icon-plane マレーシアのフィンテック企業が200万米ドルを調達、SBIも参加

マレーシアのフィンテック企業が200万米ドルを調達、SBIも参加

 

フィンテックスタートのJirnexuが200万米ドルを調達した。SBIグループも投資に参加している。

 

10月26日、クアラルンプールを拠点とするフィンテックスタートアップの Jirnexu は、新たに200万米ドルを調達したと発表した。

 

同社は、銀行や保険会社など金融サービスのプロバイダー向けの顧客管理ソフトウェアを提供。マレーシアの一般向け銀行の半数以上が、同社提供のオンラインサービス「XPressApply」を採用しているという。RHB銀行にはリアルタイムのオンラインチャットボットサービスも導入した。法定重利の融資の即時承認が可能となるため、今後数か月でこの技術を他行と共同展開する計画だ。また、銀行や保険会社との配信契約数は今年2倍以上になったという。この動きは、2018年までにキャッシュフローベースで収支均衡を実現するという同社の目標達成に向け順調に推移していることを示している。

 

今回の投資には日本のSBIグループも参加。同社は昨年5月にも300万米ドルを調達している。

記事掲載日時:2017年11月13日 10:07