icon-plane 「ママ友」問題が存在しにくいマレーシアーー流動的な人間関係は悪くない

「ママ友」問題が存在しにくいマレーシアーー流動的な人間関係は悪くない

友達がすぐできるマレーシア。

ママ友も同様で、すぐできます。
日本から来ていても無問題。ちょっと言葉ができたら仲間になってくれるはずです。

父母は学校にみんな一人で来て、ぽつんぽつんと卒塔婆のように立っているので、声をかけやすいのです。お互い目があえば会釈します。日本のように目を背けません。
自然に話しかけ、連絡先を交換します。

今のクラスでは、学校側が用意したミーティングをきっかけとして、お母さん同士で電話番号を交換して、チャットグループを作りました。

このチャットグループ。
毎日、宿題が多すぎるだの、数学の問題がわからないだの、先生がやめそうだの、いろんな話題が飛び交っていて、実に興味深いです。
新しい人が来たら自然に入れる雰囲気なので、気楽です。

転校が日常茶飯事なので、クラスメートも頻繁に入れ替わります。
来るもの拒まず、去る者追わず、というわけで、フランクに付き合っています。
お互い、相手のバックグランドには興味なし、です。中には私が外国人とは知らない人もいます。

▪️固定化する日本のママ友グループ

日本での経験では、ママ友グループは固定します。

固定するので、最初にじっくりお互いを探り合います。そして「この人なら大丈夫かな」という人しか入れません。だから、あとから人を入れるのにも慎重になるし、メンバーの入れ替わりもありません。そして付き合いも濃く、月に何度も同じメンバーで会ったりするようです。

するとどうなるか。狭い人間関係の中で濃い時間をすごすので、だんだんお互い息が詰まってきます。聞いてみると、ものすごく我慢しながら付き合ってたりする人がいます。

マレーシアでこれは成立しません。
転校も頻繁だし、引っ越しも多いし、中には飛び級する子もいます。
人種がいろいろなので、基準に当てはまらない人がたくさんいて、「みんな一緒」がありません。
人間関係がもっと流動的です。そして新参者やよそ者に意地悪しません。

日本でももう少し転校や編入がフツーにできるようになれば、親も子も生きやすくなると思います。

合わないところにいてもしょうがないです。
いじめも、転校してしまえば解決するので、悩む子も減るんじゃないかな。

いじめなんて我慢してもいいことありません。
私の知り合いのマレーシア人なんて、いじめがあるたびに子供を転校させてて、長男は3回小学校替わってます。立派な大学生になりました。それでいいと思います。

親も子も流動性が高い社会のほうが、生きやすいと思います。

———————–
★マレーシア子連れ移住の良いところ、悪いところを包み隠さず書きました。電子書籍版です

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です
車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。
Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。
いいね! フェイスブック (朝日新書)