icon-planeマレーシアで学べること | マレーシアでちょこっとだけ子供の教育を考えた。

こんにちは! マレーシアマガジンの野本です。
 
マレーシア人には天才的に語学が上手い人が多いです。
日本語を教えていても、すぐにどんどん覚えてしまう。
相手の言語を学ぼうとする気持ちが強いなと感じます。
小さい頃から多文化共生社会に慣れ親しんでいる環境が、言語に対する心理的なハードルを下げているんでしょうか。
 
ところがマレーシア人が多言語で、言葉を覚えるのが速い、という話をすると、
各言語どれも中途半端なんでしょ?」という日本人がいます。
 
もちろん、各言語のレベルは人によってさまざまです。
 

日本語で文章を書くマレーシア人たち

 

ところがところが。
マレー語、英語、日本語がほぼパーフェクト、という人もいます。
そしてマレーシアマガジンのなかには日本人顔負けの日本語エッセーを書く人もいるんですよ。

 

例えば、はじめに日本でも有名なダニー・チューさんの日本語を読んだ時にはびっくりしました。彼は英国で育ったマレーシア人です。
http://www.dannychoo.com/ja/post/26094/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%96%87%E5%8C%96%E3%81%A8%E3%81%AE%E5%87%BA%E9%80%A2%E3%81%84%E3%81%8C%E5%83%95%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%81%9F%E7%90%86%E7%94%B1.html 
彼は有名人なので、他の人の手が入っているかもしれないですけどね。

 

最近、マレーシアマガジンでおなじみの中華系マレーシア人のリーリンさんは、留学経験もないのですが、ライターとしてニュースにエッセイに大活躍。たった二年半前にマレーシアの国際交流基金で日本語を学び始めたそうです
独自の文体に味があって、私は大好きです。
 
http://www.malaysia-magazine.com/news/25031.html

 

日本語を書くのはプロのライターでも難しいですが、
しかもニュース記事はちゃんとニュース記事っぽく仕上げてきます。
リーリンさん執筆のニュース

 

エッセイを書くと人柄がそのまま出たような丁寧で品のある言葉を使います。
日本人はあまりこういう言い方はしないかな、と思いつつ、作家のような味があって直したくない。

 

マレーシアマガジンでは作り手の顔が見えるのが1つの特徴なので、各ライターさんの個性はできるだけ大事にしたいです。
案外こういう人たちが新しい日本語を作っていくのかも、と思ったりします。

 

発音が日本人にしか聞こえない人もいました

 

審査員をやった日本語コンテストでは、目をつぶって聞けば日本人にしか聞こえないマレーシア人がたくさんいました。特にマレー人に多かったかな。発音が日本語に似てるんですよね。

 

ある中華系マレーシア人は、独特の日本語を早口で喋り、周りを爆笑させていました。なるほど、マレーシア人流に日本語を解釈するとこういうのもありだなー、この人、日本のお笑いでデビューすればいいのに、って思いました。

 

マレーシアマガジンの取締役アミルさんの日本語も上手です。日本語能力試験で高得点を持つ別の女性スタッフは、語学の天才。うっかり難しい言葉を使ってしまい「ごめん、意味わかった?」と聞いたら「余裕です」と帰ってきました。彼女、英語も完璧な上、マレー人なのにあまりに日本語が上手すぎて、ときどき日本の文化的側面すら、共有しているような錯覚に陥ります。

 

日本人的な「甘え」「以心伝心」は危険

 

そんな彼らと仕事をしていて、うっかり日本人と同じように接してしまい、失敗したこともあります。
チャットでペラペラ話していると、ついいろいろ「察して」もらうことまで期待しちゃうんですね。
彼らは日本人みたいに喋るけど、日本人ではないので、日本人的な甘えは通用しないのです。

 

けれど、よくよく考えてみたら、この「日本人的な甘え」のおかげで、私日本人同士でもたくさん失敗してきました
よく「言った、言わない」「失礼だ」「誠意がない」とか言って私たちって揉めるじゃないですか。日本語のコミュニケーションって難しいんですよね。
全員外国人だと思って、言葉をサボらず伝える努力をした方が良い結果に繋がりそうです。

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/10/03  Posted in マレーシアで学べること

こんにちは、野本です。
先日、マレーシア政府観光局とエアアジアが、マレーシア観光促進で協力することを発表しました。

 

マレーシア政府が観光客を獲得するターゲット国ベスト10とは?

