icon-plane クアラルンプール日本文化センターで日本映画「紙の月」を上映

クアラルンプール日本文化センターで日本映画「紙の月」を上映

 

国際交流基金クアラルンプール日本文化センターでは「The weekend Japanese Film Show」と題して1月7日土曜日に日本映画を上映する。

国際交流基金クアラルンプール日本文化センターは今週末日本映画の上映会を行う。作品は2014年に公開された吉田大八監督の「紙の月」。「八日目の蝉」などで知られる直木賞作家・角田光代の小説を映画化した。主演は宮沢りえ。英語の字幕付き。

 

上映は午前と午後、11時半と15時からの二回。入場料は無料だが、事前の登録でチケットを入手する。詳細はこちら。

日時 1月7日(土曜日)
時間 11.30 a.m. and 3.00 p.m.
場所 Auditorium, Content Malaysia Pitching Centre, Unit G09 & G10, Platinum Sentral, Jalan Stesen Sentral 50470, Kuala Lumpur
入場料 無料(事前登録が必要)

http://www.jfkl.org.my/events/wjfs-jan-2017/

独立行政法人国際交流基金(The Japan Foundation)は、外務省が所管する独立行政法人で、世界全地域で国際文化交流事業を実施する。