icon-plane マレーシアでは公共の公園などでの喫煙が禁止に

マレーシアでは公共の公園などでの喫煙が禁止に

 

マレーシアでは1月24日より、公共の公園やキャンプ場、プレイグラウンドなどでの喫煙が禁止になった。英字紙ザ・スターなどが伝えた。

 

この規制は「タバコ製品規制法2017」が発効したことによるもの。新たに禁煙になったのは、公共の公園(レジャーやレクリエーションのためのオープンエリア、ただし公共の駐車場を除く)、国立公園、展望台、キャンプ場、プレイグラウンド、ゲーム場など。

 

マレーシアでは、タバコの広告に関しても厳しく規制されており、タバコの広告の載った雑誌などの持ち込みも禁じられている。

 

記事掲載日時:2017年02月03日 08:35