icon-planeインド料理 | グルメブログ「おいしいマレーシア」

 

BananaBro(バナナ・ブロ)はマレーシア料理のレストラン。ベルジャヤ・タイムズ・スクエアの中にあり、清潔な店内でバナナ・リーフが楽しめる。今回は、マレーシア観光局の案内で訪問した。(マレーシアマガジン=野本響子)

 

バナナリーフ・カレーの名店はどこもローカル色が濃く、入りにくいと感じる人もいるだろう。ここは複合モール(タイムズ・スクエア)の中に入っており、ファミリーレストランのような明るくカジュアルな雰囲気だ。メニューも写真付きで見やすく、初めてバナナリーフに挑戦する人も安心して入れる。ガラス張りの調理場ではシェフが料理している姿を見ることもできる。

 



 

バナナ・リーフ・カレーはバナナの葉の上にライスやさまざまなカレー、野菜などのおかずを載せて食べる。バナナ・ブロの葉っぱには、お店のネームが刻印されていているのが特徴。

 

 

ライスはふわふわに炊かれ、キュウリのサラダはヨーグルト和えで新鮮。この日のカレーは4種類。ダルとチキンカレーをかけたが、ダルはほんわり甘く野菜の味がし、チキンカレーはピリッと唐辛子のきいた味。

 

 

さらにちょっと臭い豆「ペタイ」のカレー、バタークリームチキンカレーを別途注文した。バタークリームカレーはクリーミーで少し甘い香り、絶品。
余談だが、バナナ・リーフ・カレーを食べる時には、手を使って食べるのが伝統的な手法。慣れなければフォークとスプーンを使ってもOKだ。

 

飲み物はこの店独自の「テータリ・ラワ」(アイス)がおすすめだそう。辛いカレーと甘いアイスティーのコンビはよくあう。ここではオリジナルのラッシーも楽しめる。

 

この店舗は華人のグリフィン・ヨンさん、アーロン・ガンさんとインド系シェフのデヴィッドさんの3人で作った。オーナー2人がサイクリング途中に入った店のカレーがあまりに美味しく、シェフに会い、意気投合して新しいビジネスを始めることにしたそうだ(下の写真はグリフィンさん)。

 

 

 

3人の仲間(ブロ)で作った店だから「バナナ・ブロ」という名前になった。バナナリーフ・カレーだけでなく色々なマレーシア料理があり、店舗の看板には三大民族(マレー系、中華系、インド系)のキャラクターが並ぶ。キャッチフレーズは「It’s a Malaysian Thing」だ。

 

2018年年末には、スリ・ペタリンに新しい店舗の開店を予定しているという。

 

BANANABRO
Berjaya Times Square, LG-59B, Jalan Imbi, Imbi, 55100 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
bananabro.com.my
03-2732 4605
営業中: 8時30分~22時00分

投稿日:2018/10/23  Posted in インド料理 | Leave a comment

 

セランゴール州のバタン・カリにある、マレーシアでも珍しい竹の筒に入ったバンブー・ブリヤニを提供する店。インドのチェンナイ地方でのブリヤニの調理法をヒントにオープンしたレストラン。今回はセランゴール州観光局の案内で同行した。(マレーシアマガジン=野本響子)

 

クアラルンプールから約1時間、セランゴール州のバタン・カリにある、マレーシアでも珍しい竹の筒に入ったバンブー・ブリヤニを提供する店。インドのチェンナイ地方でのブリヤニの調理法をヒントにオープンしたレストランだそうだ。お店はショップロットの一角にある。

 


 

ブリヤニとは少し細長いご飯にさまざまな具材を入れて炊き込んだライス料理のこと。普通は鍋や釜で作るのだが、竹の筒の中にご飯や鶏肉などを入れて蒸すことで、ご飯がより香り高く、しっとりとなるそうだ。この方法はマレーシアでも珍しいのだそうだ。

 

