icon-plane 演劇「楢山節考」マレーシアで上演

演劇「楢山節考」マレーシアで上演

 

日本の演劇「楢山節考」がマレーシアで上演される。

 

11月8日からの5日間にわたり、演劇「楢山節考」がマレーシアの舞台にて初めて上演される。クアラルンプールにあるKepong Facthree Event Arts Spaceで行われる。日本の劇団シアターモーメンツとマレーシア舞台芸術制作者が協力して開催。

 

「楢山節考」は深沢七郎の原作を元にした舞台。2013年に開催された《第4回せんがわ劇場演劇コンクール》にて、グランプリ・オーディエンス賞・演出賞を受賞した。出演は佐川大輔、中原くれあほか。

 

日時 11月8日(水)〜10日(金)午後8時30分  11日(土)〜12日(日)午後3時、午後 8時30分
場所  Kepong Facthree Event Arts Space
入場料金: 早期割引料金 RM100(9月30日まで)、通常料金RM120

 

キャスト :
佐川大輔
中原くれあ
関谷美香子
青木まさと
湯ノ口なをみ
今野健太
ちょびつき雨宮

 

詳しくはFacebookイベントページにて:
https://www.facebook.com/events/469327476758092/?fref=ts

 

記事掲載日時:2017年09月27日 07:11