icon-plane ジョホールでも洪水被害、マレーシア各地では今後も洪水に警戒を

ジョホールでも洪水被害、マレーシア各地では今後も洪水に警戒を

 

マレーシア各地では11月に入り雨が続いている。9日にはジョホール州でも大雨となり、一部で冠水が発生した。スターが伝えた。

 

雨季に入り大雨が続いている。ペナン、ケダ州に続き、昨日はジョホールでも大雨となり、数カ所で道路が冠水するなどの被害が出た。

 

マレーシア気象局(MetMalaysia)は、数日間連続的雨が降り続いた場合、クランタン、テレンガヌ、パハン、東ジョホール、サラワク州の低地または洪水の発生しやすい地域が危険にさらされていると警告した。

 

北東モンスーンの影響で、今月から12月にかけて大雨が続く。12月まではケランタンとテレンガヌで、1月はパハン州とジョホール州などで大雨が集中すると予想されているという。