icon-planeマレーシアでちょこっとだけ子供の教育を考えた。 2ページ目

こんにちは、野本です。
先日、マレーシア政府観光局とエアアジアが、マレーシア観光促進で協力することを発表しました。

 

マレーシア政府が観光客を獲得するターゲット国ベスト10とは?

 

驚いたのが、そのターゲットとなる国の選定です。
先進国ばかりではなく、今まで発展途上国と言われていた国々が入っているのです。

 

中国、日本、韓国、インド、スリランカ、バングラディッシュ、ネパール、モルジブ、サウジアラビア、イラン、オーストラリア、ニュージーランド

 

中国、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドはわかります。
しかしインドやバングラディッシュ、ネパールが入ってるってことは、観光客が増えてるんですね。

 

バングラディッシュは以前世界最貧国だったのでは……。
調べてみると、GDPも7.2パーセントとアジアでもっとも低い賃金水準ながら、内需も堅調で、今ではファッションに関心が高い層も増え、中間層が拡大しているそうです。

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170515/mcb1705150500018-n2.htm

 

インド人観光客も増えています。先日ランカウイの観光局の人が「インドのお客さんが多いですねー」と言ってました。日本にもインド人観光客は増えているようですね。
豊かになっているのは何もマレーシアだけじゃなかったのです。

 

IT革命では先進国と後進国が逆転する

 

フィリピンで語学学校を経営する作家の松井博さんも朝日新聞ではっきり書いてました。

 

このような成長物語は別に中国やフィリピンに限った話ではなく、世界中、特にアジアの新興国で顕著です。先進諸国での中産階級の没落を尻目に、アジアでは貧困が目に見えて減り、消費の牽引役を担う中産階級が着々と育っています。
(中略)
ぶっちゃけて言ってしまえば、今起きていることは、先進国から新興国への劇的な所得移転です。20年間で、製造業の就労者数はアメリカで670万人、日本で500万人、そして韓国でも100万人以上減っています。そしてこの後は、頭脳労働も急ピッチで海外に移っていくでしょう。

http://globe.asahi.com/news/2017051500002.html

 

IT革命が起こしたことは、実は先進国の人が貧しくなり、後進国の人が豊かになるという図式です。
マレーシアでもそう。中流層が増え、休暇のたびに海外に行く人が多いです。

 

 

さて今回の発表は、マレーシア政府とマレーシアの会社の提携なのに、中国の上海で発表しています。中国の観光客だけに特典があったりして、中国を重視しているのでしょうね。

 

20年後には先進国と途上国の図式が入れ替わっているかもしれません……。

 

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事
1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/05/29  Posted in マレーシアで学べること

こんにちは、マレーシアマガジンの野本です。

さて、最近、マレーシアで行われるサマーキャンプ・サマープログラムについて、お問い合わせが多いです。
実はマレーシアで、日本人向けの英語サマーキャンプは決して多くはないのですが、取り急ぎ、わかっている範囲でまとめました。
私が把握しているのは以下の3つだけです。他にもたくさんあると思います。
こんなのがあるよという人、ぜひおしらせください。

アップワード・ラーニングセンター(マインドスペース)・サマースクール

クアラルンプール(モントキアラ)とアラダマンサラにある米国式プログラムのホームスクール。1週間から4週間まで自由に期間を設定可能ですが、宿泊や交通はご自身での手配となります。週ごとに決まったテーマに沿って、ディスカッション、工作、歌、プレゼンテーションなどを総合的に学ぶコースとなります。
登録料金:  RM50 (税込RM53) 費用: 週RM960(消費税込みRM1,017.60 )ランチ・スナック、教材込み。 兄弟割引:2週間以上で10%割引
時間:   9.00 am to 2.30 pm
 
【テーマと内容】
3 July – 7 July 2017 スーパーヒーロー
スーパーマン、スパイダーマン、バットマンはそれぞれ自分の町の犯罪で大忙し。KLはあなたとあなたのスーパーパワーを求めています!! 私たちの町は新しい恐ろしい悪者によって攻撃され、我々の運命はあなたの手にあります。あなたは最も勇敢なスーパーヒーローなのです。しかし、我々があなたを信頼する前に、あなたはスーパーパワーやコスチューム、未来のテクノロジーが勝利に導くことを説明し、私たちを納得させなければなりません!!!

 

10July – 14 July 2017 海賊
おーい! 海の友人たちよ、危険な旅に出ましょう。我々は7つの海を航海し、謎の宝物を探す旅に出ます。地図はあります。乗組員を募集しています!

