icon-planeラワ島:東マレーシアとっておきの楽園!

ラワ島:東マレーシアとっておきの楽園!

マレーシアインターナショナルスクールツアー

こんにちは、マレマガのアミルです。マレーシア半島東側にある赤矢印がラワ島です。

ラワ島は、ジョホール東沖にある島群の中の珊瑚島のひとつです。去年にラワ島について、ローカルの間でもフェイスブックで話題になった島。綺麗すぎてマレーシアのモルディブという呼称も持っています。実は、この美しい島を知らない現地の方がまだまだ多いのですが、ジョホール州ではレゴランド、ハローキティーパーク、プレミアムアウトレットという観光スポット以外にも、まだ自然が豊富なラワ島があり、最近の注目スポットとなっています。

今回のはトラベルライターアソシエーションマレーシア(TRAM)のサポートいただき、ラワ島のメディアトリップに参加しました。ブロガーやローカルテレビと地元新聞の方々25名と一緒に、ラワ島行って来ました。チャーターバスでマレーシアツーリズムセンターからメルシンを出発。クアラルンプールからメルシン町まで4時間半かかり、そこからさらにメルシン渡航港からスピードボートに乗って行きます。メルシン行くにはは車かバスの移動方法しかないです。クアラルンプールから来る人はクアラルンプールバスターミナル(Terminal Bersepadu Selatan)からメルシンバスターミナルまでのバス代がRM33で、そこからボート乗り場に徒歩10分ぐらいです。ジョホールバルからだと1時間ぐらいで到着出来ます。

 

ラワ島は、メルシンから16キロ離れています。天気が良ければ20人まで乗れるスピードボートで約20分で行けます。ボート代はリゾートパッケージ込み。ラワ島にはリゾートが2つあって、私たちが今回宿泊したのはラワアイランドリゾートです。パッケージは往復ボート、部屋、1日3食付です。パッケージの詳細はこちらをご覧下さい。

リンクhttp://www.rawaislandresort.com/rawasfr/package.html

桟橋とビーチにソファが置いてあって、ハンモックもあって海を眺めながら家族とゆっくり時間を過ごせます。

レストランはビーチの近くにあって、ほとんど外のテーブルで食べていました。食事はマレー料理、中華料理、洋食のブッフェスタイルです。夜は海鮮、鶏肉、肉のバーベーキューメニューです。味がとても美味しかったですよー!

ラワ島は77 ヴィラがあって、2人から家族4,5人までのファミリルームが選べます。決して豪華な部屋ではありませんが、温水が出てエアコンもついていて十分快適でした!

それから何と言っても白い砂浜、透明な水。私の人生、今まで見た海とビーチでもっとも美しい海でした。この景色を見るだけで本当に癒されますね!

ラワ島ではシュノーケルやシーカヤック、ダイビング等のマリンアクティビティが楽しめます。ウォータースポーツ用器具を安くレンタル出来ます。手と足で珊瑚を触るとダメージを与えてしまうので、島のルールでは干潮のときシュノーケルをやってはいけないそうです。時間限定の楽しみ。

2種類の低いと高いスライダーもありました。水の深さが足りなくて危ないので、干潮のときはスライダーを遊ぶ事は出来ません。こちらも満潮時間限定の遊び。

青く透きとおった海に入ると、いろんな種類カラフルな魚達が珊瑚の周りで泳いでいる姿が見えます。魚と一緒に泳いで、食パンを与えたら魚が寄ってきくるのがもの凄い貴重な経験ですね。

海遊びの他にヒルハイキングが出来、素敵な日の出も楽しめます。

 

お子様用のプレールーム施設も設けられていて、子供達はトランポリンなどの遊具で遊べます。この島は本当に穏やかで、接客も良く人も多すぎない、お食事美味しい、海はきれい、浅瀬では魚がたくさん見えて、マジで最高でした!!ラワ島は本当に本当にお勧めです!!私も次回は必ず家族を連れてきたいです!

アドバイス:

・ここはお店屋さんがないので、島来る前にスナックやつまみなどを買っておいて下さい。

・毎年10月~1月まではモンスーンシーズン(雨季)なので、これを参考にして旅行計画を立てて下さい。

 

押して頂けると励みになります。┌(゚ロ゚)┐
よろしくお願いします\(゚ロ゚)/
にほんブログ村 海外生活ブログへ

☆Maticfm動画アーカイブを開設しました。チャンネル登録も併せてよろしくお願い致します。

【Matic.fm JOM MALAYSIA】毎週木曜日

Radio :http://tunein.com/radio/Maticfm-s252668/

JOM MALAYSIA by Fumiko 12:00pm- Japanese

☆時間がないビジネスマンのためのビジネスネタ「MM拾い読みニュース」はこちらから。
http://www.malaysia-magazine.com/news/

☆マレーシアマガジンTOPページより、フェイスブックファンページにイイネ!
をクリックして頂けますと、マレーシアマガジン最新情報をご覧頂けます
http://www.malaysia-magazine.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*