icon-planeマレーシアでも温泉が楽しみ隊 パート① KUALA WOH ペラ州

マレーシアでも温泉が楽しみ隊 パート① KUALA WOH ペラ州

マレーシアインターナショナルスクールツアー

こんにちは、マレーシアマガジン代表中村です。

マレーシアに温泉があると知って以来、暇さえあれば温泉に行っております。だいたい外国の温泉と言うと、温度がぬるかったりするのですが、マレーシアの温泉は40度以上あることがほとんど。場所によっては源泉でゆで卵も楽しめるなど、日本人にも是非楽しんでほしい温泉スポットが沢山あります。

今回足を運んだのは、ペラ州のクアラウォーと呼ばれるスポット。ここはKL市内からイポー方面へ向かう手前にあり、カーナビアプリのWAZEの検索で「KUALA WOH」と検索すると出て来ます。車のドライブだと1時間半程。この辺りは地元の人にもキャンピングスポットとして有名な所らしく、川辺にはキャンプエリアもあります。入場は1人3リンギット。早速行ってみましょう。

こちらの温泉は川辺にあります。川辺までの道はこのように整備されています。食べ物屋さんはないので、飲み物や食べ物は持参した方が良いです。

更衣室もありました。

早速川辺に行ってみると、マレーシアの国牒「ラジャブルック」(アカエリトリバネアゲハ)が迎えてくれました。こちらのラジャブルックはなんと、温泉の源泉に集まる習性があるのだそうで。こちらの源泉は源泉ですので、とてもではありませんが、人間が触れる温度ではありません。しかし蝶蝶は平気な様子。なんとも不思議な光景です!

川辺も野性そのままの雰囲気で、特に温泉場がある訳ではありませんでした。川の奥が冷たくて、川の手前が何故か熱湯。と言う感じ。

とにかく川の手前には熱湯が湧き出ているので、温泉を楽しみたい場合はDIYです。スコップを持参するべきでした!!と言う事で、我が家はスケボーで代用。砂を掘り、湧き出た温泉と川の水を混ぜていると、インド人ファミリーも便乗。マレーシアの温泉に行くと、必ずインド人がいます。冷たい所にはマレー人がいて、暖かい所にはインド人。これプチ情報です。

パパさんが浸かる部分は43度くらい。インド人親子の所は40度くらい。なかなか温度は安定しませんw。それでも野性の温泉は何とも気持ちが良く、アクティビティとしても最高です!

温泉にはあまり興味がない子供達も、川遊びや昆虫遊びに夢中。マレーシアのジャングルは世界中の昆虫マニアが集まる昆虫天国です。親としても、あまりにカラフルなので、虫がキモチワルいと言う感覚にはなりにくいです。ただただカラフルで綺麗だなーと。

とにかくKL市内からも日帰りで楽しめますし、親が暖かいお湯につかりながら、川の浅瀬で楽しむ子供達を見守れると言うのは楽で最高でした。

こちらの温泉スポット、野性味溢れる天然温泉なので、次回は食べ物・スコップ・敷物などなど、お楽しみグッズを持参して再訪したいと思います!皆さまも週末アクティビティや旅行に来たお友達を連れて、遊びに行ってみて下さいませ♪

——————————————————————————————————————————

マレーシアマガジンが単月でページビュー数15万PVを達成。ありがとうございます!
マレマガ公式フェイスブック・ブログ村にもイイネ☆を押して頂けると励みになります。┌(゚ロ゚)┐よろしくお願いします\(゚ロ゚)/

にほんブログ村 海外生活ブログへ

☆ヨシモト・クリエイティブ・エージェンシーよりお笑い芸人「ぜんじろう」が来馬。マレーシアの年忘れは笑って過ごしましょう^^

http://www.malaysia-magazine.com/news/27491.html

☆弊社PRの遊海さんがいすゞマレーシアのアンバサダーに就任しました!おめでとうございます!これからも応援宜しくお願いします☆

遊海公式インスタグラム

https://www.instagram.com/yuumi_kato/

☆時間がないビジネスマンのためのビジネスネタ「MM拾い読みニュース」はこちらから。
http://www.malaysia-magazine.com/news/

☆マレーシアマガジンTOPページより、フェイスブックファンページにイイネ!
をクリックして頂けますと、マレーシアマガジン最新情報をご覧頂けます
http://www.malaysia-magazine.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*