出来上がると竹筒が運ばれてくる。この竹筒をスタッフがお皿にひっくり返すとご飯と具材が出てくる。お皿にひっくり返した時にあたりには香ばしい匂いが漂う。

 

 

 

竹筒は大小二種類があり、中に入れる具材によって値段が変わる。一般的なチキンを具材に選び、小さい筒の場合、値段は21.9RM。ロブスターやキングクラブが入ったものもあり、それぞれ価格は120-250RMと幅がある。シーフードは1日以上前に注文してほしいとのこと。小さいものだと三人、大きいものだと五人でシェア可能。試食してみたがボリュームがかなりあるので、お腹を空かせていこう。

 

1日に60本出ている。1本を炊くのに45分ー1時間かかるため、事前の予約が必須となる。時間がない場合には普通の鍋で調理したブリヤニを提供すると言う。
香辛料はインドから輸入しており、一週間に5キロも運んでいると言う。そのほかはローカルの食材を使っているとのこと。

 

NO35B,Jalan Meranti 2B Bandar Baru Batang Kali, Batang Kali
営業時間は、12:00〜18:00

 

https://goo.gl/maps/yTVWDk9RsWF2

 

投稿日:2018/10/03  Posted in インド料理 | Leave a comment

マレーシアには、ママックと呼ばれるローカル定食屋さんがあります。なかでも、安くておいしくて、一度にいろいろな味を楽しめる「ナシ・カンダー」(マレーシア風定食)がおすすめです。クアラルンプール周辺の人気店をご紹介します。 (マレーシアマガジン=横山ゆき)

 

 

本記事はGO ASIA PLUSとの提携記事です。

 

ママックって何?

 

ママックとは24時間営業ローカル・マレーシア料理のごはんやさん。朝でも夜中でもお腹がすいたときにちょこっと行けるので、とっても便利です。ナシゴレンなどのマレー料理はもちろん、インド系のロティ・チャナイやトーセイなどのパンやカレー、トムヤムなどのタイ風料理など、いろいろなメニューが楽しめるのが特徴です。

 

ママックの中で、定番中の定番が、ナシ・カンダー。マレーシアの食文化を知りたかったら、まずは、「ナシ・カンダー」を食べてみて!
ごはんとさまざまなサイド・ディッシュがワン・プレートにのっている、マレーシア風定食です。たいてい、お店の中にはナシ・カンダー用のコーナーがあって、その日のお惣菜が並んでいます。

 

 

レーシア北部のペナンが発祥の地。白米かビリヤニ・ライスを選び、サイド・ディッシュは、キャベツ、オクラなどの野菜から、インディアン・カレーまで選べます。ポイントは、インディアン・カレー。好きなカレーを選ぶと(8種類までOK)、ウエイターさんが、ごはんプレートにカレーを少量ずつ、落としてくれます。

 

どういうものが食べられるの?

 

ランチ・タイムに、オーダーできるナシ・カンダーの付け合わせは?
・白ごはんとミックスグレービーソース(カレーも選べる)
・フライド・チキン
・キャベツなど野菜のサイドディッシュ
・パーパド(クラッカー)

 

ローカルがおすすめのママック人気店は?

 

 

①ナシ・カンダー・ペリタ/クアラルンプール、ジャラン・アンパン
ペナンのバターワース発祥。マレーシア最大のママック。ジャラン・アンパン沿いにあり、観光客にお馴染みの店舗です。ここのフライド・チキンは絶品。ごはんの量は他の2店よりは多め。マイナス・ポイントは、揚げたてではなく、パックされたパパドを提供すること。
ミックス・ライス RM8.80、アイス・ミロ RM3.00、ライム・アイスティー RM2.10、ポーパド1パック RM1.10。

 

