icon-planeマレーシアでちょこっとだけ子供の教育を考えた。 2ページ目

こんにちは、野本です。

最近、移住組の日本人と話題になること、それは
「日本人はなんでこんなに語学ができないのか」ってコトです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

マレーシア人の語学学習のスピードは早い

ときどき、マレーシア人に日本語を教えてますが、彼らの語学を覚えるスピードは凄まじいです。
すぐに覚えてしまう人が多く、用意した教材が追いつきません。
それも若者ではなく、普通の主婦に教えているのに、です。

今教えてる人は広東語、英語、マレー語を話します。日本語も正確な文法で漢字かな混じり文が書け、私から見たら十分なレベルですが、「日本語はまだまだ初心者」と言い切ります。

 

日系企業で働くマレーシア人女性、日本人上司の英語がわからないので、
自分が日本語を習った方が早い、と日本語ぺらぺらになっちゃいました。

マレーシアマガジンの読者もマレーシア人が増えてます。
記事にコメントを寄せてくれるのがマレーシア人ばかりでびっくりってコトもあります。
日本語の記事を読んで、自然な日本語でコメントを書くコトができるマレーシア人がゴロゴロいるんですよね。

 

彼らに言わせれば、「マレー語は簡単だから半年で覚えられる」とのことですが、半年でマレー語ぺらぺらになった日本人は少ないです。涙

で、日本人同士で集まると、「なんで日本人はこんなにできないんだろ……」って冒頭の疑問に戻るわけです。

 

日本語が「細かすぎる」?

日本語が細かすぎて覚えるのに異様にエネルギーを使うのか、江戸時代の鎖国が影響したのか、DNAが語学に向いてないとか、いろんな原因があるのでしょうが、総じて言えるのは「我々はコミュニケーションが下手な民族である」ってこと。

つまり日本人以外の相手とコミュニケーションする気持ちがないので、語学力が伸びないんじゃないかなぁ、と思うわけです。

 

かく言う私も最近仕事でマレー語が必要なシーンが増えてきました。昨日プトラジャヤに取材に行ったのですが、守衛さん(多分外国人)が話す簡単なマレー語が全然わからず「言葉ができないのは赤ちゃんと一緒だな」とうなだれて帰ってきました。
毎年、今年こそマレー語頑張る、と思うんですけどね。
うん、今年こそ頑張ります。笑

 

ーーーー
■3月10日、クアラルンプールのスタジオ「HIBANA Lab」さんで、子供の教育に関する「お話会」をやります「2020年日本の入試改革」「グローバル教育」「マレーシアの教育事情」などについて取材したことをもとにお話します。残席わずかだそうですのでお申し込みはお早めに。

http://wakuwakuijyu.com/blog/hibanalab/?p=640

■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。
http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事

1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/02/28  Posted in マレーシア人から学んでいること

こんにちは。野本です。

子供がインターの中学校に入り1ヶ月経ちました。
「どの授業もむちゃくちゃ面白い」と言って通っています。

 

習熟度別のクラスでは、自分のペースで学習できる

study-1211866-638x425

中学生になって一番驚いたのは、授業の時間割が一人一人違うことです。
この学校では、小学校6年生の統一テストの結果を見て、全員にオーダーメードの時間割を作ってくれます。

クラスは科目ごとの習熟度別に5段階ほどに分かれ、英語、数学、マレー語、中国語、それぞれ自分のレベルを指定されます。
生徒一人一人が違う時間割を持って、自分で教室を移動します。

子どもはマレー語で落ちこぼれていたのですが、習熟度別になったおかげで一番下のクラスになり、質問しやすくなったと喜んでいました。
中国語も同じく初級クラスに戻れ、やる気が出てます。
算数は一番上のクラスで活発になり楽しいようです。

誤解されそうですが、競争が目的というわけではなさそうです。
一人一人進度も得意不得意も「違う」。
だから一番下のクラスでも、彼は皆が尊重されていると感じています。

もっと突出した子、特別ゆっくりな子は飛び級または留年します。
マレーシアでは、留年や飛び級は当たり前なので、実際にはもっと分かれています。おかげで、先生も細かい教え方ができるようです。

 

オーダーメードの教育が当たり前になりつつある

子供が通うプログラミングの教室「キドコード」も完全に個人で進度が異なります。
先生は一人一人のニーズを見て、何をすべきかをアドバイスします。

無料動画で高校課程まで学べるシステム「カーン・アカデミー」なんて、究極のオーダーメード授業になります。「カーン・アカデミー」を作ったサル・カーンが先日TEDで言っていました。

「学校の授業では、誰もが必ず授業の中でそれぞれ少しずつわからないところが出てくる。テストをするとある人は70点、ある人は80点。完全に理解してないのに、全員で次の項目に進んでしまう。土台が適当なまま二階、三階と作っていく建物と同じ。土台の適当な家はどこかで崩れてしまう」(超訳するとこんな感じかな……)。

だから、カーンが作ったビデオ授業が受け入れられたのだというのです。

サル・カーンによるTEDのビデオ

関係ないようですが、先日取材したクアラルンプールのお寿司屋(和食コンテストで世界1位になりました)さんが、「相手がマレーシア人か日本人かによって味を変える」と言っていてびっくりしました。

こういう細かい心遣いがサービスの本質なのかも……。
学校も同様で、少しつずつ、パーソナライズ化が進んでいるようです。

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事

1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/02/21  Posted in 教育

こんにちは、野本です。マレーシアマガジンの学校関学ツアー、最近ではスタッフとして同行させていただいています。今回は「いじめのない学校」キャンペーンを展開する学校を取材しました。

 

日本ほどではないにせよ、マレーシアの学校にもいじめはあります。
そんな中、「ブリー・フリースクール(いじめのない学校)」を堂々と謳うのが、クアラルンプール郊外にあるキングスレー・インターナショナルスクールです。
比較的新しい学校ですが、英語ができなくても入れるので、日本人や韓国人には有名です。

IMG_9156
クアラルンプール郊外にある大きな校舎。大きく「ブリーフリースクール」と書かれた横断幕が目に入ります。
一体どうやっていじめを減らすのでしょうか?

