icon-plane ケネディクスがアンパンのオフィスビルを取得

ケネディクスがアンパンのオフィスビルを取得

 

不動産会社ケネディクスのシンガポールの子会社Kenedix Asia Pte. Ltd.が、マレーシアのオフィスビルを保有する投資ビークルを取得した。

 

東京都の不動産会社ケネディクスは6日、シンガポールの子会社ケネディクス・アジアが、マレーシア所在のオフィスビルを保有する投資ビークルを取得した。投資ビークルとは、資産の証券化などに際し、資産と投資家を結ぶ機能を担う組織のこと。

 

ケネディクスグループは2016年に、日本企業として初めてマレーシアのREIT(リート:不動産投資信託)へのスポンサー参加を行っている。今回はそのスポンサーサポートの一環として、同社がオフィス物件を一定期間保有し、将来的にスポンサー先企業に売却することが狙い。

 

該当物件はクアラルンプールKLCC地区にある62階建てオフィスビル。物件取得価格は約111.8億円。出資金額は41.6億円。

 

記事掲載日時:2017年09月18日 08:32