icon-plane マレーシアでの飲酒可能年齢、21歳に引き上げられる

マレーシアでの飲酒可能年齢、21歳に引き上げられる

 

12月1日より、マレーシアでの飲酒可能年齢が、21歳に引き上げられた。マレーシア観光局が伝えた。

 

2017年12月1日より、マレーシアでの飲酒可能年齢が、これまでの18歳から21歳に引き上げられた。マレーシア観光局はブログで「今までマレーシアでは今まで飲酒可能な年齢が18歳だったのですが、12月1日(2017年)から21歳に引き上げになりました。これ以降、マレーシアでは21歳未満の方のアルコール類の購入と飲酒は出来ませんのでご注意下さい」と記載。

 

また、日本で飲酒年齢に達していても、マレーシア国内で飲酒をする場合はマレーシアの法律が適用になる。

 

(参考・マレーシア観光局ブログ)
http://blog-tourismmalaysia.jp/

 

記事掲載日時:2017年12月28日 08:33