icon-plane エアアジアXが米国就航・アジアの格安航空で初

エアアジアXが米国就航・アジアの格安航空で初

 

エアアジアXは米国内への就航許可を得たことを発表。まずはクアラルンプール発、関空経由ホノルル線が開設されそうだ。

 

エアアジアXは1月24日、米国連邦航空局(FAA)より米国内の乗り入れ許可を得たと発表した。アジアで初のローコスト航空会社のアメリカ線への進出となる。エアアジアはこの許可により、米国内のすべての地域に就航することが可能になった。

 

まずハワイ線を含めたいくつかの路線を検討すると表明している。The Malaysian Reserveによれば、エアアジアは2015年にクアラルンプールー大阪ーホノルル線の開設を申し込んでおり、まずはこの路線が2017年度に開設される可能性が高い。

 

エアアジアはアジアを超えた新しいマーケットへの進出が可能になり、大きな一歩であると表明している。現在アジア、オーストラリア、中東への路線を持っており、米国へは初めてとなる。

 

記事掲載日時:2017年01月25日 08:05