icon-plane学校 | マレーシアでちょこっとだけ子供の教育を考えた。

こんにちは。マレーシアマガジンの野本です。新学期ですね。
さて、急に転勤になり、マレーシアでインターナショナルスクールにするか、日本人学校にするか、悩んでいる父兄も多いようです。

 

そんな人にオススメの問題作をご紹介します。
「すべての教育は洗脳である・21世紀の脱・教育論」(堀江貴文)

 

最近、いろんな人が教育について発言し始めましたが、ホリエモンもその一人。
相変わらず、そこまで言っちゃって良いかのかな……ということを堂々と言い切っちゃってます。

 

「学校は常識を身につけるための国家による洗脳機関」
「学校では知識は身につかない。身につくのは常識である」
「常識とはその国、その組織でしか通用しない決まりごとで、身につけてもほとんど意味がない」

 

などなど。
学校教育が目的としている人材を、「一言で言えば、従順な家畜」とばっさりです。
要するに、工場や軍隊に送るための装置だと言うわけです。身も蓋もありませんが。

 

そういえば、学校で習ってないことを質問したり、考えようとしたりすると、先生に怒られるのはなんでだろう? と不思議でした。英語教育がやたら文献の翻訳にこだわるのも、先生が論理的でなく、時に情緒的なのも謎でした。
確かに、洗脳装置だと考えれば合点が行きます。日本人としてのアイデンティティーを学ぶ場所だってことですね。

 

日本の親が途中でインターに入れるときに注意すること

 

さて、一方でこの反省から生まれたのが、欧米で発生したアクティブ・ラーニングの流れです。
学校の一種には違いないのですが、従来の工場労働者を作る教育とは、真逆の発想です。
ここに、親である私たちは注意しなくてはいけません。

 

理論的にはホリエモンの言う通り、学校なんて早急にやめて、好きなことをさせた方が効率的でしょう。我が家も、もう学校には行っていません。

 

ただ、実際の子供たちを見ていると、そこまで話は単純じゃないです。
グローバルとローカル人材って、教育方法が多分真逆なのですよね。
この「洗脳」に強烈にかかったまま、マレーシアでインターに入り、混乱してしまうお子さんが少なくない。ましてや、伝統的教育からいきなりアクティブラーニングに放り込まれても、一体何していいのかわからなくなる子もいます。

 

小学校低学年から、先生の指示がないと動けない子や、性格的に「自分で考えて」「質問して」と言われることが、苦痛でしかない子もいます。
さらには、日本の濃厚な(排他的な)人間関係を好む子もいます。「日本の学校がよかった」と言って、なかなか馴染むことができません。

 

アクティブ・ラーニングは日本の学校とやっていることが真逆なので、混乱して当然なんです。

 

私、こう言うタイプのお子さんは、日本の学校で楽しく過ごした方が良いように思います。
結局のところ、本人が楽しいかどうかが、小さい頃は全てじゃないかな。学校なんて、どうせたいした意味はないのですから、好きにすれば良いと思うのです。

 

全員がグローバル化する必要はない

 

いつも言ってますが、全員がグローバル化する必要はないです。グローバルは結構過酷ですから、ローカルの世界でローカル人材として仲間とワイワイ生きると言うのもアリです。英語が話せない人が「変わっている」と価値を持つ時代が来るかも知れません。グローバルになりたい、と思ったときに本人が勉強すればいいだけです。

 

親の方も同じで、「グローバル化」「英語」と言いながらも、やっぱり強烈な洗脳から脱することができません。
インターナショナル・スクールで良い成績をとっても、「遊んでばかり」と不安になって、放課後に詰め込み式の塾に行かせる親の話、インターの先生たちからよく聞く悩みの一つでもあります。ローカルのマレーシア人の家庭も似たり寄ったりです。

 

「子供に好きなようにやらせるのが不安で」「机に向かって長時間頑張るのが勉強だと思っているので」と言う人もいます。

 

個人的には、どういう学校に行こうが、最終的には知識も教養も自分で身に付けるもの。その子次第ではいろんな道ができてきます。
あまり心配せず、その子が楽しくいられる場所を探すのが、親にできることかなーと思います。

 

この本、賛否両論ですが、かなり思い切ったことを書いていて面白いです。

 

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

私の子育ての記録をノートで書き始めました。第一弾を有料ノートで公開しています。
登校しぶりの子供をマレーシアに連れてきて6年。子供はどうなったのか(1)

 

(スポンサーリンク)

投稿日:2018/04/19  Posted in 学校

こんにちは、マレーシアマガジン編集長の野本です。

 

