icon-plane海外生活 3ページ目 | マレーシアでちょこっとだけ子供の教育を考えた。

新しい地域で一から出直すというのは、なかなか大変なことです。
外国ではさらに言葉の問題がありますよね。

ところが、移住して長い方に話を聞くと、
「とくに苦労はなかったなー」という人が多いのです。
トラブルは同じように万人に降り注いでいるのですが、受け止め方が違います。
トラブルを含めて楽しんでおられるんですよね。

下見の方から「私って移住に向いてますかね?」と聞かれることがあります。
最近、移住に必要なのは、 自分を「ゼロ」にする力じゃないかな、って思います。
ゼロに戻ってアメーバーのように入れ物に合わせて自分を変える力。
それがあれば、なんとかやっていけると思います。

海外に来ると、自分を知っている人は誰もいなかったりします。
近所付き合い、友達、趣味、一から全部やり直しです。
日本で続けていた趣味や仕事が続けられないという人も出てくるでしょう。

今までの常識や知識、人脈、そういったものをすべて一旦なくして、一から構築する力。
赤ちゃんになったつもりで、一からいろいろと覚えていく力とでもいいましょうか。

今までの常識や幸せだった記憶、持っているものなどが、「変わること」を阻害します。
過去のうまくいった経験というのが、変わることを阻害することもあるようです。
小学生でも、楽しかった日本の思い出が忘れられず、当地になじめないという悩みを持っているお子さんもいます。

いいとか悪いではなくて、向き不向きがあるのではないかと思います。

—–

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

投稿日:2015/07/02  Posted in 海外生活

最近、また友達が犯罪の被害にあうケースが増えてます。

ひったくりや車上荒らし、泥棒など、日本人の知り合いや友達だけでも片手に収まらない….。
ある友人、モールの駐車場でひったくりにあい、引きずられて全治2週間のけがを追ってます。
別の友人はモールの前でカバン全部取られました。
車のフロントガラス割られた人もいた….。

▪️比較的治安がいい、とはいうものの….

しかし….。
聞いていると、いくら気をつけていても、防ぎきれないのかなというレベルです。

ローカルの知人に聞くと、みな口を揃えて「治安は悪いよ。気をつけて」っています。
ほかの国から来た駐在の人は、「前の国のほうがましだった」といってます。
いったいどうなっちゃってるんでしょうか….。

フィリピンの比較的治安の良いと言われる場所に行ったら、女性が夜中に道を歩いててびっくりしたことがあります。

マレーシアでは夜中女性だけじゃ歩けないよ!(私は昼間だって歩きません)と話したら、現地のフィリピン人に「マレーシアは治安がいいんだから、そんなはずはないでしょー」と断言されちゃいました。いや、私もそうであってほしいと思いますが、ほんとなんだってば。

テレビなどで「比較的治安がいい」と言ってますが、うーんどこと比べてかなっていつも思います。
もちろん、いろんなところと比べたら比較的ましなのかもしれませんが、体感治安は相変わらずです。

▪️とりあえず対策

車に乗ったらすぐロック。バッグは見えないよう、トランクか足元に置きます。
降りるときにはカーナビを取り外してダッシュボードに隠します。そうしないと、盗まれてしまいます。
そして周りに怪しいバイクなどがないかを確認してから、降車し、急いでロックします。
ローカルの知人には、夜中は赤信号でも止まらないでいいよ、って言われました。そんな….泣 

犯罪の手口に関する情報は、ローカルの友達たちからチャットグループやSNSを通して回ってきます。
最近では、車のフロントガラスに卵をぶつけて、止まって出てきたところを襲うという手口もあるそうです。

タクシーは馴染みのものを呼ぶこと。
流しのタクシーは極力使いません。

友達の一人は自宅の入り口にシャッターをつけてしまいました。鉄格子は外されてしまい意味がないというのです。
彼女は家の向かいの店に行くのも車で行ってます。

改善を望みたいところです。

—–

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。
マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です
車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。
Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。
いいね! フェイスブック (朝日新書)



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-0924583686455665"
data-ad-slot="6328798124"
data-ad-format="auto">

投稿日:2015/05/13  Posted in 海外生活