icon-plane 海外修学旅行:実施率で公私の差。

海外修学旅行:実施率で公私の差。

 

全国修学旅行研究協会が行った調査で、平成26年度の海外修学旅行実施率は公立高校は9.4%、私立高校は35.0%であることが明らかになった。

 

調査は平成26年度海外修学旅行の実施校数、参加生徒の数、日数、旅行費用、訪問国をまとめたもの。平成26年には全国で813の高校が海外修学旅行を実施し、約13万7,000人が参加、効率の実施率9.4%、私立35%の結果となった。

 

旅行訪問別では東南アジアが最も多く、26.9%。北アメリカ25%、台湾15.8%、ヨーロッパ12.7%、オセアニア12.4%、韓国5.4%と続いた。訪問国別生徒数が上位の国や地域は、公立高校の場合「台湾」が最も多く、次いでマレーシア、グアム、シンガポール、オーストラリアに訪問する学校が多いと言う。

 

私立の場合はオーストラリアが最多。次いでシンガポール、台湾、アメリカ本土、ハワイ、マレーシアと続く。