icon-plane海外生活 | マレーシアでちょこっとだけ子供の教育を考えた。

こんにちは! マレーシア生活5年目の野本です。マレーシア生活が長くなってくると、だんだん日本のことを忘れてきます。今回は趣向を変えて、マレーシアから日本に帰国してびっくりすることをまとめてみました。

1 マスクしてる人が多い
空港で何がびっくりするって係員さんたちがいきなりマスクしていること! 誰も彼もがマスクしてるので、「何か悪い病気でも流行っているの?」と思います。マスク、マレーシアではヘイズの時期くらいにしか見ないので……。

2 アナウンス・放送が多い
エスカレーターの案内、駅の案内、放送チャイムの多いこと。エレベータのアナウンスと駅のアナウンスが混じっててカオスな賑やかさ。マレーシアでは駅での放送自体が少ないですね。

3 お年寄りの数が多い
年配者が目立ちます。マレーシアでは外を歩いているお年寄りは少ないんですね。マレーシア人と一緒にシンガポールに行ったときも、彼らは街で働くお年寄りに驚いてました。

4 電車の中がシーンとしている
電車に乗ると、「シーン」って文字が書いてあるんじゃないのか? と思うほど静かな日本。ケータイで話したり鳴らしたり、おしゃべりしたり、が普通のマレーシアから来ると、緊張します。たまに賑やかな人がいると外国人だったりします。

5 タクシーの運転手が背広を着てる!
タクシーの質が全般的に悪いマレーシアからくると、日本のタクシーの安心感はハンパありません。背広やチョッキを着てて、丁寧に接してくれて、ボラれることもまずない。でもね、ボラれたかと思うくらい正規の料金が高いんですが……。(泣)

6 ポスターやパンフレット数がハンパない
街を歩くと目に付くポスターの数々。あまりにいっぱいあって、どれを見ていいのかわかりません。役所や銀行もパンフレットだらけ。子供は「なぜポスターに出てくるのが若い女性とキャラクターばかりなの?」と不思議そうでした。

7 役所がスーパー親切
マレーシアの役所からすれば、日本の役所はスーパー親切です。どこに行けばいいのか書いてあるし、半日並んだりすることもありません。と言っても私はイミグレや免許センターくらいしか縁がないので、ちゃんと比較になってるかビミョーですが。

8 自動販売機が至るところにある
自動販売機が多いです! 100メートルおきにあるのでは。同じようなものをあちこちで売っていてこれまたカオス。

9 歩いてどこにでもいける

これは東京ならではかな。歩いてどこにでも行けるのは良いですよね。子供でも一人で歩いています。シンガポールでも普通?

10 酔っ払いが多い
子供がびっくりしたのが、酔っ払いが多いこと。それから駅に時々吐瀉物があることです。マレーシアの道路ってゴミはいっぱい落ちてますが、酔っ払いが吐いてるところはあんまり見ないんです。

(番外編)店員さんが良くも悪くも事務的

丁寧なようでそうでない不思議な日本のサービス。むちゃくちゃ丁寧な口調で「お客様のご希望には添えかねます」みたいに言われると、親切なんだか不親切なんだか、ビミョーな気持ちになります。マレーシアなら「OKラー」という場面なんだけどなぁ、って思うことも。

 

ーーーー
面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事

1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2016/12/27  Posted in 海外生活

スバンジャヤで月曜の朝、タクシーが強盗に変身し
女性が傷つけられるという事件がありました。

スバンパレートの近くに来たところ突然、運転手が突然強盗に変身。
ナイフで被害者を脅してきた所持品を奪いました。
手の出しようがないですよね。
命に別状がなくてよかったです。

このドライバーは40代でまだ捕まっていないみたいなので、
気をつけたほうがよさそうです。
車種はProton Wiraだそうです。

http://www.thestar.com.my/news/nation/2016/07/18/woman-hurt-during-robbery-by-taxi-driver/

マレーシアでは、昔からタクシーのトラブルが頻発しています。
運転手が強盗に車を貸したり、逆に奪われたりと色々なケースがあるみたいです。
反対に、運転手がお客に襲われる、ということもあります。

こういうニュースがあると、相手が明確になるUberやGrab Carのほうが
「まし」だという声ももっともだと思ってしまいますね。
(Uberで事件が起きない、というわけじゃないとは思いますけれども….)

(関連記事)
タクシードライバーがUberに怒っています…でもタクシーにも反省してほしい

ーーーー
今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事

1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(広告です)

投稿日:2016/07/20  Posted in 海外生活

マンションのオーナーさんが、日本人と韓国人の内見を拒否する話が出ていました。
理想が高く、細かい注文が多すぎるんだそうです。

ショック? your clients (日本人は)high expectation(理想が高い)

これですね、学校も似たところがあるんです。

「日本人と韓国人はこりごりだ」と言ってた学校経営者がいました。
理想が高く、注文とトラブルが多く、揉め事が起きやすいんだと。

学校にも非はあるんですが、たぶん
ローカルはもっとうまく解決してるんでしょう。
言葉の問題もあるでしょうが、感情的にしこりを残し、
後味が悪いまま終わってしまう。

◼︎他人を信頼しない日本人

おそらく二つの国民性に共通するものは要求レベルの高さと同時に
「用心深さ」なんです。
基本、自分の周囲以外の相手を信頼していないんですよね。

他人を見るときも用心深くジロジロ見て、
評判を聞いてから付き合ったりします。

これ、実際に数字にも出てまして、
実験すると、日本人は他人を信頼する率が低いんだそうです。
他人に親切にする率も極端に低いです。

日本国内でも同じです。

治安はマレーシアよりずっと良いハズの日本。

なのに、
日本に帰ると、「ブラック企業」がたくさんあり、
「住んだらヤバい場所」「欠陥住宅」があり、
「怖い新興宗教」がはびこってて、マスコミはステマばかりで
「要注意人物」もたくさんいるような気になります。

テレビで「私は悪徳不動産業者にこうして騙された!」
みたいなのを見るもんだから、
買うときにものすごく用心深くなります。

私も、いつも騙されないように、「完璧な家を買わなくちゃ」とばかり
細かいところばかりみて消耗してました。
マレーシア人みたいに即断即決できないんですよ。

悪い妄想ばっかりしてたんでしょうね。
信頼してなかったんだな。
だから不動産業者さんともいい関係が築けなかったのか。

こっちの家なんて、新築すぐで雨漏りは普通です。
ローカルは文句は言いますが、改善したらそのまま居続けるし、
「騙された!」とマスコミで大騒ぎすることもありません。
トラブル、間違いはしょっちゅう起こりますしね。

最近は、問題があってから、直せばそれでいいかー
と思うようになりました。

——

人気記事

1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

投稿日:2016/05/11  Posted in 海外生活