icon-plane教育 | マレーシアでちょこっとだけ子供の教育を考えた。

こんにちは! 野本です。日本に一時帰国して来ました。
帰国中に、弁護士の友達から、「教育虐待」が増えているというお話を聞いて、びっくりしました。

 

「教育虐待」とは聞き慣れない言葉ですが、プレジデント・オンラインによるとこういう定義だそうです。

 

児童虐待から逃れてきた子供たちを保護する児童シェルターにおいて、世間一般には優秀であるにもかかわらず、教育熱心過ぎる親に追いつめられ逃げてくる子供が増えてきたことから、シェルターの職員の間で、「これって教育という名の虐待? 教育虐待?」と自然発生的に言われるようになった。
(出典)なぜ「教育」という名の「虐待」が増えているのか(プレジデント・オンライン
http://president.jp/articles/-/15801)

 

マスコミが大げさに言ってるだけだろうと思っていたら、どうもそうではないみたい。
本当に教育熱心すぎる親から逃げてくる子供が増えているのだとか。

親には社会的地位が高い人もいるらしい。
受験勉強は自分もやって来た、子供にだってできるはずだという思いがあるのでしょう。

 

私も大学に入る前には受験勉強をしましたし、それが全く無駄だとは思っていませんが、
これからの時代はもっと良い方法がありそうです。

 

今の時代、子供の方が多分親より賢い

 

私たち親が頭に入れておきたいのは、子供は私たちと全然違う時代を生きているってことじゃないかなーと思います。

 

私が20代の頃花形だった仕事の多くは、無くなりつつあります。編集者の仕事も、原稿用紙がなくなり、ワープロがなくなり、必要とされる技術が変わりつつあります。紙の雑誌ももう役割は終えていますよね。紙の使用量が減っているそうで、書籍もそのうちなくなるかもしれません。

 

歴史や科学でも新事実がどんどん出てきました。
私が受験勉強で覚えたはずの知識は古くなってます。今やgoogleで調べた方が早いんですよ。

 

こういう時代においては、子供の方が、親より賢いんじゃないかなー。
私も最近では子供から教わることの方が圧倒的に多いです。

 

今、子供は最近ではパイソンというプログラミング言語で「マンデルブロ集合」を作るのにハマっています。何をしているのかすら正直、私はわかりませんが、すごく面白いのだそうです。

 

マインクラフトとは何か、なぜカーンアカデミーが面白いのか、iPadでどうやってアニメーションを作るのか、Youtuberでは誰が人気か、子供から教えてもらいました。学問上、私に教えられることは、ほぼなくなってしまいました。

 

もちろん、すべて分かった上で、あえて自分と同じ受験勉強に邁進させる道もあると思います。受験勉強は、日本企業的な「我慢の練習」には最適ですから。経験すれば粘り強く物事に取り組める日本的な良い人材になります。

 

ただ、それを本人が納得してやれば、「教育虐待」にはならないですよね。
「良かれと思って」と押し付ける前に、話し合ってみるといいのかもしれません。

 

ーーーー

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/10/17  Posted in 教育

こんにちは! マレーシアマガジンの野本です。日本に一時帰国中です。

 

数学に夢中の子はあちこち体験中。幼児の頃から好きだった国立科学博物館&図書館に加えて、数学体験館、リスーピア、科学未来館などに行きました。図書館ではNewton別冊や幾何学の本にはまっています。あまりにあって見切れないみたいです。

 

そんな中、「探求学舎」という変わった塾の体験に行きました。もともと子供がYoutubeでここの微分・積分のビデオを見つけたのがきっかけ。「教え方がカーンアカデミー並みに面白い! みてみたい」とのことで、体験に行ってみることにしたのです。いわゆる受験のための塾ではなく、子供に面白い体験をさせるところのようです。

 

子供の体験や興味を引き出す

授業は日本の歴史がテーマでしたが、とても面白かったよう。欧米の学校のようなアクティブ・ラーニングを日本で実践しており、異年齢の子達が、積極的に討論していました。子供も「日本にもこんなところがあるんだ!」と嬉しそうでした。

