icon-plane学校 | マレーシアでちょこっとだけ子供の教育を考えた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こんにちは。野本です。

 

我が子の学校(英国式ローカルインター)はマレーシアでもかなり変わった学校です。子供は毎日学校が楽しすぎると言いますが、「何が楽しいの」と聞くと「授業も朝礼も何もかも楽しい」と言います。

 

私たちの世代には、アクティブ・ラーニングと言われてもなかなかピンとこないのですが、どんなことをしているのか聞いてみました。

 

朝礼で殺人事件!?

 

朝礼でいきなりバーン、という銃声がして、舞台上の先生が倒れてしまいました。生徒たちがパニックになっていると、マイクで「タバ先生が死にました!」というアナウンスがあり、子供達はようやく「あ、なんか(先生たちのイタズラが)始まったな」と察しがついたそうです。
そう、これは全校生徒で殺人事件の犯人を探す2日に渡るゲームだったんですね。

 

ホームルームに子供達が集まり、4人一組で犯人を当てるように言われます。

 

休み時間にステージに行くと、「殺人現場」には「Keep Out」のテープが貼られ、「FBI」の札をぶら下げた先生達が守る中、人型にかたどったチョークや現場に残された指紋、髪の毛、靴跡などの証拠品が残されいました。この証拠品を一つ一つみながら、子供達で、先生達に聞き込みをして回ったそうです。

 

容疑者扱いされた先生は、100人以上の子供達から何度も指紋をとられて大変だったらしい……。

 

ところでこれなんの授業なんですかね……? 

 

算数の授業で校庭の広さを測る!?

 

「算数ウィーク」では、4人一組で学校内を歩き、あちこちに隠された謎をといて回ります。
例えば、校庭の隅にいくつかの道具がカゴに入っていて、「道具を使って校庭の広さを測ってください」と書かれた紙があります。校庭は真四角ではないので、計算するのが結構大変みたい。4人で知恵を出し合って、協力して問題を解くのも、また面白いんだそうです。

 

「ラジオ番組を作って来なさい」

 

最近の英語の宿題は「自分で考えたラジオCMを作ってくる」というもの。まず、授業である商品を宣伝するための細かいガイドラインが提示され、そのガイドラインに従って、スクリプトを自分で考えます。最終的に音声をパソコンに吹き込んで編集し、チェックリストに当てはまっているかを自分で確認した後で、リストとともに先生にメールで送らなくてはならないのです。

 

子供は親子の会話のラジオCMを録音して、毎晩遅くまで編集作業していました。宿題がいつもこんな感じなので、やたらと時間がかかります。

 

 

「アメリカン・ゴッド・タレント」の学校バージョン

 

授業ではないのですが、毎年あるタレント・コンテストなる催し物はかなり本格的。

 

名物番組「アメリカン・ゴッド・タレント」を模したタレントショーで、生徒たちが歌や楽器、絵やパフォーマンスなど、得意なことを披露します。候補者は数カ月の間、3回のオーディションを受け、それぞれで審査員に披露しなくてはなりません。準備から服装まで、かなり念入りにやるよう言われる上に、自分でBGMも決めなくてはならず、本当に大変。決勝はなかなかの雰囲気で、審査員には有名YouTuberが参加していました。

 

昨年参加した子は、決勝まで進んだものの、準備や練習の大変さに根を上げてしまい、本番も思ったようにできなかったようで、「僕は人前でパフォーマンスするのには向いていない」と言っていました。

 

ジュースを作って売ろう

学校のプリフェクトミーティングでは孤児院に寄付する寄付金を集めるために、「売れるジュースを作ろう」ということになりました。市販のジュースや缶詰をミックスして売れるジュースを作り、値段をつけて、学校のイベントで実際に販売します。みかんジュースとスプライトを混ぜて売ったら結構売れたんだそうです。

 

毎日、こんな感じでクタクタになって帰って来ます。これが本当にアクティブ・ラーニングなのか、私にはよくわかりませんが、とにかく子供の好奇心は刺激されっぱなしみたい。最近では歴史や中国語の授業も楽しすぎるそうです。

 

子供に言わせれば「先生が子供を楽しませることに夢中になってる。学校が楽しすぎて学級崩壊なんてないよ。あ、いつも学級崩壊しているとも言えるかな!」とのこと。

 

正直、私がこの学校に通いたいくらい。毎日話を聞きながら羨ましいです。

 

