icon-plane学校 | マレーシアでちょこっとだけ子供の教育を考えた。

マレーシアに来て、インターに入っても「英語ができない」→「友達ができない」→「つまらない」となるお子さんがいます。なかには、英語アレルギーになって帰っていく人もいます。

 

一方で、少数ながら、2−3年で英語優位になった、というお子さんもいます。
今回はそんなお子さんの保護者に話を聞きました。
前回までのお話はこちら→「どっぷりローカル」が鍵だった

 

学年を2−3年落として「自信をつけさせる」作戦

 

徹底したローカルにこだわったというお母さん。ローカルの学校に入れるため、小学3年生だったお子さんは、学年を3年も落として幼稚園からのスタートとなりました。5歳と7歳の子供達、当時はABCも知らなかったそうです。

 

少し解説をしますと、マレーシアの学校に子供を入れようと思った場合、
日本人にとって入りやすいのは、日本人学校>インターナショナル(欧米系)>インターナショナル(ローカル)>ローカル学校
です。
ローカル色の強い学校ほど、難関になってしまうんですね。

 

実は「一年我慢して本人に自信を持たせて英語を完全にしたほうがいい」というのは、先生のアイデアでした。

 

すぐ友達ができ、家を行き来するほどの仲になり、二人の英語はあっという間に上達していきます。何しろ一人も日本人が他にいないので、日本語が入るスキがなく、英語をどんどん吸収するんですね。
二人とも素直な性格だったのも良かったようです。

 

「先生からも、英語が理解できなくて困っている、って言われたことはありません。
聞き取れないと友達に聞いたり、簡単な言葉で説明してもらったりしてたようです」

 

マレーシアの幼稚園の多くでは読み書きの基礎を教えます。しかし難しすぎないので、成績もよく、自信につながったそうです。
すぐ1年上に上がり、それでもしばらくは2年下で勉強しましたが、その後1年で元の学年に上がっています。

 

また初めの半年は、週2日英語の塾にも通いました。ここも日本人が一人もいない、ローカルがいく補習校にしました。先生はインド人。「たった一人でも日本人がいたら命取りになりますから」とお母さん。徹底してローカルにこだわりました。

 

とにかく先生と密にコミュニケーション

 

もう一つ、このお母さん、学校と実に密にコミュニケーションをとっていました。

 

「幼稚園も学校も、多分日本人が珍しくて手厚くしてくれたと思う。運も良かったけれど、やっぱり親子ともになるべくローカルに参加しようという努力はしました。帰りに先生に様子を聞いたり、マメに電話したり」
幼稚園の先生もアフタースクールプログラムの先生も二人をとても大事に見てくれたそうです。

 

住んでいた地域でも日本人はひと組だけ。おかげでローカルの友達ができ、二人は1年終わる頃にはすっかり英語優位になりました。

 

3年経って日本に帰国しましたが、帰国時には二人とも英語が得意になり、学校では表彰されるまでになりました。下のお子さんは日本語も流暢ですが、結局日本でもインターナショナル・スクールに通うことにしました。今でもゲームなどで英語の保持は続けるそうです。多文化に慣れ、英語アレルギーをなくす、という目的はしっかり達成されての帰国となったようです。

 

話していて感じたのは、お母さんに、現地の人への「上から目線」が全くないこと。語学だけに重点を置くのではなく、学校や現地の先生を心から信頼し、良い人間関係を作ろうと努力したことが大きかったのではないかな、と思います。

 

語学の学習って大人も子供も変わらないですね。
英語が多少話せる人の多くが、こうした英語漬けの時期を通っています。
日本語を排除し「英語に浸りきる」時期が必要で、そのためには相手を尊敬し、交流しようとする気持ちがなにより大切なのだと思います。

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事
1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/08/29  Posted in 学校

こんにちは。野本です。

 

2018年にオープンするというペニンシュラ・インターナショナル・スクールに話を聞いてきました。
セティア・シティモールのそばに工事中。本学校のほか、コンドミニアムや店舗などを複合的に開発します。

