icon-planeマレーシア人から学んでいること | マレーシアでちょこっとだけ子供の教育を考えた。

こんにちは。マレーシアマガジンの野本です。

中華正月が近づいて来ました。中国のみならず、全世界中に散らばった華人たちがお祝いをする日。
マレーシアも例外ではないですが、国全体がお祭りムードになります。

 

以前、中華正月に招かれたら?というタイトルで記事を書きましたが、マレーシアも滞在六年となり、一口に華人といってもいろいろな人がいることがわかって来ました。

 

中華正月のお祝いに招待されたときの4つのポイント

 

今日は改めて、マレーシア華人で、マレーシアマガジンのライターでもあるリー・リンさんに以前書いた内容を一つ一つ、検証してもらいました! この記事はいつもお世話になっている華人のご家族に教わった内容ですが、マレーシア華人と言ってもいろんなスタイルがあるようです。

 

1.赤い服を着て行く

中国正月に暗い色の服はタブーだそうで、特に年配の方は赤い服を喜ぶそうです。Tシャツでもなんでもオッケーなので赤かピンクの服を着ていきます。赤い下着を着る人も多いそうです。

 

ーー中華系人は確かに赤い色が好きですが、黒い服を着てなければ大丈夫です。赤い服を持っていなければ、明るい色もおすすめです。

 

2.お土産を持っていく

中国正月にお邪魔するときは、みかんやお菓子、お酒などの手土産を持っていきます。スーパでは詰め合わせも売ってますね。

 

ーー手土産を持ってこなくても構いませんよ。もし何か持って行きたいなら、みかんだけもう十分です。でも、偶数(四つとか8つとか)のを持って行ってください。帰る前に、主人から返してくれる場合では、引き受けてください。

 

3.アンパオ(お年玉)を持っていく

アンパオ(お年玉)は子供だけでなく、独身の人にあげるのがこちら流。
金額は少なくてオッケーですが、全員に渡すと喜ばれますー。逆に、今独身の人はアンパオをもらうこともあるでしょう。アンパオの袋はあちこちで配っているほか、スーパーでも売っています。

 

ーーアンパオをあげる習慣は、地域によって違うそうです。私の故郷のジョホール州では、家族と親戚の子供や独身の若い者だけに渡します。友達や知り合いの子供には、気持ちによって渡すようです。しかし、クアラルンプールやペナンでは、確かに誰にも渡すようにします。私の場合は、結婚しているのに友達にもらったこともありますが、ちょっとおかしいと感じましたけど。

 

4.イーサンの食べ方

 

マレーシアやシンガポールでは、イーサンと呼ばれる中華風のサラダをみんなで混ぜてお祝いすることも。比較的新しい風習のようですが、野菜やフルーツ、魚介類をみんなでかき混ぜて新年の幸福を願います。高いとこから落とすように混ぜるのがポイントです。

 

ーー今の頃はどんな日にもイーサンを食べられますが、元々旧正月の7日に食べる料理です。旧正月の7日に「人日」と言われます。「女媧」という女神が人間を作った日らしいです。つまり、人間の誕生日としてお祝いします。

 

リーリンさん、ありがとうございます!
ではみなさん楽しい中華正月をお過ごしください。
ではまた!

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

(スポンサーリンク)

投稿日:2018/02/08  Posted in マレーシア人から学んでいること

こんにちは! 野本です。

 

今日子供を怒ったら
「ママ感情的になるのはやめて。少しはアンガーマネンジメントして」
と言われてしまいました。

 

はい。

 

マレーシアでは怒りで相手を動かすことはまずできません。
大抵、怒った方が損します。何も良いことはありません。

 

怒っている人は裏でなんと言われているか

 

以前、華人の不動産業者と家を見に行ったときのこと。
住んでいた韓国人の男性が、それはすごい勢いで不動産業者を怒鳴ってました。
聞けば、鍵の受け渡し方法が悪かったようで、まあ割とどうでもいいような理由なんですが、
延々と怒鳴りまくってました。

 

終わった後。

 

不動産屋さんA「あー怖かったー。なんだってあんなに怒るのかしら」
不動産屋さんB「機嫌が悪いだけでしょ。もう関わるのはやめよう」
不動産屋さんA「そうしましょう。あー怖かった」

 

↑大抵こんな感じです。自分たちの責任だとか、次は怒られないようにしようとか、
そういう発想には行かないです。

 

以前も書いたけど、延々と団員に怒鳴りまくる華人の指揮者が居ました。

 

この人も裏では、
団員A「あんなに怒ったらピアニッシモなんて吹けないよ」
団員B「しょーがない。ああいうコミュニケーションしか知らないのよ」
団員A「典型的な中華学校の古い先生だな」

って、哀れみの目で見られてました。

 

マレーシアでは日本と違って「怒り」で人は動きません。
むしろ怒っている人は「感情のコントロールができない、かわいそうな人」とみなされて、人が離れていきます。

 

ある学校に採用条件を聞いたら、第一の条件が
「怒りのコントロールができること」
でした。
これは中東の人が言ってましたが、やっぱり怒っちゃ損なんですよね。

 

私も来たばかりの頃は日本のノリでよく怒ってました。
恥ずかしいことをしてました。
最近でも東京時代の癖でたまに怒ってしまいます。
毎回息子に、「ママ、苛立つ感情をぶちまけても何も解決しないよ」と言われてます。
まだまだですね。

 

怒りすぎる日本人ーー私たちが怒るのは、相手を動かせるから?

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

(スポンサーリンク)

投稿日:2018/01/30  Posted in マレーシア人から学んでいること

こんにちは! マレーシアマガジン編集長の野本です。

 

マレーシアでは、今年の九月、休日が2回も変更になりました。

 

カレンダーに印刷してある国民の休日が突然変わるマレーシア。
今回は、世界的にイスラム暦が変更になったこと&スポーツの祭典での結果を記念して、と言うのが理由でした。
マレーシアではヘイズだったり、選挙だったり、いろんな理由で学校や会社が休みになります。

 

毎回すごいなーと思うのが、それでもなんとかなってしまうマレーシア。
ここでは「オッケー了解!」とスムーズに受け入れられてしまうのです。
仕事が変更になって「誰が責任取るんだ!」と言いだす人も見ないですね。

 

日本でこんなことが起きたら、きっと大変です。
交通機関や会社は混乱するし、新聞もテレビもその是非について議論になりそう(汗)。
学校現場なんかパニックじゃないでしょうかね。
大騒ぎになることでしょう。

 

もちろん、休日変更で突然、予定を変更させられた人たちもいっぱいいると思うんですよ。
実際に、私が出る予定だったイベントは、翌日に変更となりました。
マレーシアには、「そういうこともあるよね」と受け止める人が多い気がします。

 

こう言うのに慣れてくると、それが当たり前になって来ます。
突然の変更があっても、慌てず騒がず「えー」とか「ぎゃー」とか言わなくなるんですね。

 

近くにある交差点、よく雷の後などに信号機が壊れます。
ところがマレーシアの人たち、信号機が壊れてても、誰も慌てたりパニクらないんですよね。
お互い、適当に譲り合い、(ときには我先に押し合いつつ)、やり過ごしてしまいます。

 

イレギュラーなことが起きた時に柔軟に対応するのって、なかなかカッコいいなと思うのでした。

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/09/26  Posted in マレーシア人から学んでいること