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事

1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/03/21  Posted in 学校

マレーシアのインターナショナル・スクールには毎年、たくさんの日本人親子がやってきます。親の仕事でくる人、英語のための留学でくる人、それぞれですが、2−3年で別の国に移動したり、日本に帰ったりする人も少なくありません。今回、マレーシアからシンガポールの日本人学校へ移動する美菜子さん(仮名)が「小学生留学の難しさ」を語ってくれました。

 

study-1211866-638x425

 

日本では塾にゲーム「これでいいのかな」と悩む日々

 

美菜子さんは、2014年に息子さんを連れて来馬。きっかけは、マレーシアで開催された英語のサマースクールに参加したことです。スクールは楽しく、マレーシアに好印象を持ちました。
当時は仕事で忙しく、子供との時間が取れない毎日を送っていました。「お金を渡されて子供はゲームと塾の日々。これでいいのかな、といつも思っていました」
模索した結果、マレーシアに仕事を見つけ、親子でやってきました。

 

自身もかつて外資系企業でキャリアを積んでおり英語が堪能です。「これを機会に世界のどこでも生きていける子になってほしいと思った」と言います。

 

意外に難しい学校選び

 

来馬した時、お子さんは小学校5年生。最初の学校は国際色豊かで楽しそうでしたが、規模が小さいのが気になりました。「社会性が身につかない」と判断し、現地の中華系に評判の良い学校に転校しました。

 

「今思えば、学校選びも間違っていたかもしれません。転校した学校に通うのはお金持ちの子が大半で、大人しい優等生的な子が多かったのです。最初の学校の先生にも『その学校は合わないよ』と言われました。音楽は盛んでしたが、もっとスポーツ系のアクティビティの多い学校を選べばよかったかな、と思います」

 

新しい環境で、子供はだんだんとストレスが溜まっていったと言います。

美菜子さんは、優等生の多い学校特有の授業の難しさで、子供の自己肯定感が下がってしまったと分析します。
「成績がいつも10点とか20点ですから、本人としては納得がいかなかったのでしょう。自分はできないと苦しむ日々。学校に行きたくないと言って休んだこともあります」

 

マレーシアでも塾に入り、勉強についていくのに大変な日々が始まりました。本人の頑張りもあり、だんだんと成績も向上。最後にはクラスの上位に入るようになり、頑張ってケンブリッジのエッセイコンテストで金メダルを取るまでに。
「その時は、クラスメートがみんな驚きました」と振り返ります。

 

「自転車を飛ばして友達の家に行く」ことができない

 

もう一つ、大変だったのが、日本からの環境の変化でした。

 

「マレーシアは車社会で、街を子供だけで歩くことができません。自転車を飛ばして友達の家に遊びに行けるわけじゃないですよね。それから、クラス全員で一丸となって何かをする、ということもない。それから日本に特有のキツイ言葉でやりあうような文化もないですよね。日本の学校に慣れた子には、そういうのが物足りなくなったようです」

 

美菜子さんは転職をきっかけにシンガポールに移動することに決め、現地ではお子さんを日本人学校に入れることにしました。シンガポールはマレーシアと元同じ国でありながら、治安が良く、外を普通に子供が一人で歩くことが出来る国です。

 

「こちらに来る方はいろいろなバックグラウンド、子供の個性を抱えていらっしゃると思います。私もその1人。子育ては人それぞれ、答えはない。だだ、母親になって痛感しているのは『いつも子供に教えられている』ということ。そう感じながら、腹立ち、もがきながら、感謝しながら子供と向き合っています。欲を言えばきりがありませんが、最悪、生きてるだけで丸儲け、なんですよね、本当に。だから、この後どうなるか親子共々わかりませんが、何とか生きていきます。その術だけは教えていきます」と話してくれました。

 

マレーシアに自分の意思で来る人は行動派が多く、「この道じゃない」と思えば方向転換も早いです。それでも息子さんは基本的な英語がわかるようになり、将来の夢も見つけ、日本の良さにも気づくことができました。

 

環境の違うところに来て、帰ることを決断する人たちのエネルギーと勇気にはいつも圧倒されますね。

 

ありがとうございました。

 

マレーシアの学校事情・金持ち私立は「ギャンブル」である

マレーシアから去っていく人を見て考えた

ーーーー
■3月10日のお話会、定員に達したので締め切りました。ご応募ありがとうございました。

■「ワクワク海外移住」さんてエプソムカレッジの取材をしています。
エプソムカレッジ・マレーシアの全貌

■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事

1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/03/07  Posted in 学校

こんにちは、野本です。マレーシアマガジンの学校関学ツアー、最近ではスタッフとして同行させていただいています。今回は「いじめのない学校」キャンペーンを展開する学校を取材しました。

