icon-plane マレーシア生まれのパンダが中国へ帰国

マレーシア生まれのパンダが中国へ帰国

 

マレーシアの国立動物園「ズー・ネガラ」で生まれたパンダが、中国へ帰ることになった。(マレーシアマガジン=リー・リン)

 

マレーシアの国立動物園「ズー・ネガラ」で2015年に生まれたパンダ「ヌアン・ヌアン」(暖暖)が、中国へ帰ることがわかった。

 

ヌアン・ヌアンは、中国からズー・ネガラに貸与された2頭のジャイヤントパンダのシン・シンとリアン・リアンの間に生まれた雌の赤ちゃん。2015年8月18日に誕生したヌアン・ヌアンは、今までマレーシアで生まれた唯一のパンダ。

 

地元メディアによると、ヌアン・ヌアンは中国の四川省にある都江堰ジャイアントパンダの生息地へ帰ることになったという。

 

マレーシアと中国の間に結ばれた契約のもとに、マレーシアでパンダの赤ちゃんが生まれれば、2歳になったら、中国へ送り返されなければならない。

 

版権: flwong88 / 123RF 写真素材