 

17 July – 21 July 2017 オリンピック
100年前、離れたギリシャの土地で、オリンピックは始まりました。そこからオリンピックは各国に広がり、各種選手が身体能力を競うイベントになりました。今週は、我々は最も優れた選手たちを紹介し、この有名なイベントの裏話について学びます。

 

24 July – 28 July 2017 アメージング・レース
位置について、ヨーイドン! これは世界をたった5日間で世界中を回るレースです。勝つには、出場者たちは、質問に答えたり、謎を解いたり、挑戦を受けたり、考えたり、遊んだり、ダンスしたり、歌ったりします。誰にも先に行かせてはいけません! 1番をとりましょう!

 

31 July – 4 August 2017 ワイルド・ワイルド・ウエスト
カーボーイは全員集合! 探検家、保安官、アメリカ先住民、そして窮地にあるレディーたち! これは金を探すワイルド・ウエストへの最後のコールです。私たちをやっつけようとする山賊や無法者ギャングに気をつけて! 銃、弓矢を用意して馬に乗り、ユニークな1週間の冒険に備えてください。

 

7 August – 11 August 2017 ロボット
2050年にようこそ。世界はもうあなたが覚えている世界ではありません。今や私たちはロボットの時代に生きているんです。私たち、マインドスペースラボのみんなは、パイオニアです。もっとも素晴らしいロボットを作っています。私たちはチームのメンバーとして、最も賢く、最もクリエーティブな個人をリクルートし、未来の革命的な未来を紹介します。

 

http://upwardlearning.net/

 

Westlake International School サマープログラム2017

 

ペラ州イポーに近いカンパーの学生町にある学校です。学校の寮を利用したサマースクールで、主に英語を学びます。
2017年7月24日から8月20日まで。対象年齢は11歳以上。

 

4週間プログラム 合計9500RMには、申込金、入学金のほか、80時間の英語コース、寮、食事、ワイファイ、エコツアー、ゴルフレッスン、スポーツ、ショッピング、1泊のクアラルンプール観光旅行を含みます。

 

http://www.westlakeschool.edu.my/admission/short-term-programme

 

エプソムカレッジ サマースクール

 

クアラルンプールの郊外、KLIA空港近くの高級インターナショナル・スクールです。英語のコースはすでに満員になってしまったそうですが、サッカー教室を別途開催するそうです。詳細はワクワク海外移住さんにお問い合わせを。

 

◆2週間プログラム
対象:11〜17歳
日程:7/23(日)〜8/4(金)
費用:合宿コース RM 8,300
◆1週間プログラム
対象:8〜17歳
1) 7/23(日)〜7/28(金)
2) 7/30(日)〜8/4(金)
費用:
合宿コース:RM3,700 (11歳以上)
通学コース:RM2,000
http://wakuwakuijyu.com/blog/daisy/?p=6744

 

 

この他、1ヶ月や1週間単位でいれてくれる塾のようなところに入るのも良いですよね。
私の知っている限りでは、英語教育の老舗として評価の高いTTDIのローナ・ウィストン(英語学校)、先日ご紹介したモンテッソリの学校「treetop house」などが短期での入学を受け付けてくれると思います。聞いてみてください。

 

個人的に、「英語だけ」なら、マレーシアじゃなくフィリピンでもいいかなーと思います。
マレーシアで学べる良さは、民族や宗教の多様性を体感できるところです。
また、サマーキャンプを体験し、そのまま移住されるご家族もいらっしゃるみたいですよ。

 

質問などは(どこまで答えられるかわかりませんが)マレーシアマガジン(info@malaysia-magazine.com)またはフェイスブックからお願いします。

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事
1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/05/24  Posted in 学校

こんにちは。野本です。

 

先日、モンテッソーリ式の学校についてご紹介したところ、数件のお問い合わせを頂きました。
学校からの依頼もあり、再度行って、取材してきました。

 
今回ご紹介する学校は、「treetop house」です。場所はクアラルンプールのデサ・パークシティから近いTaman Sri SegambutのEduVilladge内。一見、ショップロットのようですが、入ってみると中はかなり広いです。ただし校庭やプールはありません。

 

IMG_0398
 

これは二校舎目で、本校はJalan U-Thantにあるそうです。
 

自発性を大事にするモンテッソリー教育

 

この学校の特色は「ピュア・モンテッソーリ」だそう。
3歳から12歳の子供たちをモンテッソーリ式で教えます。英国式が主流のマレーシアの小学校では珍しいですね。
小学校はまだ学校認可はおりてないので、ホームスクール扱いですが、ビザがあれば通えます。
英語・マレー語・中国語で教育します。見たところ、中華系のお子さんが多かったです。
 
モンテッソーリといえば、子供の自発性を大事にし、一斉教育を行わない形態をとることで知られています。
アンネ・フランクやピーター・ドラッガーもモンテッソーリ教育を受けていたそうです。

 

モンテッソーリ教育の基本について、日本モンテッソーリ教育総合研究所は、

 

