icon-plane NECがマレーシアで「サイバー防御演習」総務省からの受託モデル事業で

NECがマレーシアで「サイバー防御演習」総務省からの受託モデル事業で

 

NECとNECマレーシアは共同で、マレーシアの政府機関に対して「サイバー防御演習」を行った。総務省から受託した事業の一環。

 

NECは3月7日、現地法人のNECマレーシアと共同で、マレーシアの政府関連機関の職員を対象に「実践的サイバー防御演習」をサイバージャヤで実施したことを発表した。NECが総務省から受託した「ASEAN諸国におけるサイバー防御能力の向上に向けた実践的演習のモデル事業の請負」の一環となる。

 

2017年1月、総務省とマレーシア通信マルチメディア省との情報通信分野の協力に関する覚書が署名され、日本とマレーシアのサイバーセキュリティを含むICT分野での協力が謳われた。

 

この協力活動の一環として、総務省が日本国内で2013年度から実施している政府機関向け実践的サイバーセキュリティ演習(CYDER)と同様の演習を、マレーシア政府関係者に実施したものだ。

 

省庁内ネットワークを模擬した演習環境を提供し、サイバー攻撃に的確に対応できる「総合力の高い情報システム管理者」を養成するという。マレーシアの通信マルチメディア省の関連機関である通信マルチメディア委員会、および科学技術革新省の関連機関であるサイバーセキュリティ・マレーシアが参加。二日間にわたって、約20名の職員が参加した。