icon-plane マレーシアのシンガーIrisがアニメのエンディングに登場

マレーシアのシンガーIrisがアニメのエンディングに登場

 

 
マレーシア出身のシンガーIrisが、映画『コードギアス 反逆のルルーシュⅠ 興道』のエンディングテーマを担当する。

 

マレーシア出身のシンガーIrisが、2017年10月21日より劇場公開となる『コードギアス 反逆のルルーシュⅠ 興道』のエンディングテーマを担当する。

 

同映画は、2006年よりテレビ放送された『コードギアス 反逆のルルーシュ』の新プロジェクトの一環。
エンディングテーマである「赤だけが足りない」は、10年前のテレビシリーズのテーマソング「瞳ノ翼」を担当したaccessの浅倉大介がプロデュースを手掛けており、今作のために浅倉が新たに書き下ろした楽曲に、井上秋緒が「瞳ノ翼」同様作詞を担当したもの。楽曲はIrisの4thシングルとして10月18日に発売される。

 

10月21日の初日の舞台挨拶にはIrisも登場する。

 

写真はニュースリリースより。