モンテッソーリ教育の基本は、「子どもは、自らを成長・発達させる力をもって生まれてくる。 大人(親や教師)は、その要求を汲み取り、自由を保障し、子どもたちの自発的な活動を援助する存在に徹しなければならない」という考え方にあります。

 

と書いています。

 

さて、この小学校は実に独特です。教室は一つで、生徒の机は並んでいません。同じクラスで小さい子も大きい子も一緒に学びます。

 

SAMSUNG CSC

 

色とりどり、五感に訴える教材が要所要所に配置されており、一見、小学校の教室というより、工作室かプレイルームのよう。四角い机が並んだ教室を想像していると驚きますが、好奇心や想像力を刺激される子も多いでしょう。発達障害の子どもたちもきちんと視野に入れた教育方法を取っています。

 

隅っこに寝っ転がって一人になれるスペースがありました。落ち着きたいとき、一人になりたいとき、リセットしたいときに子供達はここにきて休みます。さらに「平和のテーブル」と呼ばれる喧嘩した当事者が冷静に話し合うためのコーナーもあります。

 

私はモンテッソーリについては詳しくないのですが、今回行って見て、子供の好奇心を大事にし、自発的な学びを誘発する工夫に驚きました。

 

子供に「最も大事なのは遊びである」

 

先生たちは全員モンテッソリの有資格者。幼稚園にも木製の教具がたくさん並び、知覚や触覚など、五感を刺激するおもちゃが並んでいます。
おもちゃの貸し出しのできる図書館もあり、将来的には地域に公開していきたいと話します。キッチンも大きいのですが、料理教室などで、これまた地域に公開し、一緒にやっていける学校を目指すとのこと。

 

木製のおもちゃを中心にした部屋とは別に3Dプリンターを備えた部屋もあったりします。

 

ツリートップハウスでは、「健康的な脳の発達のためには「遊び」が最も大事だと考えています」と言っています。
SAMSUNG CSC

 

副校長は「現在、学校でも家でも遊びが不足しています。レストランを見てください。子供達はガジェットに熱中しており、呼びかけられても気づきません。そのため、子供達は社会性やコミュニケーションスキルを獲得できないまま育ちます。他の人の視点からものを見ることができず、不寛容や誤解、不満やうつ病などにつながります」と話します。遊びは、認知的、物理的、社会的な感情、想像力、器用さ、そして問題解決能力を高めるそうです。

 

この学校の大きな特徴は以下の通りです。

1 ピュア・モンテッソーリ・スクールであること
取材すると「うちはピュア・モンテッソーリ・スクールです」と話します。先生は全員モンテッソーリのトレーンングを受けており、中心となるロー・リン・クアン先生は、英国でモンテッソーリ・ディプロマ、北米のモンテッソーリ・センターよりインターナショナル・モンテッソーリ・ディプロマの資格をとり、30年以上の経験があります。

 

2 異年齢の子を一緒に教育すること
クラスは一つだけ。モンテッソーリでは異年齢の子が同じ教室で学びます。「遊び」を非常に重視しているそうです。読み、書きなどのアカデミックな面だけではなく、五感を使い、触ったり、匂いを嗅いだりして、子供達は学びます。おもちゃの図書館と呼ばれるおもちゃの部屋があり、将来的には地域の子供達にも貸し出しをしたいそうです。

 

主な言語は英語ですが、中国語、マレー語も教えます。英語力の弱い生徒のためのサポートもしてくれるそうです。

 

3 障害のある子も一緒に学ぶこと
ここでは障害のあるお子さんや発達障害のあるお子さんも受け入れており、時に一緒に学ぶことで、お互いに学びがあると教えます。
モンテッソーリは、障害児の治療教育に携わった経験があり、障害児教育を健常児教育にも適応させていたそうです。

http://sainou.or.jp/montessori/about-montessori/index.php

 

学費は幼稚園で1タームRM3600-小学校でRM6200-。

 

興味がある方は有料にはなりますが、一週間単位で「お試し」を体験してみることをお勧めします。

 

良い学校というのは、子供一人一人によって違います。ある人が絶賛する学校が他の人にあうかはわかりません。
実際に通ってみないとわからないことが沢山あります。

 

まだできたばかりの学校で人数も少ないですが、学校のスペースはかなり広く、ゆくゆくは中学校も併設して行きたいとのこと。
木製のモンテッソーリのおもちゃと一緒に、最新の3Dプリンターを備えた部屋もありました。

 

今週27日には、「カーニバル」と題し、地域に開放した遊びのスペースを提供するそうですので、興味を持った方は遊びに行って見てください。
http://www.malaysia-magazine.com/news/21944.html
 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事
1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/05/21  Posted in 学校