②オリジナル・ペナン・カユ・ナシ・カンダー/ペタリン・ジャヤ、SS2
ローカルには、「カユ」の愛称で知られる人気店。SS2でオープンした小さな店が最初で、今や、2階建ての店構えに。数種類のカレーは辛さもほどよく、あまりローカルの辛さに慣れていない方にもおすすめ。ここで紹介した3店の中で一番、価格が高いです。
ミックス・ライス RM9.00、アイス・ミロ RM3.50、ライム・アイスティー RM2.50、ポーパド 無料

 

③ベスタリ/クアラルンプール、デサ・スリ・ハタマス
シュレディッドビーフ&インドミーが人気メニューです。デサ・スリ・ハタマス店のものが一番美味。肝心のナシ・カンダーはというと、前出の2店ほど、カレーの種類は充実していないが、基本のライス、フライド・チキン、野菜がのった、ライスプレートはここでも◎。特筆すべきは、ドリンク。ここのミロはとても濃くて、ライム・アイスティーのライムもたくさんいれてくれます。
ミックス・ライス RM8.70、アイス・ミロ RM3.00、ライム・アイスティー RM2.10、ポーパド 無料

 

ほかにもたくさんある人気のママック

 

週末にでも足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

・マンション・ティー・ストール@マスジッド・インディア、クアラルンプール
おすすめ→ロティ・バンジール
・ダルッサラム@SS15、スバン・ジャヤ
おすすめ→ナシレマ
・Qビストロ@TTDI
おすすめ→プトゥ・マヤム
・スージーズコーナー@アンパン
おすすめ→ナンとポテト・チャツネ
・カンナ・カリーハウス@プチョンジャヤ

 

こちらの記事もどうぞ!
ナシカンダーの話

投稿日:2018/08/01  Posted in インド料理, マレー料理 | Leave a comment

スバン・ジャヤでも賑やかなSS15の隅っこにあるインド料理レストラン。マレーシアでは少数派の北インド、それもパンジャビ地方の料理を出してくれます。繊細な味で予約しないと入れないほどの人気店です。

 

スバン・ジャヤSS15にあるインド料理のお店です。  
「Punjabi Cuisine」とあるヒゲを生やしたインド人のいる看板が目印です。 場所はスバンSS15ですが、隅っこの方、スバン・メディカルのちょうど向かい側のショップロットに位置しています。
南インドの人の多いマレーシアにあって、数多くはない北インド料理ですが、このパンジャビ料理はさらにその中でも少ない「パンジャビ地域」の料理が売りです。

  パンジャビ(パンジャーブ)とはインド北西部からパキスタン北東部にまたがる地域です。 パンジャブ人は、パキスタンの最大民族でもありますが、このあたり、民族や宗教が入り乱れてるんです。 1947年にインド・パキスタン分離独立が起こり、ヒンドゥーとシク教のパンジャーブ人はパキスタンからインドに移動したんだそう。 このお店は多くの人がシク教徒だそうで、ターバンを巻いている人もいました。

 

店内は明るくて清潔で、街のママックとはだいぶ雰囲気が違い、ちょっとしたカフェのようです。 店の入り口ではチャパティを焼いています。 勤勉で知られるシク教徒の皆さんがキビキビ働いてます。

 

 

メニューを見ると、日本人にも馴染み深いタンドーリ・チキンやチャパティ、ナンやラッシーと言ったラインナップ。お値段はママックよりは張りますが、それでもセットが15-20RM程度とリーズナブルです。 基本的に注文した料理は全部美味しかったのですが、素材の味が生きた繊細でヘルシーな料理の数々が楽しめます。

 

 

このキューカンバー・ラッシー(きゅうりのラッシー)が絶品。日本でおなじみのラッシーよりもちょっと軽い、あわ立てたタイプのラッシーで、塩味の加減が絶妙でした。あまりに美味しかったので、お代わりしてしまいました。 看板料理のチャパティ、こちらもさっぱりしていて美味しいです。

 

 