この学校では「いじめは起きるものだ」という性悪説に基づき、システマティックなやり方でいじめ撲滅を狙います。

学校でセールス&マーケティングを担当するレイモンド・ウォンさんによれば、いじめが発覚すると警告、従わない場合には、退学が課せられます。
ここまでは、マレーシアの普通の学校にも見られます。特異なのは、ここからです。

 

1 いじめは監視カメラで常にチェック

校内では350ものCCTVカメラを校内にセットし、すべての教室、廊下は映像に撮られ、常時生徒たちをチェックします。
「先日もある生徒が他の生徒を押したというので、すぐカメラの映像を見て検証しました。話し合いの結果、押した方の生徒はふざけていたつもりだったのですが、相手は嫌な気持ちがしたということがわかりました」。
過去には実際に退学になった生徒もいるそうです。

学内はセキュリティが厳しく、エレベーターホールなど、先生の目が届きにくいところには、教職員が持つ特別なカードがないと出入りができず、死角がないように配慮しているそうです。
食事時の食堂には先生が交代で常駐します。

 

2.あらゆる場所に「いじめ」に関する警告

校内のありとあらゆる場所で「bully free」のポスターを見ます。
この「bully free」のポスターはユニークで、一枚一枚で書いてあることが違うのです。

IMG_0604
「意地悪なことや、悪い言葉をいうのもいじめです」「クラブ活動中もいじめは許しません」
といったポスターが学校中貼ってある感じで、どこにいようが嫌でもいじめを意識せざるをえません。

 

3 大人どうしのいじめも許さない

例えば、母親同士のイジメも禁止です。親のスタッフに対する態度もチェックされます。「例えば、親が受付で学校スタッフに無礼な言葉を使ったり、怒鳴ったりした場合も警告です」とレイモンドさんは話します。
子どもだけにルールを守らせても意味がありません」と彼は続けます。「子供は常に親を見ています。基本的にマナーは両親からくるものです。だから新しい家族が入ったら、我が校のいじめ撲滅システムについて理解してもらい協力してもらいます」

4 生徒のフェイスブックも監視

「サイバーブリング」と呼ばれるインターネットでのいじめ。どう対処するのでしょうか?
生徒のフェイスブックなどは常時見ています」とレイモンドさん。聞けば彼は元教師。インターナショナル・スクールの指導経験もあるそうです。「隠れてやったらどうするか? ページをプリントして持ってきてもらいます」

驚いたので、父兄や子供達にも聞いてみました。

「実際に厳しく運営されてますよ。謝罪文を書いたり、学校から警告を受けた経験がある子も多いです」と話してくれたのは、日本人のある父兄。
カメラのチェックも頻繁に行われており、ちょっとした悪口でも、報告される傾向にあるそうです。
 
生徒の一人は、「悪い言葉を使うことに対してかなり厳しいです。いつもカメラでチェックされるので気が抜けません。先生だってチェックされますよ」と教えてくれました。

この学校に実際にいじめがないのか? はさらに取材してみないとわかりません。
方法論はともかくとして、いじめに苦しんでいる子供にとって、学校がここまで徹底して戦う姿勢を見せているのは、安心ではあるでしょうね。

この学校は管理教育でいじめを減らしますが、正反対のアプローチで、生徒と徹底的に話し合い、いじめを減らす学校もマレーシアにはあります。長く取材していますが、その学校ではいじめは実際にほぼ起きていません。

何れにしても、日本と違うな、と思うことは学校や先生たちがいじめを見て見ぬ振りをせず、「いじめは起きる」と認め、対処していくところです。

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアー。スカイプ面談付きで、時間がある限り私が同行し、ご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

人気記事

1.占領時代、日本式の教育を受けたマレーシア人に戦時中の話を聞いてみた

2.早大、京大を経てマレーシアにきた社会心理学者に、日本との教育の違いを聞いてみた

3.「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

4.マレーシアから去っていく人を見て考えた

5.イギリス英語とマレーシア英語はどう違う?(実践編)

6.お金持ちじゃない人がケンブリッジで学位を取る方法

7.実は日本人は騒がしくてうるさい?

東洋経済の連載記事のリンクです。

http://toyokeizai.net/category/malaysia

★マレーシアの教育環境について、良い点悪い点率直にまとめました。電子書籍版です。

マレーシアの学校の○と× アジア子連れ教育移住の第一歩

★マレーシアに車なしで住むノウハウをまとめてみました。電子書籍版です

車なしでマレーシア生活

★フェイスブックで日本にいながら国際交流する方法を書いた書籍(角川書店から発売)です。私はこうしてマレーシア人をはじめ、フィンランド人、香港人などと友情を育んできました。

Facebookで起こる人脈構築革命

★2011年に書いたフェイスブックの入門書。書籍を出版できたのも、マレーシア人のおかげでした。マレーシア人のフェイスブックの使い方についても触れています。

いいね! フェイスブック (朝日新書)

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/02/12  Posted in 学校