icon-plane マレーシア環境ミッション団が九州を訪問・経産省の企画で

マレーシア環境ミッション団が九州を訪問・経産省の企画で


 

3月8日から9日まで、、マレーシア廃棄物管理協会、管理協会の会員企業、マレーシア地方自治協議会の関係者25名が九州を訪問し、九州のリサイクル事業者、下水処理事業者の企業視察や、企業とのビジネスマッチングを行う。 

 

九州経済産業局及び九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)による、ASEAN地域をターゲットとした企業の海外展開支援の一環。
その一環として、平成29年3月8日(水)~9日(木)に、マレーシア廃棄物管理協会、管理協会の会員企業、そしてマレーシア地方自治協議会の関係者25名が九州を訪問し、九州のリサイクル事業者、下水処理事業者の企業視察や、企業とのビジネスマッチングを行う。九州経済産業局及びK-RIPとマレーシアとの環境産業交流をきっかけにして、実施が決まった。

 日本のリサイクル施設、ゴミ発電、エコタウン等についての知見を高めるとともに、日本企業とのビジネスマッチングを行う。

 

また、環境ビジネスにおける関係構築のため、九州経済産業局立ち会いの下、K-RIP及びマレーシア廃棄物管理協会は覚書(MOU)を締結予定。

 

写真はPhoto ACより