icon-plane教育 | マレーシアでちょこっとだけ子供の教育を考えた。

こんにちは。野本です。

 

マレーシアに来られる親御さんの中に、「英語など、幼児早期教育した方が良いでしょうか」と聞かれる方が増えています。難しい問題ですね。

 

幼児早期教育はしなくてもいいのでは

 

取材などでのべ100組以上の親子に接してきましたが、私は、しなくても良いのでは、とお話ししています。
マレーシアにも、早期に英語教育を受けたお子さんが来ています。

 

早期教育する長所は、英語への苦手意識が全くなく、堂々としていることです。
日本人のお子さんの場合、小学生でも英語に苦手意識があることが多いのですが、
早期教育したお子さんにはそれが見られません。

 

ただし、話す・聞く能力に特化していて、読み書きが苦手だというお子さんが多いです。
学校教育は読み書きが多いので、長いエッセイを書けないと、英語ができるとは見なされないんです。

 

一方で、後から来たお子さんも、外国人と混じっているうちにメキメキ英語力を伸ばす子がいます。
すると、結局だんだん差がなくなって来ます。

 

早期教育を受けた子供の中には、ネイティブ並みの発音にこだわるあまり、マレーシアの先生たちの英語を「発音が悪い」と拒否してしまい、勉強が伸び悩むケースもあります。
また、発音が綺麗でも、年齢相応の語彙を知らなかったりすることもあります。

 

英語がペラペラでも勉強ができない子もいますよね。
日本語がペラペラでも勉強ができない子がいるのと同じです。

 

小さい頃に環境を変えること、経験をすること自体には大きな意味があると思います。
例えば小さい時にマレーシアに来れば、可能性が広がることもあるでしょう。
ただ日本であえてお友達と遊ぶ時間を減らして早期教育をさせた方がいいか? と言われたらノーですね。

 

伸びる子の多くは外国人と関わる体験をしている

 

マレーシアに来て学力が大きく伸びた親子をよく観察すると、一つのパターンが見えて来ます。
その多くが小さい頃から、海外の人と繋がった体験を持っているのです。

 

ですから、もし小さい頃に身につけておくとしたら、一つオススメするのは、
外国人へのアレルギーをなくしておく、ということです。
それも親が実際に外国人の友達と接している姿を見せることじゃないかな。

 

公立中学からきたあるご家庭。
留学生を置いていた環境で、三人の子供は中学からのハンデにもかかわらず成績優秀。
上のお子さんは優秀な成績で米国の大学を卒業しました。

 

別のご家庭は、小さい頃からホームステイなどの「体験」を重ねて来ました。
お子さんは外国人に対する偏見がなく、成績も優秀です。

 

うちも同様です。
英語の早期教育はしていませんが、小さい頃から家にはマレーシアや香港、シンガポールからよく外国人が泊まりに来ていました。
マレーシア人などは一ヶ月もいたりして、赤ちゃんの頃から慣れていたと思います。そんなわけで、親が外国人と英語で話す姿は、小さい頃から見ていて、マレーシアに来ても全く違和感がなかったようです。

 

逆にマレーシア人にアレルギーがあると、日常生活すらうまく行きません。
人間って、相手の感情を感じるものみたいです。
マレーシア人の先生を尊敬・信頼できるか、というのはここではとても重要です。

 

日本でできることは、実はたくさんあります。
留学生を置いたり、来日する観光客と関わったり、ゲストハウスに泊まって見たり、
色々な方法があるでしょう。
欧米人と交流することにこだわる方もいますが、私はこだわらなくて良いと思います。

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

(スポンサーリンク)

投稿日:2018/01/23  Posted in 教育

こんにちは。野本です。

 

ユニセフが世界の子供達に「誕生日パーティーに誰を誘いたいか」と聞いたところ、オバマ元米大統領、サッカー選手のクリスティアーノ・ロナウド、歌手のジャスティン・ビーバーに続いて中国のアリババ創業者の馬雲(ジャック・マー)が選ばれたそうです。

 

ジャック・マー。中国・アリババ社(阿里巴巴集団)の創業者、現会長、元CEOにして、ソフトバンクグループ取締役。
マレーシアのニュースにも有名人としてときどき登場します。

 

劣等生、落第生だったマーは一度は大学進学を諦め、三輪自動車の運転手にまでなりますが、今では大学を卒業し、ハーバードで公演するなど、教育にも一家言もつ人です。中国人実業家が子供のヒーローになる時代なんですね。

 

そのジャック・マーが、スピーチで面白いことを言っています。

 

「成功するリーダーには、EQ、IQ、そしてLQが必要だ」(ABCニュースのリンクです)
http://news.abs-cbn.com/business/10/25/17/jack-ma-shares-success-secrets-iq-eq-and-lq

 

もはやIQよりもEQが大事になってきた

 

