icon-planeアミル先生のいつでも使えるマレー語教室−お元気ですか?−

アミル先生のいつでも使えるマレー語教室−お元気ですか?−

マレーシアインターナショナルスクールツアー

毎週木曜日お昼12時〜MaticFM で放送しているアミル先生の「ひと言マレー語教室」で紹介されたマレー語をアーカイブとしてご紹介したいと思います。今日もマレー語で挨拶。相手の様子を聞く言葉を覚えていきましょう♪

本日のマレー語

マレー語の一言 Apa khabar?

Apa」(アパ)は「何」という意味で、Khabar」(カバー)は「ニュース」という意味です。

英語で言うHow are you?の意味です。日本では毎日会う方にお元気ですか?とは聞きませんが、マレーシアでは英語と同じ様にApa Khabar?とお互いに聞きあいます。

この様に聞かれた場合、Khabar Baik(カバル バイック)で元気です、の意味となりますが、Baikだけで答えても大丈夫です。Baikは「良い」という意味です。そしてOKやGood等シンプルに答えることもできます。OKやGoodは英語ではありますが、現地の方も日常的に使う言葉ですので、マレー語しか話せない人に使用しても問題ありません。

例文

Selamat Pagi, Apa Khabar? (こんにちは、お元気ですか?)スラマットパギ、アパ・カバー?

Khabar Baik (はい、元気です)カバル・バイック

どこでも使えるマレー語、早速出かけた時に使ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*