icon-plane ドトール・コーヒーがマレーシア進出・人気は抹茶ラテ

ドトール・コーヒーがマレーシア進出・人気は抹茶ラテ

 

日本のコーヒーチェーン、ドトールコーヒーがマレーシアに進出した。クアラルンプール・クラン・ジョホールバルには既に支店がオープン、今後ペナンでも開店予定だ。

 

開店したのはクアラルプールのサンウエイ・ヴェロシティ・モール、ジョホールバルのイオン・テブラウ・シティ、クランのイオン・ブキ・ティンギの3店舗で、いずれも昨年末11月から12月にかけてオープンした。
 

 人気は抹茶ラテ

ドトール・マレーシアは、マレーシアの複合企業であるテクスケムの子会社のテクスケム・レストラン・システムズと外食大手ドトール・日レスホールディングスの合弁会社である、D&Nコーヒー・アンド・レストラン・マレーシアが運営する。
 
 

ペナンに4店舗目が近日オープン予定だが、ドトール・マレーシアでは日付などの詳細についてはまだ空かせないとする。

 

日本と同様に淹れたてのコーヒーが楽しめるほか、コーヒーが飲めない人のための飲料を幅広く用意。抹茶ラテ、ペストリー、サンドイッチ、明太シュリンプパスタまで多くのメニューを揃える。ペストリーはフランスから輸入。

 

現在のところ、マレーシア人に一番人気がある商品は、クロッフィーと呼ばれるワッフルと、抹茶ラテ、ラテをアレンジした「ミリタリーラテ」の3つだという。

 

記事掲載日時:2017年02月10日 09:01