icon-planeマレーシアでちょこっとだけ子供の教育を考えた。 2ページ目

こんにちは、野本です。

 

マレーシアのインターナショナル・スクールの成功とは?

 

興味深い記事を教えてもらったのでご紹介します。
http://istimes.net/articles/1002
10年後には、生徒数1千万人へ!なぜ、インターナショナルスクールは世界で大人気? マレーシアとベトナムの事情から考える。

 

世界中でインターナショナル・スクールが増えてます。しかしマレーシアのインターナショナル・スクール解放の「成功」が他の国のお手本にとは思いませんでした。

 

マレーシアは、政治的な事情もあり、インターナショナル・スクールの門戸を国民に解放しました。人種制限を撤廃したのです。
今やインターナショナル・スクールはローカル中間層以上が通う普通の学校になりつつあります。記事によれば、すでに170校もあるそうです。

 

毎年どんどん新しい学校が開校するので、ついていくのが大変です。そして当初「こんな辺鄙なとこに学校作って大丈夫かなー……」と思っていた学校(例・International School@parkcity)が、あっという間に入学待ちになったりします。一方で、生徒が集まらなくて閉校になる、という話はあまり聞かないです。

 

人気の秘密は英語だけではないその教育の新しさ

 

インターナショナル・スクール人気の理由は、英語の必要性だけではないです。肝は、その教育の新しさにあります。
伝統的な教育は、工場労働者やサラリーマンを作るのに最適な方法でした。休み時間にしかトイレに行けないというのは、まさに工場っぽいですよね。そして、「先生が大勢の子供に一方的に知識を与える」というスタイルを取ります。私たちが受けてきた馴染み深い教育です。
アジアでは、日本もマレーシアも、そしてシンガポールですら、公教育は未だにこの「知識偏重」スタイルから変わっていないのが現状です。

 

ところが、インターナショナル・スクールではこの考えを真っ向から否定します。「知識を覚えることにあまり意味はない。それよりインターネットでリサーチしろ」というわけです。ただよく誤解されますが、全く覚えなくて良いわけではないです。そしてとにかく生徒に考えさせます。IBの生徒たちを見ていると、考えすぎて頭がおかしくならないか、心配になる程です(考えるのが嫌いなお子さんにはIBはオススメしません)。

 

マレーシアには、先端教育の急先鋒とも言えるIBから、折衷型のイギリス式、オーストラリア式、カナダ式があります。さらには「やっぱり子供が長時間机に向かってくれないと心配」という親の期待に応えて、伝統的教育観と先進的な教育をミックスさせたマレーシアならではの「ローカルインター」と呼ばれる折衷式をとる学校もあります。ローカルインターは、ローカル校並みに宿題も出るし、機械的な計算などもしっかりやらせるので人気が高いんです。

 

基本の英語さえできれば、選択肢が圧倒的に広がるマレーシア。この選択肢の豊かさが、マレーシアへ子供を連れてくる何よりのメリットだと思っています。

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/11/28  Posted in 教育

こんにちはー。マレーシアマガジン編集長の野本です。

 

最近、小さいお子さんを連れて移住される方が増えています。
必ず聞かれるのが「子どもの日本語力」をどうするか? です。

 

基本が「モノリンガル」な日本人

 

ローカルに相談すると、「子どもは数カ国語をすぐに並行して覚えるから大丈夫」と言われます。
マレーシア人には実際に日本語、マレー語、英語など、数カ国語に堪能という人も少なくありません。

 

しかし、日本人の場合、そう簡単にはいかないのが現実。
マレーシアには来て数年たつのに英語が身につかないというのが、親子留学の悩みナンバーワンですが、
一方、なかには英語混じりの日本語を話したり、日本語が弱くなってしまうお子さんもいます。
みんな基本モノリンガルなんですよね。

 

一方で、5年以上もインターにいるのに自然な日本語を保持し、普通に書籍も読める子供もいます。
そういう子供たちを見ていると、親が補習塾に行かせてるわけでもない。

 

その差を観察して私が立てた仮説が「インプットの差」です。

 

つまらない授業をいくら聞いても時間の無駄

 

日本語と英語のバイリンガルの子どもを見ていると、両方のコンテンツにバランスよく「能動的に」接し続けている子が多いです。

 

この「能動的に」というのがポイントかなー。
日本の漫画にハマっていたり、Youtubeにハマっていたり、たくさん友達がいてよく話したり、家族の会話が多かったり、とにかくいろんなことに興味を持って吸収しています。「受け身」じゃないんです。

 

ちなみに、我が家の子供も、家の外では全て英語環境です。

 

それでもWikipedia、大量の漫画、「ヒカキン」や「はじめしゃちょー」などのYoutuber、テレビ番組、仮面ライダーなどの戦隊モノ、歴史のゲームなどで、相当のインプットをしてます。これで日本語力は保てているようです。

 

学校で先生と教科書を読んでいればいいのでは? と思うかもしれません。

 

しかし授業は受動的なので、頭に入る率は少ないです。
それにインプットばかりでアウトプットがないと定着しません。

 