 

で、後からこの塾の塾長先生の監修した本を読んでびっくり。塾長先生のおとうさん、とにかくハチャメチャでした。子供が読んで「この家はうちと似てる!」と言い出しました。全然似てないと思うけど……。

 

1 できるだけなんでも体験させる
2 子供が興味を持ったときには、手助けする
3 ゲームや漫画でも、子供の好奇心を制限しない
4 子供が学校を辞めても平然としている
この辺りくらいですかねー似てるのは。

 

とんでもオヤジの「学び革命」: 「京大3兄弟」ホーツキ家の「掟破りの教育論」アマゾンのリンクです。

 

共通点は、子供が「どうして?」と疑問を持ったとき、答えを先延ばしにしないことかな。
幼児の質問に真面目に答えるということです。

 

探求学舎に戻ると、上記「1」では最高の環境なんじゃないかな?と思いました。きっと子供たちはさまざまな好奇心の種を勝手に育てていってくれるでしょう。
日本にもこういう場所が増えていくと良いなと心から思います。

 

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/09/19  Posted in 教育

こんにちは。マレーシア6年目になる野本です。
「勉強しなさい」と言ってもなかなか勉強しなくてゲームばかりなんです……というお話をよく伺います。
子供って親が思い通りに動かそうとしても、思った通りに行きませんよねー。
 
そんな中、東洋経済オンラインで、こんな記事を読みました。
 

「勉強しなさい!」が不要な子の”家庭内習慣”
まずは親がネガティブ感情を取り払おう

 

人はいつから、勉強に対してネガティブな感情を持つようになるのでしょうか。多くの日本人に「勉強が好きか嫌いか」と問えば、「嫌い」と即答する人が数限りなくいます。事実、私は講演会に参加されている保護者の方によく尋ねますが、「嫌い」のほうに手を挙げる方が圧倒的です。「嫌い」であっても勉強ができるという人もいます。しかし、その嫌いな程度がひどく、親が勉強に対して強いネガティブな感情を持つと、概して子どもはポジティブな感情を持つようにはなりません。

http://toyokeizai.net/articles/-/186208

 
これ、ほんとそうです。
マレーシアに来ている保護者を見ていても、親が勉強嫌いだと大抵子供もいやいややってます。
親が勉強大好き、というところのお子さんは、大抵勉強好きです。
勉強が大好きな子供を止めることは、これまた難しいものです。
 
勉強が「楽しいものだ」と親が思っていることが、大事だと思います。
 

親が一緒に勉強するしかない

 
解決するには、遠回りなようですが、親も一緒に勉強することかなーと思います。
 
私はフィリピンなどに親子で英語留学したり、親子でプログラミングを学んだり、一緒にやることをお勧めしています。
親子で新しいこと(例・プログラミング)を勉強したり、方法はいろいろあります。
 
すると親の側にも発見があります。
 
私もフィリピンで一日7時間勉強してみたのですが、本当に帰ってくるとクタクタ。
子供が学校から帰るとダラダラしたい気持ちがよーくわかりました。
疲れてるのに、「宿題やれ」とか「明日の準備は?」とか言われたらホント嫌ですよね。
 
知り合いのお母さんは「英語で勉強するのがこんなに大変とは」とお子さんに尊敬の念が湧いたようでした。このお子さんは、お母さんに共感してもらえて、さぞかしホッとしたと思います!
 
「ゲームばかりして勉強についていけなくなったらどうするの」ってよく言われるのですが、勉強は多少遅れてもなんとかなります。マレーシアでは、同じ年の子でも学ぶ内容に1ー2年の差があるのは当たり前で、ゆっくり学ぶ子もいれば、早く学ぶ子もいます。
我が子も以前はゲームにのめり込んでいましたが、最近は勉強ばかりしています。今は勉強の方が楽しいそうです。
 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/09/12  Posted in 教育