 

School View5-CD1

経営は不動産・メディアを持つ複合企業。マレーシアの学校には多いパターンです。

 

Year1からYear12までの生徒をオーストラリアのビクトリア式プログラムで教育します。「英国式とIB中心のマレーシアに別の選択肢を持ち込みたい」と、オーストラリアから誘致しました。本校はオーストラリアにあります。

 

カリキュラムにダンスやドラマも

 

一発の試験でが決まるイギリス式と違って、オーストラリア式は授業態度などを加味し、VcEという試験と合わせて卒業可能かを総合的に判断します。オーストラリアは州ごとに制度が違いますが、最終的にはどこもAtarという点数に換算します。

 

試験一発でないので、とにかく英語で苦労する日本人には向いているかもしれません。
コンドミニアムから歩いて通える距離なのも良いですね。

 

英語のサポートはしてくれますが、英語力ゼロでは難しいとのこと。
「基礎的な英語力はつけてきてください」とのこと。
入学数ヶ月までに集中的に勉強してくることをお勧めするそうです。

 

ユニークなのがカリキュラムです。正規の授業の中に「ダンス」「ドラマ」「メディアアート」「ビジュアル・アート」などの教科が入っています。

 

「知識だけではなく、スキルーー例えば質問をしたり、真偽を見極めたり、結論を説明したりする、クリティカルでクリエイティブな力を養います」とのことで、IBに近い印象を受けました。
実際に学校のキャサリンさんも「IBとイギリス式の中間をイメージしてもらえれば」と話しています。

 

オーストラリア式は「勉強がゆるすぎる?」

 

オーストラリア式というと「勉強がゆるすぎる」というお母さんも多いのですが……と言ってみたら、苦笑しながら「暗記に慣れた世代にはそう見えるのでしょうね。でも、もう暗記教育の時代は終わりました。マレーシアの公立学校も未だに暗記と長時間学習が中心です。学校が終わった後に塾に行かせ、混乱しているお子さんもいますよ」と教えてくれました。

 

この学校では教育はすべて学校で提供するそうで、放課後に塾に行くことは勧めていないそうです。
「どうか塾には行かせず休ませて欲しいですね」とのことでした。

 

 

学校の開校は来年の1月です。
マレーシアには、新しいインターナショナルスクールがどんどんできて、選択肢も増えて来ました。
面白いです。

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事
1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/06/20  Posted in 学校

こんにちは、マレーシアマガジンの野本です。

さて、最近、マレーシアで行われるサマーキャンプ・サマープログラムについて、お問い合わせが多いです。
実はマレーシアで、日本人向けの英語サマーキャンプは決して多くはないのですが、取り急ぎ、わかっている範囲でまとめました。
私が把握しているのは以下の3つだけです。他にもたくさんあると思います。
こんなのがあるよという人、ぜひおしらせください。

アップワード・ラーニングセンター(マインドスペース)・サマースクール

クアラルンプール(モントキアラ)とアラダマンサラにある米国式プログラムのホームスクール。1週間から4週間まで自由に期間を設定可能ですが、宿泊や交通はご自身での手配となります。週ごとに決まったテーマに沿って、ディスカッション、工作、歌、プレゼンテーションなどを総合的に学ぶコースとなります。
登録料金:  RM50 (税込RM53) 費用: 週RM960(消費税込みRM1,017.60 )ランチ・スナック、教材込み。 兄弟割引:2週間以上で10%割引
時間:   9.00 am to 2.30 pm
 
【テーマと内容】
3 July – 7 July 2017 スーパーヒーロー
スーパーマン、スパイダーマン、バットマンはそれぞれ自分の町の犯罪で大忙し。KLはあなたとあなたのスーパーパワーを求めています!! 私たちの町は新しい恐ろしい悪者によって攻撃され、我々の運命はあなたの手にあります。あなたは最も勇敢なスーパーヒーローなのです。しかし、我々があなたを信頼する前に、あなたはスーパーパワーやコスチューム、未来のテクノロジーが勝利に導くことを説明し、私たちを納得させなければなりません!!!

