icon-plane ISETAN The Japan Storeで「ARTs of JOMON ‐HYPER SUBCULTURE‐」展

ISETAN The Japan Storeで「ARTs of JOMON ‐HYPER SUBCULTURE‐」展

 

クアラルンプールのISETAN The Japan Storeの3階CUBE_1では6月17日から8月13日まで、さまざまな現代アートを展示する「ARTs of JOMON ‐HYPER SUBCULTURE‐」展を開催する。

 

造形作家、陶芸家、3DCGアーティスト、映像作家など日本の現代アーティストが参加する。

 

同展示会は、これまでニューヨーク、パリのジャパンエキスポ、アメリカコロラド州デンバー国際空港などでも行われ好評を博しているが、今回のクアラルンプールでは全く新しい作品の展示となる。

 

CUBE_1では「『Arts of JOMON‐HYPER SUBCULTURE‐』展は、縄文時代の美や精神性に影響を受けた日本の現代アーティストたちの作品展示を通じて、この時代と日本独特のサブカルチャーとの関係性など、太古と現代の繋がりを体感できるアートイベント。彼らが作品で表現するテーマはさまざまですが、今も受け継がれている縄文の美や精神性を国境という枠組みにとらわれないアートの力を通じ発信すること、ジャパニーズ・サブカルチャの源流を辿る取り組み、多様性に満ちた平和な社会のあり方を展望するうえで、とても大切な意味を持つと思います」と話す。
 

 

初日の6/17(土)には、午後1:00~マレーシアのMMUのヤップソービン氏×本展示会のキュレーター小林武人氏によるギャラリートークを予定。また、日本からくる坂巻善徳 a.k.a.sense(美術家)+澁谷忠臣(グラフィックアーティスト)による会場壁面を使ったライブペインティングのパフォーマンスを行う。

 

会期中には、日本からの特別講師による様々なワークショップやマレーシアと日本のアーティストの共作による障壁画の制作、大学での出張講義などを企画しており、マレーシアと日本の文化交流の輪を広げたいとする。

 

11時から21時まで(最終入場は20時30分)。入場料はRM15。学生はRM10(ただし学生証もしくはIDの提示が必要※)

 

※13歳以下は無料ですが、入場する際は大人の同伴が必要です。