 

驚いたのが、そのターゲットとなる国の選定です。
先進国ばかりではなく、今まで発展途上国と言われていた国々が入っているのです。

 

中国、日本、韓国、インド、スリランカ、バングラディッシュ、ネパール、モルジブ、サウジアラビア、イラン、オーストラリア、ニュージーランド

 

中国、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドはわかります。
しかしインドやバングラディッシュ、ネパールが入ってるってことは、観光客が増えてるんですね。

 

バングラディッシュは以前世界最貧国だったのでは……。
調べてみると、GDPも7.2パーセントとアジアでもっとも低い賃金水準ながら、内需も堅調で、今ではファッションに関心が高い層も増え、中間層が拡大しているそうです。

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170515/mcb1705150500018-n2.htm

 

インド人観光客も増えています。先日ランカウイの観光局の人が「インドのお客さんが多いですねー」と言ってました。日本にもインド人観光客は増えているようですね。
豊かになっているのは何もマレーシアだけじゃなかったのです。

 

IT革命では先進国と後進国が逆転する

 

フィリピンで語学学校を経営する作家の松井博さんも朝日新聞ではっきり書いてました。

 

このような成長物語は別に中国やフィリピンに限った話ではなく、世界中、特にアジアの新興国で顕著です。先進諸国での中産階級の没落を尻目に、アジアでは貧困が目に見えて減り、消費の牽引役を担う中産階級が着々と育っています。
(中略)
ぶっちゃけて言ってしまえば、今起きていることは、先進国から新興国への劇的な所得移転です。20年間で、製造業の就労者数はアメリカで670万人、日本で500万人、そして韓国でも100万人以上減っています。そしてこの後は、頭脳労働も急ピッチで海外に移っていくでしょう。

http://globe.asahi.com/news/2017051500002.html

 

IT革命が起こしたことは、実は先進国の人が貧しくなり、後進国の人が豊かになるという図式です。
マレーシアでもそう。中流層が増え、休暇のたびに海外に行く人が多いです。

 

 

さて今回の発表は、マレーシア政府とマレーシアの会社の提携なのに、中国の上海で発表しています。中国の観光客だけに特典があったりして、中国を重視しているのでしょうね。

 

20年後には先進国と途上国の図式が入れ替わっているかもしれません……。

 

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事
1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/05/29  Posted in マレーシアで学べること

こんにちは。野本です。

 

先日、あるマレーシア人から、同じジムの日本人らしき女性に挨拶するのだけれども、無視されてショックを受けたと相談を受けました。「すごく失礼。話したこともないのになぜ嫌われているのかわからない」と悲しそうでした。

 

私は答えました。「気にしなくて良いよ。多くの日本人は、知らない人は基本的に無視するんですよ。決して嫌ってるわけじゃないんです。親しくなれば挨拶してきますよ」と。

 

彼女は全然知らなかったそうで、びっくりしていました。「嫌われているわけじゃないとわかって安心した。ま、たまにマレーシア人にもそういう人がいるしね」と安心して帰って行きました。文化の違いですからね。

 

そういえば、子供が日本に一時帰国した時も、道で挨拶しても皆が無視すると悲しそうでした。「日本ではそれが普通だよ」と言っても違和感を感じるんですね。

 

日本人同士、特に東京だとたとえ同じ学校のママ同士であっても、知らない人どうしは基本、目を合わせなかったりするんですよね……。
同じコンドミニアムに住んでいても、幼稚園ママたちが固まっている横をすり抜けるのに勇気がいる、と話してくれた人もいます。

 

マレーシア人を含む多くの国の人たちは、知らない人にも笑顔で会釈する人が多いです。マレーシア人は特に他人に親切な人が多いですね。相手が困っていたら手を差し伸べます。

 

もちろん、マレーシア人にもいろいろいて、自分の知り合いとしか挨拶しない!って人もいます。そして、そういう人を「感じ悪い」と批判する人も知ってます。
だからこそ、旅行者には「親切だ」と評価の高い日本人が挨拶を無視すると、「なんでそんなに無礼なの?」と面食らっちゃうみたいです。

 

日本人外国からの旅行者だとわかると途端に親切になったりもするんですけどね。
うーん日本人って世界的に見ると相当変わってます。
まあそこが良いところでもあるわけですが。

 

今までこの手の相談が一回もマレーシア人から出なかったことに、逆にビックリです。

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事

1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/03/13  Posted in マレーシアで学べること