もし授業で英語が覚えられるのなら、日本人の英語力はもっとマシなはず。
どんなに真面目な子でも、多分、授業は聞いているようで聞いてないし、読んでるようで、読んでないんですよ。
つまらなさすぎて、頭に入って来てないんです。
さらに日本だとアウトプットの機会がほぼないですからね。
時間の無駄です。

 

日本語も同じじゃないかな。教科書の朗読を何度繰り返しても、日本語が弱い子は弱いです。
結局人って「興味を持って」「学びたい」ことしか勉強できないんじゃないかなー・・・。
だから多少下品でもくだらなくても、親が寛容な心で見守るのが重要ではないかと思います。

 

書籍だけでは不十分な理由

 

日本語の場合、ときと場合で相当文体が変わります。
外国人で書籍で日本語を覚える人がいますが、皆さん会話が不自然ですよね(逆にアニメで覚えた子の会話はスムーズですが妙に乱暴です。笑)。

 

だから、いろんなものに接した方がいいんじゃないかな。会話と書籍の文体が違いますし、ちょっと古い書籍だと日本語も古い。その意味では人気Youtubeの動画はいいかもしれませんね。

 

 

話がそれましたが、日本語力(英語力)を保つには、大量、そして多種類のインプット。そしてアウトプットも大事だ、ということだと思います。

 

ではまたー。

 

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。(1月より価格を値上げする予定です)

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/11/21  Posted in 教育

最近、学校案内の仕事が増えています。

 

学校案内にもトレンドがあります。数年前までは「子供に英語を学ばせたい」という父兄が多かったのですが、最近では「日本の義務教育とは違う教育を受けさせたい」という方も現れて来ました。「暗記教育に意味があるのか?」というわけです。欧米で以前議論されて来たことが、今ようやく日本で始まったという感じでしょうか。

 

ちょっと古い記事ですが、ホリエモンも面白いこと言ってますよね。

 ホリエモン「義務教育はガラガラポンでやり直そうよ」現在の教育制度はどこが問題なのか?

 

同じ年齢を同じ学年に入れて並べて教育することや、先生がクラブ活動を教えて長時間労働することなど、かつて当たり前だとされていることが疑問視されるようになって来ました。

 

豊富な選択肢があるマレーシアの教育

 

日本の教育も、従来の伝統的な教育方式から、欧米型へのアクティブ・ラーニングへと転換しようとしています。ちなみに、マレーシアもアクティブ・ラーニングは主に欧米系のインターナショナル・スクールが主流で、公立学校は教科書や黒板を使った伝統的な教育方式です。アジアの教育って、今はどこもまさに過渡期なんですね。お隣シンガポールも教育改革を始めるようです。

 

マレーシアでは飛び級や落第もありますし、黒板を使う伝統的な学校から、iPadなどの機器を小さい頃から使わせる学校、モンテッソーリのように異年齢を1クラスで一緒に教育する学校、STEM専門の学校まで、今のところ、日本よりずっとたくさんの選択肢があります(ただし、お金はかかります)。

 

最初の数年は語学の基礎が大事になる

ただ、豊富な選択肢を享受するには、言葉の基礎がどうしても必要です。

 

日本人のお子さんに一つアドバイスするとしたら、最初はどこでもいいので、日本人の少ない環境に入れて、外国人の友達を作ることです。「小さい子供だから英語は放っておいても大丈夫だろう」と思っていると、あっという間に日本人同士でグループになって、いつまでも上達しません。幼児期に来たのに英語の語彙は増えず、日本語も弱い、ということになってしまいます。

 

さらに親が日本人同士の情報網を使って日本人と韓国人だらけの英語塾に入れたりすると、いよいよ英語嫌いになって帰っていきます。それほど、日本人にとって語学の壁は大きいのです。

 

日本で英語を勉強させたほうがいいですか? とよく聞かれますが、必要ないと思います。語学の学習って、1週間に数回程度の学習では、とても追いつかない量のインプットが必要です。むしろ夏休み、1ヶ月フィリピンの学校にでも行って英語漬けになったほうが良いです。

 

英語ができるようになると、上記のアクティブラーニングを受ける用意がようやく整います。マレーシアは転校も容易ですし、転校生をいじめるようなカルチャーもないですから、最初の学校は、実はあまりこだわらなくてもいいんじゃないかな、というのが私の実感です。

 

しかし例え教育が思ったようにいかなくても、やっぱり日本の外に出てみることには、親子ともに大きな意味があると思います。私は来て六年目になりますが、本当に来てよかったなーと実感しています。視野が広がり、世界が広がると、以前思ってもみなかったような選択肢が出て来ます。この楽しさをぜひ共有したいです。

ーーーー
■マレーシアマガジンのインターナショナルスクール見学ツアーに同行しています。スカイプ面談付きで、丁寧にご相談に乗ります。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。(11月中はもういっぱいのため、受付終了しました)

http://www.malaysia-magazine.com/school_tour/tour4.php

面白かったらお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

今までの記事を順番に読みたい方はフェイスブックページ をみてください。

(スポンサーリンク)

投稿日:2017/11/07  Posted in 教育