icon-planeマレー料理 | グルメブログ「おいしいマレーシア」

美味しいナシレマといえば、絶対外せないのがこちらの【VILLAGE PARK RESTAURANT】

ローカルの友人に聞いても、必ず名前が出て来るほどの超有名店です。

MAP

日本人にも人気のTTDIからすぐ近くです。この辺のショップロットは飲食店が多く、ランチの時間などは、かなりの人で賑わっています。ちょっと車を止めるのには苦労するかもしれません。。

さてさて、肝心のナシレマはというと

こちらのナシレマの特徴は、何と言ってもチキンです。外はパリパリ、中はジューシー!絶品です!

ナシレマの要とも言える「サンバル」は辛すぎず、味噌のように濃厚で日本人の口にも合います。

ライスは少し少なめです。足りない人は、ライスだけお代わりできますので、遠慮なく店員さんへ

頼みましょう。お米の炊き加減もまた絶妙で、サンバルをつけるといくらでも食べてしまいそう。。

僕は、この店に来たらナシレマしか注文しないのですが、他にもいろいろローカルフードが揃っています

今回注文したのは一番上にある「Nasi Lemak Ayam Goreng」9RM

屋台などで売っている「三角ナシレマ」よりは少し高いですが、美味しいので大満足です。

今回は、吉本住みます芸人のSDキンジョー君と行ったのですが、彼も大満足で、ここぞとばかりに

お代わりしまくりでしたよ。

営業時間などは以下の通り

ローカルおすすめ、人気ナシレマ店【VILLAGE PARK RESTAURANT】

皆さんもぜひ足を運んでみてください!

お店の詳細はこちら→【VILLAGE PARK RESTAURANT】

投稿日:2016/12/07  Posted in マレー料理 | Leave a comment

マレーシアを代表する国民食と言えばナシレマ。こちらはマレーシアの朝食の定番となっていて、おにぎりの様にマレーシアの人達には欠かせない食べ物です。

「ナシ」はマレー語でご飯、「レマッ」は脂肪という意味で、ココナッツミルクで炊いたご飯が朝からエネルギーをばっちりチャージしてくれます。

ナシレマはココナッツミルクで炊いたご飯、かりかりの煮干し、ピーナッツ、ゆで卵、キュウリ、タマネギとチリを炒めた甘辛いサンバルソースが基本のスタイル。

お持ち帰りにはババナの葉っぱを三角に包んだナシレマが便利♪いろんなレストランやカフェ、フードコートなどで気軽に試すことが出来ます。是非チャレンジしてみて下さい♪KLに来た際に有名店で美味しいナシレマを食べるなら、ローカル雑誌で賞をとったこちらが最先端ナシレマでオススメでスー♪

 【Wonder Mama】

http://www.malaysia-magazine.com/kl/gourmet/wondermamak/

こちらも超有名店

【Village Park Restaurant】

http://www.malaysia-magazine.com/kl/gourmet/VillageParkRestaurant/ 

 

 

投稿日:2016/07/27  Posted in マレー料理 | Leave a comment

ムスリム系屋台「ママック」の定食はナシカンダー。ナシカンダーとは、元々インド系マレーシア人が、てんびん棒を担いでカレーを行商で売り歩いていたスタイルの事を指します。ナシ=ご飯、カンダー=てんびん棒と言う意味。現在では、商店街に必ずあるママックと呼ばれるインド系半屋台にナシカンダーカウンターがあり、そこで南インドの味をベーストしたカレーや、お惣菜などを選んで頂きます。ママックはインド系ムスリムが運営しているため、すべての料理がハラル。そのため国民全員が安心して食べられる、定番の国民食ともなっています。 

■ナシカンダーの種類

ナシカンダーを頼む際にはまず「持ち帰り」か、「ここで食べる」かを伝えます。ご飯の種類を選んだら、カレーの種類も選びます。 

日本人に人気のカレーはチキンやビーフ、フィッシュなど。カレーをかけたらさらに総菜の野菜を指止しで指定し、テーブルに運んで食事をします。値段はテーブルにナシカンダーを置いたら店員が乗せたおかずの数と量を数えてレシートに書き込みます。会計は後払いで、だいたい8RMから15RM程度になります。

☆ナシカンダーコレクション☆

■ナシカンダーの頼み方

①マカン(ここで食べる)かブンコス(持ち帰り)と伝える。

※マカンかブンコスのみ話しかければ通じます。

②白飯が良ければナシプテ(白飯)かブリヤーニライス(炊き込み)かを伝えます。

③ご飯にかけるカレーを指止しでチョイス。

アヤム(チキン)、ランブー(ビーフ)、イカン(魚)、エビ(ウダン)

