気ナシレマ店【VILLAGE PARK RESTAURANT】

皆さんもぜひ足を運んでみてください!

お店の詳細はこちら→【VILLAGE PARK RESTAURANT】

投稿日:2016/12/07  Posted in マレー料理 | Leave a comment

 

マレーシアのローカルレストランで独特なのが、コーヒー(Kopi)のオーダー方法です。

Kopiとはマレー語の「コーヒー」の意味。
Kopiといったときにはマレーシア独特の「ホワイトコーヒー」や「ハイナンコーヒー」と呼ばれる独特なコーヒーを指します。「ホワイトコーヒー」は19世紀にマレーシアに移住してきた中国人によってつくられたと言われています。コーヒー豆を焙煎するときに、マーガリンを加えて焙煎する方法を使っており、独特の香りで世界中に広まりました。

一般的に日本で知られるコーヒーとは違い、コンデンスミルクや砂糖を入れて甘くして飲むのがマレーシア流。コーヒー自体も普通のコーヒーよりも味が薄く、ココアのようです。なかにはコーヒーと紅茶を混ぜた「チャム」という飲み物もあります。

 

マレーシアのコーヒーの種類
このKopiにはKopi-O、Kopi-Cなど、多様なKopiの種類があります。特に中華系のコーヒーショップ(Old Town White Coffeeなど)では、その種類は実に多岐にわたり、マレー語と中国語が混じっています。シンガポール航空のウエブのまとめをご紹介しましょう。

 

Kopi  コーヒー+コンデンスミルク
Kopi-O コーヒー+砂糖
Kopi C コーヒー+砂糖+練乳
Kopi-Ga-Yu コーヒー+バター
Kopi Tarik コーヒーにコンデンスミルクを注ぎ入れて泡立てたもの

Kopi O kosong ブラックコーヒー
Kopi O Siew Dai コーヒー(砂糖少なめ)
Kopi O Ga Dai コーヒー(砂糖多め)
Kopi C Siew Dai コーヒー(砂糖少なめ)+練乳
Kopi C Ga Dai  コーヒー(砂糖多め)+練乳
Kopi Gao 濃いコーヒー+コンデンスミルク
Kopi Di Lo とても濃いコーヒー+コンデンスミルク
Kopi Poh 薄いコーヒー+コンデンスミルク
Kopi Peng コーヒー+コンデンスミルク+氷
Kopi Sua おかわり

Cham コーヒー+紅茶

 

ちなみに、インド系のレストランになると、少しシンプルになり、
以下の3つがよく使われます。

 

Kopi  コーヒー+コンデンスミルク
Kopi-O コーヒー+砂糖
Kopi O kosong ブラックコーヒー

試してみてください。

 

図版はシンガポール航空のウエブより

 

投稿日:2016/12/01  Posted in カフェ | Leave a comment

マレーシアを代表する国民食と言えばナシレマ。こちらはマレーシアの朝食の定番となっていて、おにぎりの様にマレーシアの人達には欠かせない食べ物です。

「ナシ」はマレー語でご飯、「レマッ」は脂肪という意味で、ココナッツミルクで炊いたご飯が朝からエネルギーをばっちりチャージしてくれます。

ナシレマはココナッツミルクで炊いたご飯、かりかりの煮干し、ピーナッツ、ゆで卵、キュウリ、タマネギとチリを炒めた甘辛いサンバルソースが基本のスタイル。

お持ち帰りにはババナの葉っぱを三角に包んだナシレマが便利♪いろんなレストランやカフェ、フードコートなどで気軽に試すことが出来ます。是非チャレンジしてみて下さい♪KLに来た際に有名店で美味しいナシレマを食べるなら、ローカル雑誌で賞をとったこちらが最先端ナシレマでオススメでスー♪

 【Wonder Mama】

http://www.malaysia-magazine.com/kl/gourmet/wondermamak/

こちらも超有名店

【Village Park Restaurant】

http://www.malaysia-magazine.com/kl/gourmet/VillageParkRestaurant/ 

 

 

投稿日:2016/07/27  Posted in マレー料理 | Leave a comment

インド系ムスリムの半屋台「ママック」の定番朝食メニューは、ロティ・チャナイ。パンケーキ程の大きさのロティ・チャナイには、お茶碗4杯分のご飯と同じくらいのカロリーがあるそう。甘いテタレと一緒に頼むと朝の目覚めもバッチリです。ローカルマレーシア人に人気の朝食ロティは「ロティ・テルア(卵入りロティ・チャナイ)」。お店によっては50種類以上のロティ・チャナイが用意されています。旅行中に2、3チャレンジしてみると、お気に入りのロティが見つかりそうですね♪ちなみにキッズにお勧めなのは、ミロの粉が練り込んだ「ロティ・マイロ」や、バナナが入った「ロティ・ピサン」。辛くないのでお子様でも食べられますよ♪

■代表的なロティ・チャナイの種類

ロティチャナイは、お好み焼きの様な感覚で、好きな具材を選びます。何種類もの中から自分のお気に入りを探してみましょう。基本的にロティ・チャナイは丸いパイの様な形をしていますが、ロティの変形バージョンには「ムータバック」という食べ物があり、これはロティーのタネを薄く伸ばし、そこに牛肉やチキンなどの餡を入れて四角く成形したものです。こちらも美味しいので見かけたらチャレンジしてみましょう♪ 

