icon-planeジャンクフード | グルメブログ「おいしいマレーシア」

多くのローカルOLさんが通うランチ

今回紹介するのは、マレーシア1の繁華街、Bukit BintangPavilionの裏にある「Wisma Cosway」の隣のホーカー(屋台)です。

写真左の緑の看板から階段を降りた路地に屋台が並んでいます。

 

階段を降りると、本当に路地に屋台とテーブルが並んでいるだけなんですが、ランチの時間に行くとこんな風に、ものすごい人でごった返しています。特に、OLさんが多い!

こちらの屋台、5店舗並んでいるのですが、一番人気はこちら

並んでいるのが女性ばかり。「ベジタリアン ヘルシーフード」と看板に書いていますが、その名の通り、マレーシアで人気の「ナシカンダー」のベジタリアンバージョン。バイキング形式ですが、全てのおかずが野菜です。最近はマレーシアでも健康に気をつける人が多くなってきたように思えます。美味しいけど、高カロリーなマレーシアンフードがヘルシーになれば我々日本人ももっと気軽に食べれますね!

こちらの店以外では、「Nasi Ayam」と「wantan mee」が人気です。今回はこちらの2品を注文しました。

見ているだけで、お腹が空いてしまう見た目の「Nasi Ayam」と

 

愛想の良いおばあちゃんが丁寧に茹でてくれる「wantan mee」

 

見た目からもう、美味そうなこの二皿にキンジョーも大喜びです。

 

「Nasi Ayam」は少し辛いですが、濃厚な味付けにやっぱりチキンが激ウマ。キンジョーはダイエット中にもかかわらず、

「これは仕事っすよねー」とか適当なことを言って綺麗に残さず平らげていました。

「wantan mee」も非常にベーシックな味ですが、これぞ「wantan mee」な味で、ローカルに人気な理由がよくわかりました。

人気の秘密は当然、価格にもあります。

・Nasi Ayam 6RM(約170円)

・wantan mee 5.5RM(約160円)

ローカルのランチはこのくらいの価格が人気ですね。

 

Pavilionのすぐ裏手の人気屋台通り、皆さんも是非言って見てください。

 

投稿日:2017/03/14  Posted in ジャンクフード | Leave a comment

マレーシアにもインスタント食品は沢山あります。

その中で、ローカル&日本人に人気なのはコチラのカップラーメン。

MAMEEの【Chef】

MAMEEというのは日本で言う所の【日清】みたいなイメージかな。

マレーシア版ベビースターなども扱う食品会社です。

今回取り上げたのは、マッシュルーム味とカレー味。

「普通に旨い!」

ただ、二つとも日本人には少し辛いです。。。

マッシュルーム味は辛くないと聞いたのですが、

胡椒がよく効いてて「辛い」ですw

カレー味は、東南アジアの辛さなので、日本人で辛いのが苦手な人は無理かも。。。

味は、想像するカップラーメンの味そのままですー。

 

1個でも売っていますが、3個セットなどお得なパッケージもありますので

若い男性へのお土産などには良いのではないでしょうか!

その辺のスーパーに行けば売っていますー。

 

 

投稿日:2014/12/09  Posted in ジャンクフード | Leave a comment

マレーシアではお粥が人気です。

お店も沢山あり、とーーても安いので人気のお店などは

いつも満席。

という訳で、

カップラーメンならぬ「カップお粥」も当然販売されています。

今回チャレンジしたのはコチラ↓

NATURE’S OWNという会社の 3Minit Bubur Mushroom Porridge

 

普通のカップ麺と同じくお湯を入れて3分待つだけ。

食感はお粥というより「オートミール」に近く、お米が細かい。

スープ感覚で頂く感じです。

味は、日本人にも馴染み深い味で、とても美味しく頂けますよー。

 

一つだけ気になるのは、、「しょっぱい」

なので、日本人はお湯を多めに入れて、更に食べながら

お湯を足して調節して食べるのがオススメです。

「ちょっと小腹が空いたな。。」「今日は二日酔いで食欲が。。」

という方には良いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:2014/12/03  Posted in ジャンクフード | Leave a comment

マレーシアのローカルフードとして

愛されているのが「TAPAI」(タパイ)

「ナシレマ」のようにバナナリーフに包まれていて

サイズは「ナシレマ」より一回り小さい外見です。

中身はこんな感じ↓

オニギリの様な外見に親近感がわきますね^^

これは、確かにお米ですが、発酵しています。

日本人にもなじみ深い麹の香りがとってもいい感じ!

