icon-planeマレーシアのカフェでのコーヒー(Kopi)の注文方法

マレーシアのカフェでのコーヒー(Kopi)の注文方法

 

マレーシアのローカルレストランで独特なのが、コーヒー(Kopi)のオーダー方法です。

 

Kopiとはマレー語の「コーヒー」の意味。
Kopiといったときにはマレーシア独特の「ホワイトコーヒー」や「ハイナンコーヒー」と呼ばれる独特なコーヒーを指します。

「ホワイトコーヒー」は19世紀にマレーシアに移住してきた中国人によってつくられたと言われています。
コーヒー豆を焙煎するときに、マーガリンを加えて焙煎する方法を使っており、独特の香りで世界中に広まりました。

一般的に日本で知られるコーヒーとは違い、コンデンスミルクや砂糖を入れて甘くして飲むのがマレーシア流。コーヒー自体も普通のコーヒーよりも味が薄く、ココアのようです。
なかにはコーヒーと紅茶を混ぜた「チャム」という飲み物もあります。

 

 

マレーシアのコーヒーの種類

 

このKopiにはKopi-O、Kopi-Cなど、多様なKopiの種類があります。
特に中華系のコーヒーショップ(Old Town White Coffeeなど)では、
その種類は実に多岐にわたり、マレー語と中国語が混じっています。
シンガポール航空のウエブのまとめをご紹介しましょう。

 

Kopi  コーヒー+コンデンスミルク
Kopi-O コーヒー+砂糖
Kopi C コーヒー+砂糖+練乳
Kopi-Ga-Yu コーヒー+バター
Kopi Tarik コーヒーにコンデンスミルクを注ぎ入れて泡立てたもの

Kopi O kosong ブラックコーヒー
Kopi O Siew Dai コーヒー(砂糖少なめ)
Kopi O Ga Dai コーヒー(砂糖多め)
Kopi C Siew Dai コーヒー(砂糖少なめ)+練乳
Kopi C Ga Dai  コーヒー(砂糖多め)+練乳
Kopi Gao 濃いコーヒー+コンデンスミルク
Kopi Di Lo とても濃いコーヒー+コンデンスミルク
Kopi Poh 薄いコーヒー+コンデンスミルク
Kopi Peng コーヒー+コンデンスミルク+氷
Kopi Sua おかわり

Cham コーヒー+紅茶

 

ちなみに、インド系のレストランになると、少しシンプルになり、
以下の3つがよく使われます。

 

Kopi  コーヒー+コンデンスミルク
Kopi-O コーヒー+砂糖
Kopi O kosong ブラックコーヒー

試してみてください。

 

 

図版はシンガポール航空のウエブより