セット料理はタンドリ・チキンにしました。チキンが柔らかく、味がなかまでしっかり染み込んでいます。辛さも程よく、これいくらでも食べられる……。セットには、甘いお米のデザートと、ヨーグルトをベースにしたサラダ、ダルカレーが付いてきました。

 

特に美味しかったのが、単品で注文した友人オススメのナスのカレー(写真の左)。ナスのカレーと言われなければ、何のカレーだかわからないけれど、丁寧に煮込まれた様々な野菜が甘くてとにかく美味でした。

 

味にうるさいマレーシア人にも大人気で、今では予約しないと入れないほどの人気店。 行って見てください。

 

投稿日:2017/05/15  Posted in インド料理 | Leave a comment

インド系ムスリムの半屋台「ママック」の定番朝食メニューは、ロティ・チャナイ。パンケーキ程の大きさのロティ・チャナイには、お茶碗4杯分のご飯と同じくらいのカロリーがあるそう。甘いテタレと一緒に頼むと朝の目覚めもバッチリです。ローカルマレーシア人に人気の朝食ロティは「ロティ・テルア(卵入りロティ・チャナイ)」。お店によっては50種類以上のロティ・チャナイが用意されています。旅行中に2、3チャレンジしてみると、お気に入りのロティが見つかりそうですね♪ちなみにキッズにお勧めなのは、ミロの粉が練り込んだ「ロティ・マイロ」や、バナナが入った「ロティ・ピサン」。辛くないのでお子様でも食べられますよ♪

■代表的なロティ・チャナイの種類

ロティチャナイは、お好み焼きの様な感覚で、好きな具材を選びます。何種類もの中から自分のお気に入りを探してみましょう。基本的にロティ・チャナイは丸いパイの様な形をしていますが、ロティの変形バージョンには「ムータバック」という食べ物があり、これはロティーのタネを薄く伸ばし、そこに牛肉やチキンなどの餡を入れて四角く成形したものです。こちらも美味しいので見かけたらチャレンジしてみましょう♪ 

Roti Canai ロティ・チャナイプレーン)

Roti Telur ロティ・テルア卵)

Roti Planta ロティ・プランタ(マーガリン・砂糖)

Roti Risu Special ロティ・ティシュ・スペシャル(薄焼きクレープ)

Roti Boom ロティ・ブーン(ロティプランタの小さいもの)

Roti Salad ロティ・サラダ(野菜入りロティ)

Roti Honeymoon ロティ・ハネムーン

Roti Pisang ロティ・ピサン(バナナ入りロティ)

Roti Tampal ロティ・タンパル(目玉焼き乗せロティ)

Murtabak Daging/Ayam ムルタバック(ロティの肉包み焼き/チキン)

Murtabak Sardin ムルタバック(ロティの魚包み焼き/いわし)

 

■ロティ・チャナイの頼み方

ロティ チャナイ サトゥ Roti Canai satu ロティ・チャナイを1つ下さい。

アダ ロティ ピサン Ada roti pisang ロティ・ピサンはありますか?

 

関連記事 ツインタワー付近ののオススメママック3選

 

 

 

 

投稿日:2016/03/07  Posted in インド料理 | Leave a comment

日本でも食べた事がない、目から鱗の美味しいカレー。

何を食べても美味しく、驚きがあるなあと思ったレストラン。

どれも美味しかったので、前菜を載せておきます。

街のカレー屋で、素材の味を感じる事はないのですが、

ここはさしづめ北インドの懐石料理といったところ。

塩分や旨味の前に、きちんと素材の味もして美味しい!!

人気カレーは、チキン、ほうれん草、エビだそう。

どれも確かに美味しい。それから種類豊富なサモサも!

夜はドレッシーなムスリムと、駐在の西洋人がビジネスディナーを楽しんでいて、

雰囲気も◎でした。

日本ではなかなか味わえないカレーの驚き。

観光に来た方にもお勧めします。

 

☆レストラン情報 → Bombay Palace

 

 

投稿日:2013/10/24  Posted in インド料理 | Leave a comment