icon-plane YTLホテルズの2ホテルが「オートグラフ・コレクション」加盟へ

YTLホテルズの2ホテルが「オートグラフ・コレクション」加盟へ

 

マレーシアを中心に世界8カ国でホテルやリゾート、レストランなどを経営するYTLホテルズは、傘下のホテルがマリオット・インターナショナルの高級ホテルのセレクション「オートグラフ・コレクション」に加盟したと発表した。

「オートグラフ・コレクション」は、マリオット社による高級ホテルのセレクション。ほかのマリオット社ブランドとは異なり、アイコニックな歴史的建造物やデザイン、アメニティなど、「ほかにはないもの」をもとに選ばれる。

 

今回選ばれたのは、クアラルンプールの2ホテルで、ザ・マジェスティック・ホテル・クアラルンプールと、2017年2月に開業予定のホテル・ストライプス・クアラルンプールの2ホテル。

 

ザ・マジェスティック・ホテル・クアラルンプールは、古文化財保護法によって国家遺産にも指定された1930年建造「ホテル・マジェスティック」をベースとしたホテル。ホテル・マジェスティックは当時のクアラルンプール屈指のランドマークのひとつとして知られ、社交場や政府式典、世界各国のリーダーの定宿として利用されていた。

 

ホテル・ストライプスKLはクアラルンプールの中心部、歴史のあるジャラン・カムンティング通りに2月に開業する。個性的なスタイルを特徴とし、全184室の客室、スイートルームは、地元の歴史や特徴を生かしたコンテンポラリーなデザインとなる。レストランやナイトスポット、カフェ、アートギャラリー、オフィスなどが入居する複合施設「The Row(ザ・ロウ)」が近隣にあるのも特徴だ。

 

記事掲載日時:2017年01月25日 08:32