④さらにフライドチキンやキャベツの炒め物などのお惣菜を指さしでチョイス。

⑤好きな物をお皿に盛りつけてもらったら完成です♪

⑥空いているテーブルで食べましょう。店員がやって来て、レシートにナシカンダー分をメモしてくれます。

⑦食べ終わったらレシートを持って、レジで会計をします。 

チキンなどのカレーは意外と辛さ控えめが多く、日本人でもハマる人が続出です。テレビ撮影などはタレントさんにも評判が良かったナシカンダー。観光の際には是非お試し下さい♪

 

 

投稿日:2016/02/29  Posted in マレー料理 | Leave a comment

 

最近マレーシアローカルフードの中のルーティーンに入っているクルアン・ステーション。

本格的マレー系カジュアルフードがリーズナブルに清潔に楽しめるので、

良く行っています。こちらはオススメメニューのひとつ、ラクサ・クラン。

珍味アッサム・ラクサと似た系統のお味ですが、日本人にはこちらの方がオススメ。

青魚の味が冷や汁を思い出します。魚の塩辛さとフレッシュハーブ、タマリンドの酸味が

雨期で食欲を失いがちな時にもオススメです。

 

【KLUANG STATION】クルアン・ステーション

http://www.malaysia-magazine.com/klsuburbs/gourmet/KluangStation/

 

投稿日:2014/12/01  Posted in マレー料理 | Leave a comment

 

ローカルが美味しいと連日集まる夜中のレストラン、Warisan Sambal Opah。

 

少し小さめに包んだナシレマがこのお店の看板メニュー。

 

 

味のバランスはもちろんの事、やっぱりお米の炊き加減が良いと、

 

ナシレマのご飯でもパサパサしないんだー!と嬉しい驚きでした☆

 

友達に美味しいナシレマ屋さん紹介してーと言われたら、ここもオススメ。

 

わかり易くナシレマが美味しかったです♪

 

 

レストラン情報【Restoran Warisan Sambal Opah】

 

http://www.malaysia-magazine.com/klsuburbs/gourmet/restoranwarisansambalopah/

 

 

 

 

投稿日:2014/06/19  Posted in マレー料理 | Leave a comment

チャイニーズだけども「マレーカテゴリー」

訳は「ハラルチャイニーズ」のレストランだから。

ムスリムでも食べられる「ハラルチャイニーズ」の人気店HOMST。

 

ここに来たら頼んでみて欲しいのが「ハーバル チキン」。

マレーシアでは珍しく、煮込みにゴボウをたっぷり使っています。

鶏肉に染み込んだゴボウの香りと醤油が何だかホッと心休まる気持ちに。

元気がない時の「滋養」としてもピッタリ。いちどお試し下さい☆

 

レストラン情報【HOMST】

http://www.malaysia-magazine.com/klsuburbs/gourmet/homusutoresutoran/

 

 

投稿日:2014/05/14  Posted in マレー料理 | Leave a comment

マレー料理の入門レストランとして人気を呼んでいる

クアンタン王室御用達レストラン「ソンケット」

上品な料理の数々も美味しいのですが、ここで一番気にいったのが「ピサンゴレン」

衣がとてもサクサクしていて、クリスピーな美味しさ。

甘い物が苦手な私も美味しく頂けました。

屋台とは全然違う美味しさ、是非お試し下さい

 

レストラン情報→http://www.malaysia-magazine.com/kl/gourmet/Songket/

 

 

 

 

 

投稿日:2014/01/20  Posted in マレー料理 | Leave a comment

マレー料理の中でも日本人の舌に合う。
そう思うナスのクリスピー挙げ。
揚げたてなのにサクサクしていないし、衣が厚いのですが、
何故か文句を言いながら完食してしまうような。。。
ちょっとの唐辛子と、ちょっとのザラメが良くあっていて
実はとっても美味しく頂きました。ごちそうさまでした。
☆こちらのレストランの詳細は → 【Serai
投稿日:2013/10/08  Posted in マレー料理 | Leave a comment

ナシレマは、三角形のものが一番それっぽくて好きなのですが、

売っているのも屋台だったり、スーパーだったり、

遠方から来たお客さんにお勧めするような物でもないので、

やはりナシレマを振る舞う時には「Madam Kwans」のナシレマかなと。

中国よりのお味なので、何故か食べやすく、美味しいです。
ごちそうさまでした。
☆こちらのレストランの詳細は → Madam kwans
投稿日:2013/10/07  Posted in マレー料理 | Leave a comment