icon-planeカフェ | グルメブログ「おいしいマレーシア」

 

マレーシアのローカルレストランで独特なのが、コーヒー(Kopi)のオーダー方法です。

Kopiとはマレー語の「コーヒー」の意味。
Kopiといったときにはマレーシア独特の「ホワイトコーヒー」や「ハイナンコーヒー」と呼ばれる独特なコーヒーを指します。「ホワイトコーヒー」は19世紀にマレーシアに移住してきた中国人によってつくられたと言われています。コーヒー豆を焙煎するときに、マーガリンを加えて焙煎する方法を使っており、独特の香りで世界中に広まりました。

一般的に日本で知られるコーヒーとは違い、コンデンスミルクや砂糖を入れて甘くして飲むのがマレーシア流。コーヒー自体も普通のコーヒーよりも味が薄く、ココアのようです。なかにはコーヒーと紅茶を混ぜた「チャム」という飲み物もあります。

 

マレーシアのコーヒーの種類
このKopiにはKopi-O、Kopi-Cなど、多様なKopiの種類があります。特に中華系のコーヒーショップ(Old Town White Coffeeなど)では、その種類は実に多岐にわたり、マレー語と中国語が混じっています。シンガポール航空のウエブのまとめをご紹介しましょう。

 

Kopi  コーヒー+コンデンスミルク
Kopi-O コーヒー+砂糖
Kopi C コーヒー+砂糖+練乳
Kopi-Ga-Yu コーヒー+バター
Kopi Tarik コーヒーにコンデンスミルクを注ぎ入れて泡立てたもの

Kopi O kosong ブラックコーヒー
Kopi O Siew Dai コーヒー(砂糖少なめ)
Kopi O Ga Dai コーヒー(砂糖多め)
Kopi C Siew Dai コーヒー(砂糖少なめ)+練乳
Kopi C Ga Dai  コーヒー(砂糖多め)+練乳
Kopi Gao 濃いコーヒー+コンデンスミルク
Kopi Di Lo とても濃いコーヒー+コンデンスミルク
Kopi Poh 薄いコーヒー+コンデンスミルク
Kopi Peng コーヒー+コンデンスミルク+氷
Kopi Sua おかわり

Cham コーヒー+紅茶

 

ちなみに、インド系のレストランになると、少しシンプルになり、
以下の3つがよく使われます。

 

Kopi  コーヒー+コンデンスミルク
Kopi-O コーヒー+砂糖
Kopi O kosong ブラックコーヒー

試してみてください。

 

図版はシンガポール航空のウエブより

 

投稿日:2016/12/01  Posted in カフェ | Leave a comment

コンデンスミルクがたっぷりと入った甘いミルクティ・テ・タレ(Teh Tarik)は、マレーシア版のミルクティー。Tarikとはマレー語で”引く”と言う意味。熱々のお湯で作った紅茶とコンデンスミルクをかき混ぜたら、2つのカップに交互に注ぎ、空気を含ませます。Tarik(引く)との文字通り、麺を引き延ばす様な仕草から、テ・タレの名前が付きました。 


※写真・・・お
笑い芸人のKLキンジョウ君。 

実際のテ・タレの動画(マレーシア・リプトンCMより)

屋台では1RMから1.5RM程度、手軽に飲めるお茶として、朝の朝食時、おめでたい席、時期を問わず愛されている国民的ドリンク。お持ち帰りでもかんな感じで、愛されています。

観光客の方にオススメなのは、スティックタイプのテ・タレ。日本のコーヒースティックよりも巨大な袋には、テ・タレの粉がたっぷり。マグカップで作ってもしっかりクリーミーなのがマレーシアスタイル。日本人には相当甘い!テ・タレですが、滞在が長くなるほどに気がつけばオーダーしている、甘党にはありがたいリーズナブルな飲み物。ローカルのコーヒーショップやママック(インド人屋台)で気軽に頼んでみて下さい♪

■テタレの種類

Teh Terik テ・タレ 紅茶とコンデンスミルクのミルクティー

Teh Halia テー・ハリア 紅茶、コンデンスミルク、ショウガのミルクティー

Teh C         テー・スィー 紅茶とエバミルクのミルクティー

■テタレの頼み方 

サトゥ・テタリッ・スジュッ Satu teh tarik sejuk テタレ・アイスを1つ下さい。

クラン・マニス Kulang manis 甘くしないで下さい。

 

 

 

 

投稿日:2016/02/24  Posted in カフェ | Leave a comment

 

朝早くから外で仕事がある時、空いているのはToast Boxのみ。

三角に盛られたバターがおなじみのトーストボックス。

ここではマレーシア名物のカヤトーストを始め、

朝からマレーシアらしい朝食が頂けます。

だけど個人的に一口で目が覚める一皿と思っているのが、香港式フレンチトースト。

 

 

パンの間にはピーナッツバター。そしてピーナッツオイルでさらに 

パンごと揚げ、仕上げにはたっぷりのバターとシロップを。+温泉卵2個だし。

朝じゃないと、許されないカロリーの高さ☆

甘くて重いのですが、ピーナッツバターの塩気で不思議と食べられる感じが

塩豆大福みたい。

ここの三角ナシレマも、あっさりしていて朝食にGood。

 

観光ついでのナシレマチャレンジも、無難でここが良いのかも。

 

レストラン情報はこちら→Toast box 

 

 

投稿日:2013/10/28  Posted in カフェ | 2 Comments

マンゴーはいつ食べても美味しいデザート。

ちょっと変わったデザートが食べたい時には

こちらはどうでしょう?

マンゴピューレと白玉のシンプルな味。

南国に訪ね来たお友達にも是非☆

 

☆レストラン情報 → 許留山 Hui Lau Shan

 

 

投稿日:2013/10/19  Posted in カフェ | Leave a comment

ボロボロしなくて、ブルーベリーがジューシーで

しかも暖かくしてサーブされるマフィンって本当に美味しい。

マフィンとか、シナボンとか、美味しすぎると台無しになるお菓子は

やっぱアメリカライクな雑さにホッとします。

期待もせずに食べた時に美味しいって嬉しいな♪

親しい友人に持っていきたくなるマフィン。

今後はテイクアウトしに戻ります

 

☆こちらのカフェの詳細はこちら→ Boardriders cafe

 

 

 

投稿日:2013/10/10  Posted in カフェ | Leave a comment

ステーキって、5Aの霜降り肉も当然おいしいのですが、

私の中でステーキと言えば、さしのない牛肉。

アメリカライクな牛肉が時々食べたくなります。

こちらのステーキはまさに喫茶店の味。

醤油とガーリックとタマネギのソース。

赤身の牛肉のおいしさがいっぱい。

元気になります。美味しかった、ごちそうさまでした。

☆店舗情報→【ハイカラカフェ&ベーカリー

 

投稿日:2013/09/29  Posted in カフェ | Leave a comment