Roti Canai ロティ・チャナイプレーン)

Roti Telur ロティ・テルア卵)

Roti Planta ロティ・プランタ(マーガリン・砂糖)

Roti Risu Special ロティ・ティシュ・スペシャル(薄焼きクレープ)

Roti Boom ロティ・ブーン(ロティプランタの小さいもの)

Roti Salad ロティ・サラダ(野菜入りロティ)

Roti Honeymoon ロティ・ハネムーン

Roti Pisang ロティ・ピサン(バナナ入りロティ)

Roti Tampal ロティ・タンパル(目玉焼き乗せロティ)

Murtabak Daging/Ayam ムルタバック(ロティの肉包み焼き/チキン)

Murtabak Sardin ムルタバック(ロティの魚包み焼き/いわし)

 

■ロティ・チャナイの頼み方

ロティ チャナイ サトゥ Roti Canai satu ロティ・チャナイを1つ下さい。

アダ ロティ ピサン Ada roti pisang ロティ・ピサンはありますか?

 

関連記事 ツインタワー付近ののオススメママック3選

 

 

 

 

投稿日:2016/03/07  Posted in インド料理 | Leave a comment

ムスリム系屋台「ママック」の定食はナシカンダー。ナシカンダーとは、元々インド系マレーシア人が、てんびん棒を担いでカレーを行商で売り歩いていたスタイルの事を指します。ナシ=ご飯、カンダー=てんびん棒と言う意味。現在では、商店街に必ずあるママックと呼ばれるインド系半屋台にナシカンダーカウンターがあり、そこで南インドの味をベーストしたカレーや、お惣菜などを選んで頂きます。ママックはインド系ムスリムが運営しているため、すべての料理がハラル。そのため国民全員が安心して食べられる、定番の国民食ともなっています。 

■ナシカンダーの種類

ナシカンダーを頼む際にはまず「持ち帰り」か、「ここで食べる」かを伝えます。ご飯の種類を選んだら、カレーの種類も選びます。 

日本人に人気のカレーはチキンやビーフ、フィッシュなど。カレーをかけたらさらに総菜の野菜を指止しで指定し、テーブルに運んで食事をします。値段はテーブルにナシカンダーを置いたら店員が乗せたおかずの数と量を数えてレシートに書き込みます。会計は後払いで、だいたい8RMから15RM程度になります。

☆ナシカンダーコレクション☆

■ナシカンダーの頼み方

①マカン(ここで食べる)かブンコス(持ち帰り)と伝える。

※マカンかブンコスのみ話しかければ通じます。

②白飯が良ければナシプテ(白飯)かブリヤーニライス(炊き込み)かを伝えます。

③ご飯にかけるカレーを指止しでチョイス。

アヤム(チキン)、ランブー(ビーフ)、イカン(魚)、エビ(ウダン)

④さらにフライドチキンやキャベツの炒め物などのお惣菜を指さしでチョイス。

⑤好きな物をお皿に盛りつけてもらったら完成です♪

⑥空いているテーブルで食べましょう。店員がやって来て、レシートにナシカンダー分をメモしてくれます。

⑦食べ終わったらレシートを持って、レジで会計をします。 

チキンなどのカレーは意外と辛さ控えめが多く、日本人でもハマる人が続出です。テレビ撮影などはタレントさんにも評判が良かったナシカンダー。観光の際には是非お試し下さい♪

 

 

投稿日:2016/02/29  Posted in マレー料理 | Leave a comment

コンデンスミルクがたっぷりと入った甘いミルクティ・テ・タレ(Teh Tarik)は、マレーシア版のミルクティー。Tarikとはマレー語で”引く”と言う意味。熱々のお湯で作った紅茶とコンデンスミルクをかき混ぜたら、2つのカップに交互に注ぎ、空気を含ませます。Tarik(引く)との文字通り、麺を引き延ばす様な仕草から、テ・タレの名前が付きました。 


※写真・・・お
笑い芸人のKLキンジョウ君。 

実際のテ・タレの動画(マレーシア・リプトンCMより)

屋台では1RMから1.5RM程度、手軽に飲めるお茶として、朝の朝食時、おめでたい席、時期を問わず愛されている国民的ドリンク。お持ち帰りでもかんな感じで、愛されています。

観光客の方にオススメなのは、スティックタイプのテ・タレ。日本のコーヒースティックよりも巨大な袋には、テ・タレの粉がたっぷり。マグカップで作ってもしっかりクリーミーなのがマレーシアスタイル。日本人には相当甘い!テ・タレですが、滞在が長くなるほどに気がつけばオーダーしている、甘党にはありがたいリーズナブルな飲み物。ローカルのコーヒーショップやママック(インド人屋台)で気軽に頼んでみて下さい♪

■テタレの種類

Teh Terik テ・タレ 紅茶とコンデンスミルクのミルクティー

Teh Halia テー・ハリア 紅茶、コンデンスミルク、ショウガのミルクティー

Teh C         テー・スィー 紅茶とエバミルクのミルクティー

■テタレの頼み方 

サトゥ・テタリッ・スジュッ Satu teh tarik sejuk テタレ・アイスを1つ下さい。

クラン・マニス Kulang manis 甘くしないで下さい。

 

 

 

 

投稿日:2016/02/24  Posted in カフェ | Leave a comment