甘酒が好きな人には特におすすめです。

ちなみに、この「TAPAI」なんとアルコールが微量に入っています。

ムスリムの方はご存知のとおり、アルコールNGです。

でも、これは食べるそうです。

理由は「謎」です。。。

 

マレー系の屋台や、ホーカーで売っていて

価格は1RM(35円)〜でとってもリーズナブル!

皆さんも一度試してみて下さい!

おいしいですよ!

 

投稿日:2014/11/25  Posted in ジャンクフード | 1 Comment

 

マレーシアの定番お菓子の1つに「えびせん」と「魚せんべい」があるのですが、

 

こちらは魚バージョン。揚げたての揚げせんに甘辛いオリジナルソースをかけた一品が

 

ビールに良く合います。

 

なんと、裏面には日本語の親日ぶり♪

 

ありがとうございまーす☆

 

ニューカマーのオシャレフィッシュせんべいは、バンサービレッジ1のワンダーママ、

 

サンウェイピラミッドのマラケッシュ通り、KLIA2のワンダーカフェなどでお買い求め頂けます。

 

日本人には激辛レベルのスナックです。大人のおつまみにどうぞ♪

 

 

 

投稿日:2014/08/06  Posted in ジャンクフード | 2 Comments

クランバレーエリアでロジャックの有名店と言えば、こちらのROJAK@SS15.

 

私は基本的にフルーツが入ったロジャックが好きではないのですが、ここのロジャックは

 

完全に「おかず味」なのでオッケー!ローカルの人達が列を作って食べるのがわかります^^

 

 

ピーナッツソースの甘辛いソースが、様々な揚げ物に良く絡まって美味しかったです。

 

ごちそうさまでしたー!

 

ROJAK @ SS15【ロジャック】

 http://www.malaysia-magazine.com/kl/gourmet/rojakSS15SubangJaya/

 

 

 

投稿日:2014/07/14  Posted in ジャンクフード | Leave a comment

ラマダン中(断食)によくスーパーやショッピングモールで

見かけるお菓子の山。

その中でも、ヤミツキになるのがこちら↓

【Pineapple Talt】

※このパッケージがオススメという訳では無く、ハリラヤ前なのでコレをチョイス

ボソボソのパイ生地の様なクッキーにパイナップルジャムが包まれています。

「パイの実」を想像してしまいがちですが、生地がクッキーなので

「パイの実」と「バタークッキー」の間のような感じです。

パイナップルジャムは、超ベーシックな味なので

飽きずに大人でも美味しく食べられます^^

マラッカに有名店があるそうですが、まだ食べた事ないでーす。

 

 

投稿日:2014/07/11  Posted in ジャンクフード | Leave a comment

Indo mie(インド ミー)

日本人には馴染みの無い名前だと思いますが

要するに「インド人のやきそば」です。

これは、屋台やホーカーなどのメニューでもよく見かけると思います。

これの、インスタントバージョン(そもそもホーカーもインスタントかもw)

どこのスーパーでも売っていて、種類も豊富。

しかし、ローカルインド人曰く「白いパッケージが一番うまいぜ!」とのこと

たしかに、このブランドが一番味のバランスがよくて、旨い!

中身はこんな感じ↓

日本のインスタントと同じです。

作り方も、沸騰したお湯に麺を入れて3分程待ち、お湯をきって

袋の粉とソースをかけて混ぜるだけ。(インド人はこれに目玉焼きをのせます)

一つ注意点、三色ソースの真ん中の「赤ソース」はとんでもなく辛いです。

子供や辛いのが苦手な方は、入れないようにしましょう。

入れなければ全く辛くないので子供も食べれますよ^^

ちなみに値段は、6RM(約190円)5袋入り

お近くのスーパー等で購入できます。

小腹がすいた時、日本帰国時のお土産にもってこいですよ! 著>makoto

投稿日:2014/06/27  Posted in ジャンクフード | 2 Comments

マレーシアのスーパー、コンビニ、ミニマート。

どこでも売っているコチラの商品。

Mighty White の 【POTATO BAN】

パンにポテトペーストを練り込んでるだけなんですけど、

一度食べたらハマります。止まりません。

若干しっとりしていて、ポテトの甘みが絶妙。

価格は 2.90RM (約90円)

子供から大人までマレーシアで大人気です。   著>makoto

 

投稿日:2014/06/26  Posted in ジャンクフード | 2 Comments