icon-plane 新・中華正月に招かれたらどうするか

新・中華正月に招かれたらどうするか

こんにちは。マレーシアマガジンの野本です。

中華正月が近づいて来ました。中国のみならず、全世界中に散らばった華人たちがお祝いをする日。
マレーシアも例外ではないですが、国全体がお祭りムードになります。

 

以前、中華正月に招かれたら?というタイトルで記事を書きましたが、マレーシアも滞在六年となり、一口に華人といってもいろいろな人がいることがわかって来ました。

 

中華正月のお祝いに招待されたときの4つのポイント

 

今日は改めて、マレーシア華人で、マレーシアマガジンのライターでもあるリー・リンさんに以前書いた内容を一つ一つ、検証してもらいました! この記事はいつもお世話になっている華人のご家族に教わった内容ですが、マレーシア華人と言ってもいろんなスタイルがあるようです。

 

1.赤い服を着て行く

中国正月に暗い色の服はタブーだそうで、特に年配の方は赤い服を喜ぶそうです。Tシャツでもなんでもオッケーなので赤かピンクの服を着ていきます。赤い下着を着る人も多いそうです。

 

ーー中華系人は確かに赤い色が好きですが、黒い服を着てなければ大丈夫です。赤い服を持っていなければ、明るい色もおすすめです。

 

2.お土産を持っていく

中国正月にお邪魔するときは、みかんやお菓子、お酒などの手土産を持っていきます。スーパでは詰め合わせも売ってますね。

 

ーー手土産を持ってこなくても構いませんよ。もし何か持って行きたいなら、みかんだけもう十分です。でも、偶数(四つとか8つとか)のを持って行ってください。帰る前に、主人から返してくれる場合では、引き受けてください。

 

3.アンパオ(お年玉)を持っていく

アンパオ(お年玉)は子供だけでなく、独身の人にあげるのがこちら流。
金額は少なくてオッケーですが、全員に渡すと喜ばれますー。逆に、今独身の人はアンパオをもらうこともあるでしょう。アンパオの袋はあちこちで配っているほか、スーパーでも売っています。

 

ーーアンパオをあげる習慣は、地域によって違うそうです。私の故郷のジョホール州では、家族と親戚の子供や独身の若い者だけに渡します。友達や知り合いの子供には、気持ちによって渡すようです。しかし、クアラルンプールやペナンでは、確かに誰にも渡すようにします。私の場合は、結婚しているのに友達にもらったこともありますが、ちょっとおかしいと感じましたけど。

 

4.イーサンの食べ方

 

マレーシアやシンガポールでは、イーサンと呼ばれる中華風のサラダをみんなで混ぜてお祝いすることも。比較的新しい風習のようですが、野菜やフルーツ、魚介類をみんなでかき混ぜて新年の幸福を願います。高いとこから落とすように混ぜるのがポイントです。

 

ーー今の頃はどんな日にもイーサンを食べられますが、元々旧正月の7日に食べる料理です。旧正月の7日に「人日」と言われます。「女媧」という女神が人間を作った日らしいです。つまり、人間の誕生日としてお祝いします。

 

リーリンさん、ありがとうございます!
ではみなさん楽しい中華正月をお過ごしください。
ではまた!

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

(スポンサーリンク)