マレーシアで評判の良いインターに子供を入れたものの、何だか遊んでいるばかりで、ちっとも勉強している様子がない。英語も理解しているのかどうか怪しいーーそんな悩みを多く聞きます。

 

これは当たっていて、実は先生が教えない場所では、生徒は自分で問題を発見し、行動し、考えないといけません。
生徒の自主性が必要なんですね。
なので、受け身の態度が身についてしまっている子供の場合、授業ですっかりお客さんになり、何も身につかない、ということが実際に起きてしまいます。

 

個人的に、特に先進的と言われるインターナショナル・スクールでは、向き・不向きがあるなと思っています。

 

好奇心があり、うるさいほど質問したり、自分なりに考えたりする子は多分、すごく伸びる可能性を持っています。
一方で、言われたことをきちんとやるけれど受け身で指示が欲しいタイプのお子さんは苦痛に感じたり、伝統的な授業に戻りたがったりするケースがあるようです。

 

日本で優等生だったけれど、マレーシアでは「質問しなさい」「授業に参加しなさい」と言われて、どうしていいのかわからないと言っていた子もいました。

 

小さい頃に受けた嫌な思い出が原因で、質問できなくなってしまったお子さんもいるようです。
子供は「そんなことも知らないの」「以前習ったでしょ」と怒られると、質問する勇気をくじかれてしまいます。

 

そういう場合は別に黒板に向かい大勢が学ぶスタイルの学校で良いと、私は思います。

 

結局のところ、学習は最後は自分自身でやるもので、教育手法でそこまで人生が変わるとも思えないです。
子供が楽しく通っていて幸せなら、それで良いんだと思います。

 

ーーー

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

(スポンサーリンク)

投稿日:2018/03/07  Posted in 学校

 

あけましておめでとうございます。
マレーシアマガジン編集長の野本です。
今年もよろしくお願いします。

 

私もマレーシアに来て7年目。こんな長くいるとは、自分でもビックリです。

 

新年度からマレーシアに子供を連れてこられる方も増えているようです。
何から何まで違うマレーシアと日本の教育。マレーシアの教育には話題のIBから中華学校、ホームスクールまで選べるのが魅力ですが、あまりの違いに、来てから「こんなはずではなかった」と驚かれる方もいます。

 

そこで、今日は改めて、マレーシアの学校が日本と違うところ、ざっくり3つあげてみます。

 

1 「いい学校」は存在しない

 

「いい学校というのは存在しません。あなたの子供に合った学校があるだけです」と言われますが、その通りで、明確なレベル分けというのがありません。偏差値というものはないので、エリートだけ集めた学校がないんです。

 

それぞれの学校の個性があり、方式が違うので、単純に比べられないのです。お金持ちの入る学費の高い学校や、人気の高い学校は存在します。

 

「人気校」と言えば、偏差値的な意味での「いい学校」(長時間勉強させる学校)は中華学校だったり、学費の安いインターナショナル・スクールだったりします。こういうところは入学条件も厳しく人気校となっていて、日本人が入るのは難しかったりします。

 

ホームスクールと呼ばれる無認可の学校を合わせれば、学校の個性は千差万別で、違う個性のものを一概に比較できないんです。

 

2「入学したらおしまい」ではない

 

日本の学校は入試がとにかく重視され、入ったら、その後学校を変わることは多くありません。ところがマレーシアの場合、たいていの日本人が1−2年で学校を変わっています。私の肌感覚だと7割くらいが1年内に転校を考えるようです。

 

我が家もそうで、最初は日本式に黒板の板書やノートを重視する伝統的スタイルの学校に入れ、英語ができるようになってからは、ディベートやプロジェクト主体のインターへ転校、さらに本人の希望で理数系ホームスクールへと変わっています。子供の様子を見ながら、個性に合わせて選ぶことができるのがミソです。

 

学校は空きさえあればいつでも入れますし、いつでもやめられます。9月入学や4月入学にこだわらなくても、学期の途中でフレキシブルに対応してくれるところが多いです。

 

3 中学・高校からの留学は難しい

 

一方で、中学になると学校のハードルが一気に上がります。高校になってからだと、受け入れてくれる学校がほとんどなくなります。日本の高校一年ー二年に当たる年にたいてい大きな試験があり、この試験に合格できないと卒業できないからです。日本やアメリカのようにただ学校に通ってさえいれば単位が取れるわけではないんですね。高校時期に留学するなら、アメリカやニュージーランドなどの方が良さそうです。

 

ではでは、今年もよろしくお願いしますー。

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

(スポンサーリンク)

投稿日:2018/01/16  Posted in 学校