icon-planeマレーシア人から学んでいること | マレーシアでちょこっとだけ子供の教育を考えた。

IMG_8351

 

こんにちは! 野本です。
最近、マレーシアの学生オーケストラに誘ってもらい一緒に演奏して来ました。
モナッシュ大学、テイラー大学、サンウェイ大学の合同演奏会です。

 

日本では石を投げればアマオケに当たると言われるほど、アマチュアオーケストラが盛んです。最近ではマレーシアでもオーケストラのある学校が増えつつあり、特に高級インターナショナル・スクールでは定番の部活動になりつつあります。日本がブラスバンドが多いのに対し、こちらは弦楽アンサンブルが盛んですね。どこのオーケストラもたくさんの弦楽器がいて羨ましい! 私がときどき出ているアマチュアオーケストラも、もうすぐ団員が100人を超えるそうです。

 

2時間経ってもリハーサルが始まらない

 

さて本番当日。
私は事情で遅れて行ったのですが、終わってる筈のリハーサルが
2時間経ってるのに始まっていないんです。
聞いたら、「トランペットが一人も来ていない」というではありませんか。

 

「トランペット、すぐに来てください」とWhatsappで召喚。(大抵なんでもWhatsappで連絡がきます)
それに対し、ラッパのみんなはそれぞれ「渋滞」「親が病気で」などと理由を送ってくるのですが、なかに「エネルギーを節約したくて」と正直に書いてる人がいて笑いました。
そうそう、管楽器って本番前に吹き過ぎるとバテるんです。

 

さて。
2時間遅れて始まりましたが、それで当然のように誰も怒らず、誰も謝らないマレーシア。
私もマレーシアに慣れたので、びっくりしなくなりました。
(というか、私も堂々と2時間遅刻したわけですが……)
日本でこれやったら針のむしろで、本番失敗したら確実に責められそう。

 

雰囲気が全然違うー

 

マレーシアのオケは、みんなフレンドリーで雰囲気が優しく柔らかい。相手のミスも責めないし、自分のミスも気にしません。
たいして練習してないので、ソロで失敗する人も出てくるのですが、意外にも難しい曲のアンサンブルはうまく行ったりして、簡単に崩壊しないのも不思議なところです。
相手を聞いて、相手に合わせるという意味ではコミュニケーションが上手なんですよね。多分。
そして「練習してこいよ」というプレッシャーはとても少ない気がします。

 

この日もみんなとってもフレンドリー。本番の幕間でも「おばさん一緒に写真とろーよ」と声かけられて、あちこちで一緒に写真撮りました。笑

 

この3つの大学についての話も聞きましたが、学生は皆勉学の方もかなり忙しそうでしたね。

 

恐竜が着ぐるみきて指揮!

 

アンコールには指揮者が恐竜の着ぐるみで登場し、「ジェラシック・パーク」を演奏しました。こういうのを1回くらいのリハーサルでサクっとやってしまうのがマレーシアっぽい….。大きな恐竜が指揮棒を持って体を揺らして指揮するのが面白すぎて、私は演奏どころではありませんでした。

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事
1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/05/16  Posted in マレーシア人から学んでいること

こんにちは。野本です。
マレーシアの多様性半端じゃありません。

 

昨日、南国新聞の記者の友人に誘っていただき、「バイサキ」という新年を祝う行事で、
初めてシーク教寺院に行って来ました。

 

17904230_10211482845440516_4597235228976968479_n

 

シーク教といえば、「ターバンを巻いた北インドの人たち」くらいしかイメージがなかった私です。
南インドの人が多いマレーシアではシーク教徒の数は少なく、普段あまり見ることがないのです。

 

お寺にはスカーフをかぶって入ります。
皆が、見ず知らずの私を優しく歓迎してくれた上、
いきなり美味しいスナックとチャイを振舞われ驚きました。
ここでは「食べること」がとても重要なのだそうです。

 

そして説明を受けて心底驚きました。
お寺には驚くほど大きな台所があり、
毎日食事をふるまっており、誰でも(異教徒でも)無料で食べられるのです。
宿泊もできるので、誰でもいつでも泊まることが可能だそうです。
しかもお金持ちも貧乏人も、ここでは平等です。

 

17951586_10211482846280537_4612554058002115503_n

 

子供も話を聞いてびっくり。「世界から貧困がなくなるね」と言いました。

 

以下、間違っているかもですが、インド人の信者の方から聞いた説明です。

 

人間は皆平等という思想の宗教

 

シーク教は比較的新しい宗教で、500年くらいの歴史があります。

 

教義は簡単にいうと主に3つ。
・善人であること
・自分の仕事を一生懸命すること
・稼いだものをシェアすること
そして、グル以外は老若男女、全員平等です。
偶像崇拝や苦行、儀式や迷信を否定しており、現実的な宗教のようです。

