icon-plane 日本の「Zepp」がブキッビンタン再開発地区でホール建設へ

日本の「Zepp」がブキッビンタン再開発地区でホール建設へ

 

 

クアラルンプールの中心地ブキッ・ビンタンの再開発予定の大型複合施設に、日本のZeppホールネットワークがライブイベントホールの進出を計画している。

日本のZeppホールネットワークは、2月10日、「ブキッビンタン・シティセンターBukit Bintang City Centre(BBCC)」を開発するBBCCデベロップメントと合意書を締結した。クアラルンプールの中心地ブキッビンタン近くの再開発地区で、ライブイベントホールの運営に乗り出す。

 

Zeppホールネットワークはソニー・ミュージックエンタテインメントの子会社で、日本国内でライブハウスを展開する「Zeep(ゼップ)」を運営。

 

BBCC プロジェクトとは、クアラルンプールの繁華街ブキッ・ビンタン地区のプドゥにある 19.4 エーカー(約 78,857 ㎡)の再開発地区に、オフィス、居住棟、ホテル、ショッピングモール、飲食店、小売店舗を含む複合施設モールを建設するプロジェクト。

 

モールの計画延床面積 1,200,000 平方フィート(約 111,484 ㎡)には、ブランドショップのほか、地元デザイナーが集まる「デザイン村」、マレーシア独自の商品を紹介する「マレーシア・グランド・バザール」、屋台村や屋外飲食店などのテナントを予定している。

 

Zeppホールネットワークは、2018 年~19 年、最初に開業予定のエンタテインメント施設エリアに、約2,500人を収容できるライブイベントホール「Zepp」設置を計画。日本を含むアジア各国のアーティストが定期的なライブパフォーマンスを実施する予定だ。