 

日本ほどではないにせよ、マレーシアの学校にもいじめはあります。
そんな中、「ブリー・フリースクール(いじめのない学校)」を堂々と謳うのが、クアラルンプール郊外にあるキングスレー・インターナショナルスクールです。
比較的新しい学校ですが、英語ができなくても入れるので、日本人や韓国人には有名です。

IMG_9156
クアラルンプール郊外にある大きな校舎。大きく「ブリーフリースクール」と書かれた横断幕が目に入ります。
一体どうやっていじめを減らすのでしょうか?

この学校では「いじめは起きるものだ」という性悪説に基づき、システマティックなやり方でいじめ撲滅を狙います。

学校でセールス&マーケティングを担当するレイモンド・ウォンさんによれば、いじめが発覚すると警告、従わない場合には、退学が課せられます。
ここまでは、マレーシアの普通の学校にも見られます。特異なのは、ここからです。

 

1 いじめは監視カメラで常にチェック

校内では350ものCCTVカメラを校内にセットし、すべての教室、廊下は映像に撮られ、常時生徒たちをチェックします。
「先日もある生徒が他の生徒を押したというので、すぐカメラの映像を見て検証しました。話し合いの結果、押した方の生徒はふざけていたつもりだったのですが、相手は嫌な気持ちがしたということがわかりました」。
過去には実際に退学になった生徒もいるそうです。

学内はセキュリティが厳しく、エレベーターホールなど、先生の目が届きにくいところには、教職員が持つ特別なカードがないと出入りができず、死角がないように配慮しているそうです。
食事時の食堂には先生が交代で常駐します。

 

2.あらゆる場所に「いじめ」に関する警告

校内のありとあらゆる場所で「bully free」のポスターを見ます。
この「bully free」のポスターはユニークで、一枚一枚で書いてあることが違うのです。

IMG_0604
「意地悪なことや、悪い言葉をいうのもいじめです」「クラブ活動中もいじめは許しません」
といったポスターが学校中貼ってある感じで、どこにいようが嫌でもいじめを意識せざるをえません。

 

3 大人どうしのいじめも許さない

例えば、母親同士のイジメも禁止です。親のスタッフに対する態度もチェックされます。「例えば、親が受付で学校スタッフに無礼な言葉を使ったり、怒鳴ったりした場合も警告です」とレイモンドさんは話します。
子どもだけにルールを守らせても意味がありません」と彼は続けます。「子供は常に親を見ています。基本的にマナーは両親からくるものです。だから新しい家族が入ったら、我が校のいじめ撲滅システムについて理解してもらい協力してもらいます」

4 生徒のフェイスブックも監視

「サイバーブリング」と呼ばれるインターネットでのいじめ。どう対処するのでしょうか?
生徒のフェイスブックなどは常時見ています」とレイモンドさん。聞けば彼は元教師。インターナショナル・スクールの指導経験もあるそうです。「隠れてやったらどうするか? ページをプリントして持ってきてもらいます」

驚いたので、父兄や子供達にも聞いてみました。

「実際に厳しく運営されてますよ。謝罪文を書いたり、学校から警告を受けた経験がある子も多いです」と話してくれたのは、日本人のある父兄。
カメラのチェックも頻繁に行われており、ちょっとした悪口でも、報告される傾向にあるそうです。
 
生徒の一人は、「悪い言葉を使うことに対してかなり厳しいです。いつもカメラでチェックされるので気が抜けません。先生だってチェックされますよ」と教えてくれました。

この学校に実際にいじめがないのか? はさらに取材してみないとわかりません。
方法論はともかくとして、いじめに苦しんでいる子供にとって、学校がここまで徹底して戦う姿勢を見せているのは、安心ではあるでしょうね。

この学校は管理教育でいじめを減らしますが、正反対のアプローチで、生徒と徹底的に話し合い、いじめを減らす学校もマレーシアにはあります。長く取材していますが、その学校ではいじめは実際にほぼ起きていません。

何れにしても、日本と違うな、と思うことは学校や先生たちがいじめを見て見ぬ振りをせず、「いじめは起きる」と認め、対処していくところです。

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアー。スカイプ面談付きで、時間がある限り私が同行し、ご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事

1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/02/12  Posted in 学校