最近ではEQがIQ(知能指数)よりも重要だという人が多くなりました。

 

マルコム・グラッドウェルという人が書いたOutliersという書籍は、天才と成功について書いた本。例として出てくる、IQが飛び抜けて高い米国人男性は、結局クイズ番組の回答者として年を重ねてしまいます。単にIQが高いだけではダメなんですね。

 

Outliers
(Amazonのリンクです。英語版ですが読みやすいのでオススメ)

 

一方、EQは心の知能指数と言われていて、感情コントロールするスキルなどを指す言葉。
好奇心やコミュニケーション能力、セルフコントロールなどが重要とされます。
そして、最近の欧米の教育はEQを重視したカリキュラムになっていますね。欧米のインターが一見「勉強していないように見える」のはそのためです。

 

人工知能の時代に重要になるLQとは何か

 

ジャック・マーは成功するリーダーになるためには、EQ、IQに加え、一歩進めてLQが必要になる、と言います。

 

LQのLは、なんと「LOVE」の「L」。LQとは「愛の指数」。ジャックは「機械が決して持つことができないもの」とし、さらに「機械には心がない。機械には魂もない。機械には信念もない。魂や信念を持つ人間に価値がある。私たちはクリエイティブだからこそ機械をコントロールできる」と言います。

 

記憶や計算と言った部分はコンピュータに任せ、人間は人間にしかできないところに専念するーーインターナショナル・スクールで、数学に計算機を使い、計算ドリルのようなことはあまりやらせません。協力させたり、相手の立場を考えさせたりするのも、同じ意図があると思います。

 

我がコンピュタ&数学大好きの子供を見ていても、結局彼が心を動かされるのは、先生方の愛情だったり、情熱だったりします。
人工知能の時代だからこそ、愛とか情熱とかいった人間ならではの感情がいよいよ重要になってくるのかもしれませんね。

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。(来月から値上げします)

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/12/12  Posted in 教育

こんにちは、野本です。

 

マレーシアのインターナショナル・スクールの成功とは?

 

興味深い記事を教えてもらったのでご紹介します。
http://istimes.net/articles/1002
10年後には、生徒数1千万人へ!なぜ、インターナショナルスクールは世界で大人気? マレーシアとベトナムの事情から考える。

 

世界中でインターナショナル・スクールが増えてます。しかしマレーシアのインターナショナル・スクール解放の「成功」が他の国のお手本にとは思いませんでした。

 

マレーシアは、政治的な事情もあり、インターナショナル・スクールの門戸を国民に解放しました。人種制限を撤廃したのです。
今やインターナショナル・スクールはローカル中間層以上が通う普通の学校になりつつあります。記事によれば、すでに170校もあるそうです。

 

毎年どんどん新しい学校が開校するので、ついていくのが大変です。そして当初「こんな辺鄙なとこに学校作って大丈夫かなー……」と思っていた学校(例・International School@parkcity)が、あっという間に入学待ちになったりします。一方で、生徒が集まらなくて閉校になる、という話はあまり聞かないです。

 

人気の秘密は英語だけではないその教育の新しさ

 

インターナショナル・スクール人気の理由は、英語の必要性だけではないです。肝は、その教育の新しさにあります。
伝統的な教育は、工場労働者やサラリーマンを作るのに最適な方法でした。休み時間にしかトイレに行けないというのは、まさに工場っぽいですよね。そして、「先生が大勢の子供に一方的に知識を与える」というスタイルを取ります。私たちが受けてきた馴染み深い教育です。
アジアでは、日本もマレーシアも、そしてシンガポールですら、公教育は未だにこの「知識偏重」スタイルから変わっていないのが現状です。

 

ところが、インターナショナル・スクールではこの考えを真っ向から否定します。「知識を覚えることにあまり意味はない。それよりインターネットでリサーチしろ」というわけです。ただよく誤解されますが、全く覚えなくて良いわけではないです。そしてとにかく生徒に考えさせます。IBの生徒たちを見ていると、考えすぎて頭がおかしくならないか、心配になる程です(考えるのが嫌いなお子さんにはIBはオススメしません)。

 

マレーシアには、先端教育の急先鋒とも言えるIBから、折衷型のイギリス式、オーストラリア式、カナダ式があります。さらには「やっぱり子供が長時間机に向かってくれないと心配」という親の期待に応えて、伝統的教育観と先進的な教育をミックスさせたマレーシアならではの「ローカルインター」と呼ばれる折衷式をとる学校もあります。ローカルインターは、ローカル校並みに宿題も出るし、機械的な計算などもしっかりやらせるので人気が高いんです。

 

基本の英語さえできれば、選択肢が圧倒的に広がるマレーシア。この選択肢の豊かさが、マレーシアへ子供を連れてくる何よりのメリットだと思っています。

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/11/28  Posted in 教育