icon-planeイタリアン | グルメブログ「おいしいマレーシア」

 

今回はアンパンにあるイタリア料理店Saporeさんのご紹介。イタリア南部プーリア州出身のシェフが「伝統的なお料理」にこだわる、マレーシアにはめずらしいお店です。(編集部Y)

 

グルメなチャイニーズに評判のSaporeさんで、お食事してきました。

イタリアン&地中海料理の本格派レストランです。

場所はアンパン。ジャランアンパンとMRR2が交差する近く、住宅街隣のショップロットの並びにあります。専用の駐車場は2台。車で行くときは電話予約をしてパーキングのキープをお願いすると良さそうです。

落ち着いた雰囲気の店内。キャンドルの置かれたテーブル席のほか、カウンター席もあります。メニューはこんな感じ。シンプルなメニューでお料理の想像がつきやすいのでオーダーもしやすいですね。セットメニューはその内容がきちんと表記されていました。ワインもたくさん揃えられています。

 

最初に頂いたのはフォカチャ。

 

伝統的なレシピで毎朝焼いているそう。程よいもっちり感と塩気、ほのかな香ばしさが食欲をそそります。

次にパプリカのサラミ。クセの無い食べやすいお味。お酒が飲みたいですね。見た目もすごくキレイです。

そして、ベビーオクトパスのトマト煮。

煮込まれていたタコのやわらかさにびっくり!濃厚なのにしつこくなく、スプーンを口に運ぶ手が止まらなくなってしまいました。トマトスープが苦手な子どもでもイケるのでは?と思います。

ブルスケッタも頂きました 

こんな風にサーブしていただくと、テンションがあがりますね。バケットはやわらかめ。やっぱり生ハムとトマトの相性ばっちりですね。

メインに頂いたのは、パスタ。カルボナーラがオススメと聞きオーダー

写真で伝わるでしょうか?こんなにさっくさくのポークチップは初めて食べました。グランチャーレという豚のほお肉の脂身の塩づけだそうです。ソースはペコリーノ・ロマーノというヤギのミルクから作ったチーズを使っているそう。日本人の想像するカルボナーラとは違って、イタリアの伝統的なレシピを忠実に再現したかなりの本格派です。パスタの茹で具合はもちろん最高。黒胡椒もちょうど良い感じ。少し塩気が強い大人の味です。せっかくなのでグランチャーレのお写真も。

ちなみにこんな写真も撮らせてくださいました!子豚のロースト。低温で12時間焼いたあと3時間程度かけて乾燥させ、最後に高温で焼き上げることで、パリッパリのクリスピーな一品に仕上がるそうです。子豚とはいえ、なかなかの迫力。大きさをお伝えするためフォークと撮ってみました。

最後にデザート 

バニラクリームブリュレを頂きました。これまたお洒落な感じでサーブしていただけます。

プレートが大きいのでクリームブリュレが小さく見えるかもしれませんが、そんなことないです。このプレートかなり大きいのでボリュームもばっちり。お口の中でほどける甘さに幸せな気分に浸れます。添えてあるフルーツが良いアクセントに。

最後に少し、シェフとお話することができました。イタリア南部プーリア州の首都バリ出身のファビオ氏です。とにかく他のお店では味わえない「伝統的なお料理」にこだわられているとのこと。その意気込みは、お料理を通じて充分伝わってきます。

ランチはだいたい一人50RM程度が目安です。.「こんなに本格的なイタリアン・地中海料理をこの価格で味わえるなんて最高!」というのが率直な感想。アルコールメニューも豊富で、デートに最適ですが、シェフいわく家族連れも歓迎とのこと。時間をかけてゆっくり食事を楽しみたいときにオススメ。記念日の利用にも良いかもしれません。

【Sapore】 の基本情報はこちらから↓

http://www.malaysia-magazine.com/kl/gourmet/Sapore/

 

投稿日:2017/07/03  Posted in イタリアン | Leave a comment

バンサーの中でも人気のビストロ。

 

柔らかめなパスタのゆで加減は置いといて、、、

だいたい美味しく食べられます。 

 

オススメは、TAPAS SET。

外れなく品数も多いので、親しい友人とシェアして楽しいランチを☆

 

☆レストラン情報→F’ by Buffalo Kitchens

 

 

 

投稿日:2013/11/01  Posted in イタリアン | Leave a comment

KLの繁華街、チャンカットから少しだけ歩くと見えてくる一軒家レストラン。

夜は予約した方が良い。

トマトソース、チーズ、両方ごくシンプルな味。

塩味が強めなので、ワインにも合いそう。

耳のおこげ具合と歯ごたえが良く、美味しく頂きました。

釜焼きピザの耳の粉っぽさって、どうしてこうも美味しいんでしょうね。

☆レストラン情報☆ Nerovivo

 

投稿日:2013/09/21  Posted in イタリアン | Leave a comment