icon-plane 金正男氏の殺害事件以降、マレーシアの空港警備が厳重に

金正男氏の殺害事件以降、マレーシアの空港警備が厳重に

 

金正男氏の殺害事件以降、マレーシアでは入国の際のチェックが厳しくなっている。ベルナマが伝えた。

 

セランゴールの警察主任ダト・アブドゥル・サマー・マット氏は、「この措置は事件の容疑者を国から逃がさないようにするためです。また私たちは北朝鮮大使館に対しても、事件の捜査に協力して欲しいと依頼しており、その返事を待っています」とベルナマに語っている。
「すべての旅行者は、出発ゲートを通る前に厳しくチェックされます。国内フライトも国際フライトも同様です」とある空港係員は話した。一方で、日本からKLIA2を使ってマレーシアに来た旅行者は特に普段との違いは感じなかったと話した。

 

事件では、ベトナムのパスポートを持つ女性の後に、インドネシア国籍の女性が事件に関係があるとして勾留されている。