icon-plane 芝浦工業大学がロボットセミナーを日本人学校で開催



芝浦工業大学がロボットセミナーを日本人学校で開催



 

芝浦工業大学は、小中学生向け「少年少女ロボットセミナー」をクアラルンプール日本人会日本人学校で開催した。

 

芝浦工業大学は、2月24日・25日に、小中学生向け「少年少女ロボットセミナー」をマレーシア・クアラルンプール日本人会日本人学校で開催した。開催は2003年以来15年ぶり。

 

小学校4年生から中学校2年生までの60名が参加し、2日間にわたりロボット製作やデザインコンテスト、対戦のほか、ロボットの役割や機能、最新の研究内容の紹介などの講座も実施した。

 

 ロボットは芝浦工業大学が開発した教材ロボットの”ボクサー”を使用。約300点のパーツからなるロボットを組み立て標準型のロボットを製作したあと、各自が工夫をこらし世界に一つだけの「マイロボット」を製作した。

 

記事掲載日時:2018年03月06日 10:06