icon-planeアミル先生のマレーいつでも使えるマレー語教室 もっと強くマッサージしてください

アミル先生のマレーいつでも使えるマレー語教室 もっと強くマッサージしてください

マレーシアインターナショナルスクールツアー

「アミル先生のマレーいつでも使えるマレー語教室」では、普段よく使う(簡単に使える)日常のマレー語をご紹介していきます。

前回は気持ちが良いという単語「selesa」を覚えましたね。

(復習)
「Bilik ini sejuk jadi saya rasa selesa: この部屋は涼しいので、とても気持ち良い」

 

「Semua kerja dah siap jadi saya senang hati」

今回はマッサージ屋さんで使う言葉を覚えましょう。
マッサージは「Urut」です。

(例文)
Urut kuat lagi:もっと強くマッサージしてください
urut lama lagi:もうちょっとマッサージしてください
sini sakit:ここが痛い
sini sedap:ここが気持ちい

Urut:マッサージ
Kuat:強い
Lagi:もっと
Lama:長い(時間)
Sini:ここ、Sakit:痛い
Sedap:この場合は気持ちいの意味だが、普段は美味しいというときに使われます。

 

使ってみてくださいねー。
マレーシアマガジンが単月でページビュー数15万PVを達成。ありがとうございます!
マレマガ公式フェイスブック・ブログ村にもイイネ☆を押して頂けると励みになります。┌(゚ロ゚)┐よろしくお願いします\(゚ロ゚)/

にほんブログ村 海外生活ブログへ

☆Maticfm動画アーカイブを開設しました。チャンネル登録も併せてよろしくお願い致します。

【Matic.fm JOM MALAYSIA】毎週木曜日

Radio : http://tunein.com/radio/Maticfm-s252668/

JOM MALAYSIA by Fumiko 12:00pm- Japanese

☆時間がないビジネスマンのためのビジネスネタ「MM拾い読みニュース」はこちらから。
http://www.malaysia-magazine.com/news/

☆マレーシアマガジンTOPページより、フェイスブックファンページにイイネ!
をクリックして頂けますと、マレーシアマガジン最新情報をご覧頂けます
http://www.malaysia-magazine.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*