icon-plane教育 | マレーシアでちょこっとだけ子供の教育を考えた。

こんにちは。野本です。

子供がインターの中学校に入り1ヶ月経ちました。
「どの授業もむちゃくちゃ面白い」と言って通っています。

 

習熟度別のクラスでは、自分のペースで学習できる

study-1211866-638x425

中学生になって一番驚いたのは、授業の時間割が一人一人違うことです。
この学校では、小学校6年生の統一テストの結果を見て、全員にオーダーメードの時間割を作ってくれます。

クラスは科目ごとの習熟度別に5段階ほどに分かれ、英語、数学、マレー語、中国語、それぞれ自分のレベルを指定されます。
生徒一人一人が違う時間割を持って、自分で教室を移動します。

子どもはマレー語で落ちこぼれていたのですが、習熟度別になったおかげで一番下のクラスになり、質問しやすくなったと喜んでいました。
中国語も同じく初級クラスに戻れ、やる気が出てます。
算数は一番上のクラスで活発になり楽しいようです。

誤解されそうですが、競争が目的というわけではなさそうです。
一人一人進度も得意不得意も「違う」。
だから一番下のクラスでも、彼は皆が尊重されていると感じています。

もっと突出した子、特別ゆっくりな子は飛び級または留年します。
マレーシアでは、留年や飛び級は当たり前なので、実際にはもっと分かれています。おかげで、先生も細かい教え方ができるようです。

 

オーダーメードの教育が当たり前になりつつある

子供が通うプログラミングの教室「キドコード」も完全に個人で進度が異なります。
先生は一人一人のニーズを見て、何をすべきかをアドバイスします。

無料動画で高校課程まで学べるシステム「カーン・アカデミー」なんて、究極のオーダーメード授業になります。「カーン・アカデミー」を作ったサル・カーンが先日TEDで言っていました。

「学校の授業では、誰もが必ず授業の中でそれぞれ少しずつわからないところが出てくる。テストをするとある人は70点、ある人は80点。完全に理解してないのに、全員で次の項目に進んでしまう。土台が適当なまま二階、三階と作っていく建物と同じ。土台の適当な家はどこかで崩れてしまう」(超訳するとこんな感じかな……)。

だから、カーンが作ったビデオ授業が受け入れられたのだというのです。

サル・カーンによるTEDのビデオ

関係ないようですが、先日取材したクアラルンプールのお寿司屋(和食コンテストで世界1位になりました)さんが、「相手がマレーシア人か日本人かによって味を変える」と言っていてびっくりしました。

こういう細かい心遣いがサービスの本質なのかも……。
学校も同様で、少しつずつ、パーソナライズ化が進んでいるようです。

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事

1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/02/21  Posted in 教育

子供は最近プログラミングに熱中しています。
面白いなーと思うのが、プログラミング教室で使っているビデオのオンデマンド教材です。

■ビデオの教材で先生とのつながりはより「人間的」になる

 

最近、マレーシアでじわじわ支持を広げているのが、動画によるオンデマンド授業。
平たく言えば、Youtubeなどのビデオで勝手に学ぶ方式です。

はじめは「ビデオで教えるのか、なんか味気ないな」と思ったのですが、
意外なことにこれが楽しいらしい。

メリット1 自分のペースで勉強できる

自分の理解しているところは飛ばし、理解できないところは何度も繰り返せるので、効率的に勉強できるようです

メリット2 いつでもどこでも学べる

生徒たちは勝手にいつでもどこでも学べます。

メリット2 先生には質問と討論だけ

その分、先生は生徒の質問に答えたり、その子にあった討論を始めたり「人間的に」接することができます。

教室オリジナルのもののほか、インターネット上の教材も利用しているようです。
なかでも子供が気に入っており、マレーシアでよく話題になるのが「カーン・アカデミー」です。

カーン・アカデミーは世界の教育を変えるか?

 

実際、英語圏のオンライン教材の中でおそらく最も有名なのが、カーン・アカデミーでしょう。カーン・アカデミーは、2006年にサル・カーンが開始した非営利の教育系システムで、数学、化学、歴史、地理、経済、コンピュータなどありとあらゆる授業を動画で受けることができます。すでにネット上には多くの教育動画が揃っており、その気になれば、数学や化学なども、一人で学ぶことができるのです。

驚いたのが、これらの授業がすべて無料で受けられること。すでに190か国で4200万人が受けているそうです。
NASAやMITなどとも提携しているので、質も高いのでしょう。

このカーンのTEDのビデオを見ると、カーンの生徒がビデオの授業を好んだ理由と、そのメリットがよくわかります。http://www.ted.com/talks/salman_khan_let_s_use_video_to_reinvent_education?language=ja

