icon-plane教育 | マレーシアでちょこっとだけ子供の教育を考えた。

「開成から海外大20名合格、いよいよ東大よりハーバードの時代に」

http://blogos.com/article/220803/

 

を読みました。以下引用です。

 

当時はまだ、日本の高校を卒業してすぐにハーバードをはじめとする海外の有名大学に留学する人は皆無に近かった。だが、ここ数年で徐々にだが確実に変化が起きている。実際に、開成の海外大学合格者数は、2012年が0名(記載なし)、2013年が9名、2014年が5名、2015年が10名、2016年が7名と推移し、今年がいっきに20名に増えた。私の母校の大分県立大分上野丘高校でも、地方公立校からハーバード大学に進学した後輩がいる。

ビジネスの世界では既に、あらゆる日本企業がグローバル競争の波にさらされている。教育の世界でも、日本国内だけの偏差値競争にだけ目を向けていては通用しない時代になるだろう。優秀なトップ層はますます海外に出て行くことになるのが時代の流れだ。私自身は、日本人はもっと世界に挑戦すべきだと考えている。そして、日本の大学は、世界で通用するよう抜本的な大学改革をしなければなるまい。

(引用終わり)

 

日本の進学校の目的も変わりつつあるというニュースです。
文科省や日本の高校や大学が「グローバル」と言いだし、この流れはこれから加速していきます。

 

欧米だけではなく、日本から、シンガポール、中国やインドの大学に行く学生も増えていくでしょう。

 

個人的には、2020年の大学入試改革などを経て、偏差値を中心とした日本の受験産業は縮小に向かうのではないかと予測しています。そして日本の大学も、きっと変わって行くのだろうなーと思います。

 

さて、ここマレーシアでも、日本人の留学生が増えています。
先日来馬した皇太子様は1600人の留学生がいるとお話しされていました。
6年前は教育のためマレーシアに来る人は日本人では珍しく(韓国人はいっぱいいたのですが)、最近では日本人が数十人いる学校も当たり前になりました。

 

マレーシアは欧米の留学先へのハブとしての実績があり、この流れも加速するかもしれませんね。一旦マレーシアをステップとして来る、というのは英語力的にも、予算的にも十分アリだと思います。

 

マレーシアの良さは何よりも寛容性と多様性。
グローバル社会に必要な多様性を比較的ゆるい環境で学べるのは、魅力だと思います。
私たち大人も、マレーシアから学べることは、まだまだたくさんありそうです。

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事
1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/05/02  Posted in 教育

 

日本の科学研究はなぜ大失速したかー今や先進国で最低の論文競争力
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51370

 

という記事を読みました。以下引用です。

 


英科学誌ネイチャーに、日本の科学研究がこの10年間で失速していることを指摘する特集が掲載された。
ブレーキがかかった、などという生やさしい状況ではない。飛行機ならば今すぐ手を打たないとクラッシュしかねない失速状態にまで追い込まれていると言われたのだ。
論文データベースScopusによると、15年までの10年間に、世界中では論文数が80%増加しているのに、日本からの論文は14%しか増加していない。
特に、コンピューターサイエンス、私が関係する生化学・分子生物学、そして、驚いたことに、日本の得意分野といわれる免疫学で、その傾向が顕著である。数が減っても質が保たれていればまだしもなのだが、ネイチャーが選定した各分野の超一流雑誌への日本からの論文数も残念ながら低下し続けている。
また、日本の研究者が参加する国際共著論文の比率も続落と、どの指標をとっても退潮の一途であることが見て取れる。

「現代ビジネス」日本の科学研究はなぜ大失速したか 〜今や先進国で最低の論文競争力 より引用

 

文系学部をなくす、という議論が一時話題になったことはありましたが、理系は高いレベルを維持していると思っていたので驚きました。ちなみに文系の私、論文は大学で1回しか書きませんでした。
それも論文と言えるのかどうかすら微妙なレベル….。

 

執筆者は大阪大学教授。
少子化や研究費が増えないことも理由にあるものの、根本には大学のシステムが抱える問題があるといいます。
日本の論文数の現象については、3月にネイチャーが記事にして以来、話題になっているようです。
http://www.nature.com/news/numbers-of-young-scientists-declining-in-japan-1.10254

 

システムは以前から変わっていない筈なのに、なぜ急にこんなことになってしまったのか?
突然論文を書く人が減ってしまったのか。
学生や教授が忙しすぎるのか。
理由はさっぱりわかりません。
文科省が教育改革を急ぐ理由もこの辺りにあるのかもしれませんね。

 

何か指標のミスであると良いのですが、日本の研究もまだまだイケてると信じたいところ。
頑張って欲しいですね。

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事
1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/04/18  Posted in 教育

スクリーンショット 2017-04-04 13.51.13

 

こんにちはー。野本です。

 

もう最近、なんでもありのマレーシアの教育界です。

 

日本の受験教育みたいな中華学校から、インターナショナル・スクール、イスラム教、キリスト教の宗教系、ホームスクールと本当に多彩。
マレーシアはご存知の通り、インターナショナル・スクールがアジアで最も多い国の一つでもあります。

 

つい最近、イギリスのボーディングスクールが来たかと思えば、今度は中国の有名大学である廈門大学のマレーシアキャンバスができたりして、カオスで面白い。そして、ホームスクールに通う子供も増えているそうです。中国語の人気が高まる一方で、イスラムを教えながら英語で教育するインターナショナル・スクールもあります。

 

子供にとっての選択肢が多いのは良いことです。

 

ローカル向けに学研の教室もできたりして、日本の教育分野もガシガシ進出して来ましたね。

 

そんな中、ISETAN The JapanStoreで4月から2ヶ月子供向けの知育イベントが開催されます。
日本生まれのおもちゃなど、日本の教育分野の最新技術が体験できるそーです。
対象年齢4歳以上で、12歳くらいまで楽しめるらしい。

 

突然ですが、今週4月5日金曜日11時よりのオープニングイベントがあり、
私もメディアとして参加するのですが、子供の枠がまだあるそうです。
興味あるよーというお子さんがいたら、どうぞー。
ほんとは有料イベントですが、この日は無料で体験できます(でもメディアがくるので写真撮られると思います。うちも撮ります)。
場所はクアラルンプールのブキッビンタンのLOT10、ISETANのCUBE1です。

 

興味ある方いたら、直接フェイスブックで連絡くれればと思いますー。

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事

1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/04/04  Posted in 教育