 

10July – 14 July 2017 海賊
おーい! 海の友人たちよ、危険な旅に出ましょう。我々は7つの海を航海し、謎の宝物を探す旅に出ます。地図はあります。乗組員を募集しています!

 

17 July – 21 July 2017 オリンピック
100年前、離れたギリシャの土地で、オリンピックは始まりました。そこからオリンピックは各国に広がり、各種選手が身体能力を競うイベントになりました。今週は、我々は最も優れた選手たちを紹介し、この有名なイベントの裏話について学びます。

 

24 July – 28 July 2017 アメージング・レース
位置について、ヨーイドン! これは世界をたった5日間で世界中を回るレースです。勝つには、出場者たちは、質問に答えたり、謎を解いたり、挑戦を受けたり、考えたり、遊んだり、ダンスしたり、歌ったりします。誰にも先に行かせてはいけません! 1番をとりましょう!

 

31 July – 4 August 2017 ワイルド・ワイルド・ウエスト
カーボーイは全員集合! 探検家、保安官、アメリカ先住民、そして窮地にあるレディーたち! これは金を探すワイルド・ウエストへの最後のコールです。私たちをやっつけようとする山賊や無法者ギャングに気をつけて! 銃、弓矢を用意して馬に乗り、ユニークな1週間の冒険に備えてください。

 

7 August – 11 August 2017 ロボット
2050年にようこそ。世界はもうあなたが覚えている世界ではありません。今や私たちはロボットの時代に生きているんです。私たち、マインドスペースラボのみんなは、パイオニアです。もっとも素晴らしいロボットを作っています。私たちはチームのメンバーとして、最も賢く、最もクリエーティブな個人をリクルートし、未来の革命的な未来を紹介します。

 

http://upwardlearning.net/

 

Westlake International School サマープログラム2017

 

ペラ州イポーに近いカンパーの学生町にある学校です。学校の寮を利用したサマースクールで、主に英語を学びます。
2017年7月24日から8月20日まで。対象年齢は11歳以上。

 

4週間プログラム 合計9500RMには、申込金、入学金のほか、80時間の英語コース、寮、食事、ワイファイ、エコツアー、ゴルフレッスン、スポーツ、ショッピング、1泊のクアラルンプール観光旅行を含みます。

 

http://www.westlakeschool.edu.my/admission/short-term-programme

 

エプソムカレッジ サマースクール

 

クアラルンプールの郊外、KLIA空港近くの高級インターナショナル・スクールです。英語のコースはすでに満員になってしまったそうですが、サッカー教室を別途開催するそうです。詳細はワクワク海外移住さんにお問い合わせを。

 

◆2週間プログラム
対象:11〜17歳
日程:7/23(日)〜8/4(金)
費用:合宿コース RM 8,300
◆1週間プログラム
対象:8〜17歳
1) 7/23(日)〜7/28(金)
2) 7/30(日)〜8/4(金)
費用:
合宿コース:RM3,700 (11歳以上)
通学コース:RM2,000
http://wakuwakuijyu.com/blog/daisy/?p=6744

 

 

この他、1ヶ月や1週間単位でいれてくれる塾のようなところに入るのも良いですよね。
私の知っている限りでは、英語教育の老舗として評価の高いTTDIのローナ・ウィストン(英語学校)、先日ご紹介したモンテッソリの学校「treetop house」などが短期での入学を受け付けてくれると思います。聞いてみてください。

 

個人的に、「英語だけ」なら、マレーシアじゃなくフィリピンでもいいかなーと思います。
マレーシアで学べる良さは、民族や宗教の多様性を体感できるところです。
また、サマーキャンプを体験し、そのまま移住されるご家族もいらっしゃるみたいですよ。

 

質問などは(どこまで答えられるかわかりませんが)マレーシアマガジン(info@malaysia-magazine.com)またはフェイスブックからお願いします。

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事
1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/05/24  Posted in 学校