icon-plane海外生活 | マレーシアでちょこっとだけ子供の教育を考えた。

pico

 

マレーシアマガジン編集長の野本です。
ジャパンエキスポというイベントに行って来ました。

 

さて、このジャパンエキスポは、PPAPのピコ太郎が来るとあって、事前から大きな話題になっていました。ピコ太郎の人気、こちらではハンパなく、会場は一時殺気立つほどでした。メディア関係者も「こんなに人が来るとは……」と驚いていたくらいです。

 

しかしですね。謎なイベントだったんです。

 

マレーシアの日本関連イベントは、日本政府が企画して資金を提供して……というパターンが多かったのです。ところが今回は関係者に聞いても誰も主催者を知らない。主催しているのは、日本人でもマレーシア人でもない、タイ人だというではないですか……。一体なぜ、タイ人がマレーシアで日本のイベントを主催するのか? 意味がわかりませんでした。

 

語学学校の生徒に喜んでもらいたくて企画

 

で、主催者にインタビューしてわかったこと。

 

主催者の女性は、タイのインターナショナル・スクールを卒業後、イギリスへ留学。日本語も勉強しました。今は日本語学校の傍ら、日本専門のイベント会社を経営しています。

 

最初は日本語学校の生徒を喜ばせようと始めたイベント。もう10年以上続けており、規模も大きくなりました。今年タイで50万人(!)も集めたらしいです。しかも今回のイベントは主催者の手弁当で、日本の会社は一社もスポンサーについていません。今回「みんなが楽しんでくれたら赤字で構わないと思ってやった」と話します。

 

正直、こういうイベントは日本政府がお膳立てして、しかるべき箇所に連絡してスポンサーを募って……という極めて日本式なやり方をするのだと思い込んでました。一人の女性が、日本への愛だけで、パビリオンを借りて、これだけ大きなイベントを開催してしまったというのだから、心底驚きました。

 

現地の有名ブロガーは「出演者の選択がとても良い」とコメントしていましたが、さすがに現地で何が受けるかよくわかっていて、どの出し物も大人気でした。今はYoutubeにさえ乗せれば世界中の人が見る時代なんですね。出演したアイドルグループにもちゃんと現地の追っかけがいて、曲に合わせた掛け声も「完璧」(アイドル談)。私もびっくりです。

 

何よりピコ太郎の登場はすごかった。

 

マレーシアマガジンもよしもとクリエイティブエージェンシーさんなどと提携し、日本のタレントさんをマレーシアで売り出していますが、おかげさまで最近忙しいみたいです。日本で売れなくてもYoutubeで売り出し海外に出て見たら活路が開けるかも? と思った一日でした。

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事
1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/07/30  Posted in 海外生活

こんにちは! 野本です。

 

学校の休みにフィリピンで親子で英語を勉強してきました。
もう数回めですが、「英語だけ」なら私、マレーシアよりフィリピンをお勧めします。

 

理由はいくつかあるのですが、

 

・学校の選択肢が多い

 

スピーキングに向いた学校、ライティングに力を入れている学校などいろいろある上、多国籍の学校、日本人に特化した学校など選べます。

 

・発音がわかりやすい

 

マレーシア人に比べ、フィリピン人の発音の方がわかりやすいという日本人が多いです。(私はマレーシア人の方がわかりやすいと思いますが……笑)

 

・マンツーマンで学習できる

 

初心者にとって、マンツーマンで学習できることのメリットは計り知れません。恥ずかしくない。何度でも聞き返せる、会話に割り込まなくても話せる、などなど。
人件費の高いマレーシアではこれを実現するのが難しいです。

 

・日本人を教えるのに慣れている

 

韓国人が始めたフィリピン留学、今では一説によると500校以上の学校があるとか。それだけに、どの学校も生徒を呼び込むためにさまざまな工夫をしており、また外国人(特に韓国人と日本人)を教えることに慣れています。

 