機械のように教えるべきところはすべて「ビデオ」に任せるので、その分、先生たちは子供たちと自由に教育ができるというわけです。

子供もカーン・アカデミーに登録し、勝手にJava Scriptなどを学んでいますが、むちゃくちゃ面白いそうです。

子供たちは私たちとは違う時代を生きているのだと、しみじみ感じてしまいますねー。

ーーーー
面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事

1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/01/17  Posted in 教育

あけましておめでとうございます。
マレーシアマガジンの野本です。

5年も日本を離れると、だんだん日本の感覚からズレていきます。
日本の受験戦争ももはや対岸の火事という感じで眺めていたのですが、
どうやら大きく変わっていきそうです。

今回帰国ついでに教育雑誌の編集部にお邪魔したのですが、
話題となるのは2020年の教育改革のこと。
学校教育にもグローバル化の波が押し寄せているのだなと感じます。

教育改革って何?って人に簡単に説明すると、
文科省は2020年、大学センター試験を廃止。高校でもインターバカロレアの認定校を増やし、従来の暗記型教育から、探求型のアクティブラーニングへ舵を切ります。知識の詰め込み教育ではなく、探究型の授業、課題解決型の教育に変わっていくのです。

乱暴に言えば、今欧米で主流となっている教育方法が日本にもやってきます。文科省が始めたグローバル人材育成のための事業「スーパーグローバルハイスクール」の指定校も123校に増えました。

そんな中、受験戦争にも変化があるそうです。
大きく分けると「英語教育の広がり」「総合型の入試問題が登場」「大学付属校の人気」の3点です。

1 中学受験で英語が重視されはじめた

中学受験に「英語入試」を取り入れる学校が急速に増えているそう。
受験者数も2015年の約300人から1年で約500人と急増中。
帰国生向けではなく、英検2−3級のレベルの問題が出ているようです。
小学校で週1回の英語教育が始まっても、おそらく太刀打ちできないでしょう。

学究社小学部長の中村絢香さんは、

「帰国生で帰国年限に引っかかってしまった人(一般的に帰国から2年)やインターナショナルスクールに在籍している子供向けだと思われます」

とコメントしています(プレジデント社「2016完全保存版 中学受験大百科」)。英語が話せる生徒の獲得が目的なのでしょう。

2 総合型の入試問題が登場

教科の枠を超えた総合型・表現型の試験問題が増えています。問題について、自分の考えを書かせる正解のないタイプの問題です。インターナショナルスクールではおなじみですね。

例えば、東京の品川女子学園では総合型・表現型の試験を導入した理由として、ホームページ上で

「1つ目は「スーパーグローパルハイスクール」指定校となったことです。(中略)現在は全教科で課題解決型学習を実施しており、表現力のある生徒たちが授業を活性化しております。
2つ目は、日本の大学入試の変化です。2020年を目標に大学入試センター試験は廃止となり、思考力や表現力を重視した入試へシフトしていくと言われております。」

と説明しています。この流れは2020年に向けていよいよ加速しそうです。

3大学付属校が人気に

しかしこの制度、不安も多いようです。
「先生は従来型の教育を受けてきた人ばかり。本当に新しい教育ができるのか?」という声を多く聞きました。
そこで、突如人気になったのが、大学の付属校です。先の見えない大学入試はいっそのこと避けて、中学校で大学まで決めてしまうというわけ。

ちょうどお子さんを中学受験させている友達も、
「制度の先も見えないし、これ以上受験勉強させるのも嫌。大学付属校に入れて、受験を離れた環境で、自分の進路を考えて欲しい」と言っていて、なるほどなーと思いました。

まとめ

数年前、マレーシアの有名校に行ったら「もう机に向かって勉強する時代は終わったんですよ」と言われて驚きましたが、その流れがついに日本にも来てしまいました。

実際に私の子供はマレーシアのインターナショナルスクールでアクティブ・ラーニングを体験中。時代にあった教育だなーと感じます。

板書を丸写し、暗記する学習と違い、表現型・総合型の学習では、子供達が主体。インターネットで調べてレポートを作り、ディベートを含んだ授業でヘトヘトになる程頭を使い、表現します。子供はとても楽しそう。

先生たちは「子供立ちがハッピーなので教えるのも楽なのです」と話します。そして他人とは敵ではなく、仲間なのだと教えます。

一方で、日本では「受験(暗記教育)かグローバル教育か、真逆の選択なので悩む」という親御さんの声も多く聞いてきました。

私自身、暗記教育にどっぷり浸ってきた世代。「これって本当に教育なのか?」と疑問だったので歓迎すべき変化です。

これを機会に、日本の教育が良い方向に変わると良いですね。

 

ーーーー
面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事

1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/01/03  Posted in 教育