icon-plane マレー半島の東西海岸を結ぶイースト・コースト・レール・リンク着工

マレー半島の東西海岸を結ぶイースト・コースト・レール・リンク着工

 

8月9日、マレーシアで東西を結ぶ長距離列車のプロジェクトが着工した。

 

着工したのは「イースト・コースト・レール・リンク(ECRL)」と呼ばれるプロジェクト。クアラルンプールと東海岸のコタバルを結ぶ。パハン、テレンガヌ・クアンタンなどを通る予定で、全長688Kmの大規模開発となる。マレーシアのナジブ首相は起工式に登場して、「東海岸と西海岸を行き来する時間が大幅に短縮される」と述べた。

 

この鉄道は中国が推進する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の一環となり、建設を請け負うのは中国交通建設。