icon-plane マレーシアの学校事情・金持ち私立は「ギャンブル」である

マレーシアの学校事情・金持ち私立は「ギャンブル」である

とあるマレーシア人の友人に、衝撃的なことを言われました。

「お金持ちが集まる学校に子供を入れるのは
ギャンブルみたいなもの」と。

彼女は学費が高い中学校に通っていました。
彼女の分析はこんな感じ。

「よく出る場合もあれば、ものすごく悪い場合もある。
甘やかされてどうしようもない子もいれば、
素晴らしい環境で育った子もいる。
学力も低い子は非常に低く、高い子は非常に高い。
何れにしても極端なので、ギャンブルみたいに当たり外れが激しい」

うーむなるほどなぁ。

お金持ちの集まる学校の問題点としてよく聞くのは、

・わがままな子や自分で何かをすることに慣れてない人もいる
・親がお金持ちなので、先生をバカにすることがある
・先生も有力者の子供には強く言えないことがある
・薬やアルコールなどの問題が起きやすい
・学力はものすごく高い子もいればものすごく低い子も居る

ということですね。

金持ち私立は「ギャンブル」。
日本の金持ち私立とはだいぶイメージが違いますよね….。

確かに勉強ばかりで地味な中華学校の方が、
生徒の質も均一化されてるのかも
しれないなーと思いました。

ーーーー

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事

1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(広告です)