icon-plane イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

引き続き、マレーシア人の英語についてです。

マレーシア人の英語力、じつは比較的、高いらしい。
けれども、彼らは自分たちのマレーシア英語(マングリッシュ)をアイデンティティーと捉えているふしがあります。
英語にマレー語や中国語を混ぜて、さらにむちゃくちゃシンプルにしたものです。

Twitterで18万人以上のフォロアーを誇る「Typical Malaysian」さんも書いてました。
「マレーシアでは、一つの文章に複数の言語を混ぜます。意味がわかれば、それでいい。語尾にラーを付けると、怒ってる感じとか、急いでる感じとか、助けを頼む感じとか、とにかくマレーシア人っぽい感じが出せます」

マレーシア人ってけっこう自虐的で、これで笑いをとって楽しんでいるんですよね。
そんなわけで、定期的に、マレーシア英語について書いたジョークが送られてきます。

グループチャットで最近回ってきたジョークを紹介します。
最後に「マレーシア人に送って笑ってね」って書いてありますが、日本人にもシェアしちゃいます。
題して、「イギリス英語とマレーシア英語の違い」。以下、長いですが、全文引用します。
()内は私の注釈です。

———————-

British English vs. Msian English(イギリス英語VS.マレーシア英語)

WHEN GIVING A CUSTOMER BAD NEWS(顧客に悪いニュースを伝えるとき)
Britons(イギリス人) : I’m sorry, sir, but we don’t seem to have the sweater you want in your size, but if you give me a moment, I can call the other outlets for you.
Msians(マレーシア人) : No stock

RETURNING A CALL(コールバックするとき)
Britons : Hello, this is John Smith. Did anyone call for me a few moments ago?
Msians : Hello, who call?

ASKING SOMEONE TO MAKE WAY(どいてほしいとき)
Britons : Excuse me, I would like to get by. Would you please make way?
Msians : S-kew me.(Excuse meの意味です)

WHEN SOMEONE OFFERS TO PAY(奢りたいとき)
Britons : Hey! Put your wallet away, this drink is on me
Msians : No need lah

WHEN ASKING FOR PERMISSION(許可を得るとき)
Britons : Excuse me, but do you think it would be possible for me to enter through this door?
Msians : (pointing at the door) Can ah?

WHEN ENTERTAINING(エンターテインメントの席で)
Britons : Please make yourself right at home
Msians : No need shy shy one lah!(これ、よく言いますよね….)

WHEN DOUBTING SOMEONE(誰かを疑うとき)
Britons : I don’t recall you giving me the money
Msians : Where got?

WHEN DECLINING AN OFFER(オファーを断るとき)
Britons : I would prefer not to do that, if you don’t mind
Msians : Don’t want lah

IN DISAGREEING ON A TOPIC OF DISCUSSION(トピックや議論に反論する)
Britons : Err…Tom, I have to stop you there. I understand where you’re coming from, but I really have to disagree with what you said about the issue
Msians : You mad ah?

WHEN ASKING SOMEONE TO LOWER THEIR VOICE(声を小さくしてほしいとき)
Britons : Excuse me, but could you please lower your voice? I’m trying to concentrate over here
Msians : Shut up lah!

WHEN ASKING SOMEONE IF HE/SHE KNOWS YOU.(相手が知り合いかどうか聞きたいとき)
Britons : Excuse me, but I noticed you staring at me for sometime. Do I know you?
Msians : See what, see what?

WHEN ASSESSING A TIGHT SITUATION(大変なとき)
Britons : We seem to be in a bit of a predicament at the moment..
Msians : Die lah!

WHEN TRYING TO FIND OUT WHAT HAD HAPPENED(何が起きたのか知りたいとき)
Britons : Will someone tell me what has just happened?
Msians : What happened ah? Why like that one lah?

WHEN SOMEONE DID SOMETHING WRONG(誰かが何か間違ったことをした)
Britons : This isn’t the way to do it. Here, let me show you
Msians : Like that also don’t know how to do!

WHEN ONE IS ANGRY(怒ってるとき)
Britons : Would you mind not disturbing me?
Msians : Celaka lu!(マレー語になってる….you idiot! みたいな意味ですね….)

Send this to your Malaysian friends and let them have a laugh too. Good day!

Msians : Sent oredi mah! (もう送ったよ! oredi=Alreadyですね)

———————-

私の周りのマレーシア人たち、これを読んで、「ほんとその通り!(Very true lah!)」と笑い転げてました。

私「Lah」は言わないように気をつけてますが、(一度いうと癖になりそうなので)、
圧倒的にマレーシア英語のほうが聞き慣れてるし、自分でも上記のように言ってます。

英語をきちんと覚えたいと思うなら、マレーシアじゃないほうがいいのかもって思います。

—–

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-0924583686455665"
data-ad-slot="6328798124"
data-ad-format="auto">