icon-plane 父親を「豚」と呼んだイギリス人歌手、誤解され批判される

父親を「豚」と呼んだイギリス人歌手、誤解され批判される

 

イギリス歌手デュア・リパが、SNSで自分の父のことを「babi」と呼んだことが、一部のマレーシア人のファンの中で不満を引き起こした。地元メディアが報じた。(マレーシア・マガジン=リー・リン)

 

リパ氏は、最近インスタグラムで、「Babi、誕生日おめでとう」という父への誕生日メッセージを投稿した。「babi」とは、アルバニア語で「お父さん」という意味。リパ氏の両親がアルバニア出身で、アルバニア語はリパ氏の母語だという。

 

同じ言葉はマレー語で「豚」という意味だ。イスラム教徒には、豚は不浄な動物でタブーされている。一部のマレーシア人のファンは、その言葉を勘違いし、リパ氏を非難し、5月にマレーシアで開催される予定のコンサートに見に行かないと脅かした。その反応のため、リパ氏はすぐ「babi」を「dad」に変えたことがわかった。

 

一方、リパ氏に対して、父の呼び方を変える必要がないとし、自分の母語を使い続けるように励まし、応援しているマレーシア人のファンもいるという。

 

写真はリバ氏が投稿したインスタグラムの投稿。

 

(編集部より解説)
日本人にはわかりにくいニュースですが、マレー人にとって豚はタブー。。国境の境がないSNSでは、有名人が母語で発言した何気ない一言が問題に繋がりました。ムスリムにファンの多い有名人では、言葉や持ち物などが思わぬ問題に発展することもあるということです。異文化理解の難しさを感じさせるニュースです。

記事掲載日時:2018年03月08日 09:24