 

寺には像もなければグル以外の上下関係もありません。

 

二階に上がると、お経を読む声が聞こえました。
パンジャビ語で書かれた経典が非常に大事にされており、お正月はそれを途切れなく読みます。
英語に訳されており、私たちも全文を読むことができます。

 

寄付をすると、小麦粉とギーと砂糖を混ぜたお菓子をもらいました。
配分が等分になっており、それは平等であることを意味するのだそうです。

 

人々は、その場でくつろいでいるように見えました。
その声を聞く「場」にいるだけで良いのだそうです。
17884054_10211482848160584_3902895374106142193_n
17904073_10211482848120583_6301690537583534926_n

 

お寺にはコミュニティーの機能もあるので、毎日開いているお寺にいれば、孤独も無くなります。
シンプルで、偶像も飾りもないお寺でしたが、この宗教が存続しているのは驚きです。

 

「食べること」が宗教の中で大きな位置を持っているそうです。
大きな鍋でカレーやチャパティを作っていて、私もチャパティを作りました。

 

聞けば、クアラルンプール近郊だけでも10以上のシーク教寺院があるとのこと。
マレーシアの政府観光局でもバイサキを祝うイベントが今月末行われます。

 

マレーシアにきてもう5年以上経つのに、未だ知らないことばかりです。
この国は歴史は短いですが、集まる人々の多様性が、やはり半端ありません。昨日マレーシアにこられた皇太子さまもマレーシアの多様性と寛容性について言及されていました。
私たち日本人がこの国から学べることは、本当に多いと思います。

 

昨日はタイのお正月でもあり、朝、タイ人の友達を囲み、皆でお祝いを述べたばかり。
一方、キリスト教の皆さんはイースターの準備をしています。
こういう話を、イスラム教徒、仏教徒の皆さんがニコニコ聞いています。

 

世界の広さに驚くとともに、マレーシアに来て本当に良かったと思いました。

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事

1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/04/14  Posted in マレーシア人から学んでいること

こんにちは、野本です。

最近、移住組の日本人と話題になること、それは
「日本人はなんでこんなに語学ができないのか」ってコトです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

マレーシア人の語学学習のスピードは早い

ときどき、マレーシア人に日本語を教えてますが、彼らの語学を覚えるスピードは凄まじいです。
すぐに覚えてしまう人が多く、用意した教材が追いつきません。
それも若者ではなく、普通の主婦に教えているのに、です。

今教えてる人は広東語、英語、マレー語を話します。日本語も正確な文法で漢字かな混じり文が書け、私から見たら十分なレベルですが、「日本語はまだまだ初心者」と言い切ります。

 

日系企業で働くマレーシア人女性、日本人上司の英語がわからないので、
自分が日本語を習った方が早い、と日本語ぺらぺらになっちゃいました。

マレーシアマガジンの読者もマレーシア人が増えてます。
記事にコメントを寄せてくれるのがマレーシア人ばかりでびっくりってコトもあります。
日本語の記事を読んで、自然な日本語でコメントを書くコトができるマレーシア人がゴロゴロいるんですよね。

 

彼らに言わせれば、「マレー語は簡単だから半年で覚えられる」とのことですが、半年でマレー語ぺらぺらになった日本人は少ないです。涙

で、日本人同士で集まると、「なんで日本人はこんなにできないんだろ……」って冒頭の疑問に戻るわけです。

 

日本語が「細かすぎる」?

日本語が細かすぎて覚えるのに異様にエネルギーを使うのか、江戸時代の鎖国が影響したのか、DNAが語学に向いてないとか、いろんな原因があるのでしょうが、総じて言えるのは「我々はコミュニケーションが下手な民族である」ってこと。

つまり日本人以外の相手とコミュニケーションする気持ちがないので、語学力が伸びないんじゃないかなぁ、と思うわけです。

 

かく言う私も最近仕事でマレー語が必要なシーンが増えてきました。昨日プトラジャヤに取材に行ったのですが、守衛さん(多分外国人)が話す簡単なマレー語が全然わからず「言葉ができないのは赤ちゃんと一緒だな」とうなだれて帰ってきました。
毎年、今年こそマレー語頑張る、と思うんですけどね。
うん、今年こそ頑張ります。笑

 

ーーーー
■3月10日、クアラルンプールのスタジオ「HIBANA Lab」さんで、子供の教育に関する「お話会」をやります「2020年日本の入試改革」「グローバル教育」「マレーシアの教育事情」などについて取材したことをもとにお話します。残席わずかだそうですのでお申し込みはお早めに。

http://wakuwakuijyu.com/blog/hibanalab/?p=640

■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。
http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事

1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/02/28  Posted in マレーシア人から学んでいること