icon-plane マレーシア・フィルハーモニック・オーケストラが「ファミリー・ファン・デー」開催

マレーシア・フィルハーモニック・オーケストラが「ファミリー・ファン・デー」開催

 

マレーシア・フィルハーモニック・オーケストラは4月22日、23日の両日、家族向けのコンサートを上演する。

 

マレーシアを代表するオーケストラであるマレーシア・フィルハーモニック・オーケストラは、4月22日(土曜日)、23日(日曜日)の両日に渡り、「ファミリー・ファン・デイ」コンサートを開催する。場所はクアラルンプールのKLCC内にあるホール「DEWAN PFILHARMONIK PETRONAS」。指揮者は常任のハリシュ・シャンカー氏。

 

「ファミリー・ファン・デイ」シリーズは子供達にもクラシック音楽やオーケストラのサウンドに親しんでもらうために企画されているプログラムで、軽いクラシックやポップスを演奏し、家族皆で楽しめる。

 

今回取り上げる作品は、ハワード・ブレイクの「ベアー」。「ベアー」はレイモンド・ブリッグズの心温まる児童文学を題材にしたミュージカル・サウンドトラック。両親と動物園を訪れた女の子が、大好きなおもちゃを熊の場所に落としてしまう。泣きながら眠った女の子の部屋に大きな熊が現れて……というストーリー。

 

詳細はMPOのページまで。

http://mpo.com.my/