小学生高学年や中学生がいきなりマレーシアに来ても、学校は語学学校ではないので、授業の内容について行くのは大変です。
日本の中学校に日本語ゼロの子がいきなり来て、社会や理科を理解するのが難しいのと同じですね。
マレーシアにも英語学校はあるのですが、マレーシア人の英語学校に対する需要は少なく、IELTSやTOEFLに特化したものが多い印象があります。
ただし、多文化・多民族のよさを体験するなら、やはりマレーシアの方がいいかな……。

 

マレーシアから数時間でいけるフィリピンでは、合宿形式でまとめて勉強できます。
子供が一人でもいける学校もあります。
今回、私自身は目的だったBrightureという学校に入りましたが、子供は一人で別の学校にお世話になりました。

 

ブライチャーについてはもはやマレーシアには関係ないので個人ブログに書きましたので、ご興味ある方はどうぞー。

 

フィリピンで英語を勉強してきました

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事
1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/06/13  Posted in 海外生活

こんにちは! マレーシア生活5年目の野本です。マレーシア生活が長くなってくると、だんだん日本のことを忘れてきます。今回は趣向を変えて、マレーシアから日本に帰国してびっくりすることをまとめてみました。

1 マスクしてる人が多い
空港で何がびっくりするって係員さんたちがいきなりマスクしていること! 誰も彼もがマスクしてるので、「何か悪い病気でも流行っているの?」と思います。マスク、マレーシアではヘイズの時期くらいにしか見ないので……。

2 アナウンス・放送が多い
エスカレーターの案内、駅の案内、放送チャイムの多いこと。エレベータのアナウンスと駅のアナウンスが混じっててカオスな賑やかさ。マレーシアでは駅での放送自体が少ないですね。

3 お年寄りの数が多い
年配者が目立ちます。マレーシアでは外を歩いているお年寄りは少ないんですね。マレーシア人と一緒にシンガポールに行ったときも、彼らは街で働くお年寄りに驚いてました。

4 電車の中がシーンとしている
電車に乗ると、「シーン」って文字が書いてあるんじゃないのか? と思うほど静かな日本。ケータイで話したり鳴らしたり、おしゃべりしたり、が普通のマレーシアから来ると、緊張します。たまに賑やかな人がいると外国人だったりします。

5 タクシーの運転手が背広を着てる!
タクシーの質が全般的に悪いマレーシアからくると、日本のタクシーの安心感はハンパありません。背広やチョッキを着てて、丁寧に接してくれて、ボラれることもまずない。でもね、ボラれたかと思うくらい正規の料金が高いんですが……。(泣)

6 ポスターやパンフレット数がハンパない
街を歩くと目に付くポスターの数々。あまりにいっぱいあって、どれを見ていいのかわかりません。役所や銀行もパンフレットだらけ。子供は「なぜポスターに出てくるのが若い女性とキャラクターばかりなの?」と不思議そうでした。

7 役所がスーパー親切
マレーシアの役所からすれば、日本の役所はスーパー親切です。どこに行けばいいのか書いてあるし、半日並んだりすることもありません。と言っても私はイミグレや免許センターくらいしか縁がないので、ちゃんと比較になってるかビミョーですが。

8 自動販売機が至るところにある
自動販売機が多いです! 100メートルおきにあるのでは。同じようなものをあちこちで売っていてこれまたカオス。

9 歩いてどこにでもいける

これは東京ならではかな。歩いてどこにでも行けるのは良いですよね。子供でも一人で歩いています。シンガポールでも普通?

10 酔っ払いが多い
子供がびっくりしたのが、酔っ払いが多いこと。それから駅に時々吐瀉物があることです。マレーシアの道路ってゴミはいっぱい落ちてますが、酔っ払いが吐いてるところはあんまり見ないんです。

(番外編)店員さんが良くも悪くも事務的

丁寧なようでそうでない不思議な日本のサービス。むちゃくちゃ丁寧な口調で「お客様のご希望には添えかねます」みたいに言われると、親切なんだか不親切なんだか、ビミョーな気持ちになります。マレーシアなら「OKラー」という場面なんだけどなぁ、って思うことも。

 

ーーーー
面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事

1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2016/12/27  Posted in 海外生活